食・レシピ
2019.6.30

小さい中に健康&美容パワーがぎゅっと!『ミニトマト』|家呑みごはん #15

お酒大好き料理家3人が“美”にも効くレシピを教えます! 今回は、料理家、栄養士・エダジュンさんに『ミニトマト』を使ったレシピを教えてもらいました!

今月のキレイ食材【ミニトマト】

kd_190304s01_037
小さい中に健康&美容パワーがぎゅっと!
ミニトマトは、料理に使いやすくて便利な食材です。酸味や甘みを足したいときに使うこともあります。うまみ成分のグルタミン酸も豊富なので、料理の味をおいしくまとめてくれるんですよね。トマトに含まれるビタミンCを効率良くとるならマリネのように生のまま、ビタミンAやエイジングケアに欠かせないリコピンは脂溶性なので、炒めるなど、油ととるのがおすすめです。湯むきすると甘さが引き立ちますが、栄養が豊富な皮ごと食べることが多いです。ミニトマトの簡単おつまみには、キリッとした味のスパークリングワインやレモンサワーを。どちらも給料日前のお財布にも優しいお酒です!

栄養
南米原産のナス科の植物で、果実の大きさが5〜30g、直径3~4cmのものをミニトマトと呼ぶ。色や形もさまざまで、甘みが強い。「トマトが赤くなると、医者が青くなる」とことわざにもあるように栄養価が高く、100g当たりの栄養価は大玉トマトよりミニトマトの方が高いともいわれている。トマトの赤色のもとであるリコピンはビタミンEの100倍の抗酸化作用をもち、エイジングケアには欠かせない。皮膚や粘膜を強くするビタミンA(β-カロテン)、コラーゲンの合成や生成を助けるビタミンCも豊富。

おいしい選び方
ヘタが青くみずみずしいもの、果実の色が濃く鮮やかで、ハリがあるものを。色ムラがなく、均一な色のものが良い。熟すと常温では栄養価が落ち、保存温度が低すぎても味が落ちるので、冷蔵庫の野菜室で保存を。

ミニトマトとハニージンジャーマリネ

kd_190304s11_153-%e7%be%8e%e7%9a%84%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%88-%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2019-05-21
トマトとはちみつの甘み、ぴりっとしたしょうがの風味で無限に行けそう。

【材料】(2人分)
ミニトマト(色は好みで3〜4色)…10個
A[下ろししょうが…1片分(6g)、はちみつ…大さじ1/2、酢…大さじ1、塩、黒こしょう…各少量、オリーブオイル…大さじ1]

【作り方】
(1)ミニトマトはヘタを取り、表面に爪楊枝などで穴をあける。たっぷり沸かした湯で30秒程ゆでて氷水に上げ、皮をむく。

(2)ボウルに1とAを合わせ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。

ミニトマトと白いんげん豆の黒酢マスタード

kd_190304s12_160-%e7%be%8e%e7%9a%84%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%88-%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2019-05-21
酸味のある調味料を掛け合わせても、トマトの甘みとうまみで程よいさっぱり感。食べ応えもあり。

【材料】(2人分)
ミニトマト(赤)…10個
白いんげん豆(水煮)…50g
A[マヨネーズ…大さじ、粒マスタード…小さじ2、砂糖…小さじ1、黒酢…小さじ1]

【作り方】
(1)ミニトマトはヘタを取り、縦に4等分に切る。白いんげん豆は水でサッと洗い、よく水気をきる。

(2)1とAをよく和える。

ミニトマトと明太子のナムル

kd_190304s13_169
夏にぴったりな爽やか味のナムル。ごはんやそうめん、バゲットにのっけてもおいしい。

【材料】(2人分)
ミニトマト…10個
明太子…1/2腹(40g)
大葉…4枚
煎りごま(白)…小さじ1
A[下ろしにんにく…1/2片(3g)、しょうゆ…小さじ2、ごま油…小さじ2]

【作り方】
(1)ミニトマトはヘタを取り、横半分に切る。明太子は皮から身をしごき出す。大葉はみじん切りにする。

(2)(1)とA、煎りごまをよく和える。

ミニトマトと豚肉のレモン麹炒め

kd_190304s13_182
豚肉+ミニトマトで美肌&疲労回復効果が。トマトのリコピンは油で加熱すると吸収率がアップ。

【材料】(2人分)
ミニトマト…10個
豚肉(しょうが焼き用)…140g
レモン(あれば国産)…1/2個
にんにく…1片(6g)
A[酒…小さじ2、みりん…小さじ2、塩麹…大さじ1と1/2]
黒こしょう…少量
オリーブオイル…小さじ2
葉もの野菜…好みで

【作り方】
(1)ミニトマトはヘタを取る。レモンは果汁をしぼり、皮を好みの量せん切りにする。にんにくはみじん切りにする。

(2)フライパンにオリーブオイルを引き、弱火でにんにくを炒める。香りが立ってきたら、中火にして豚肉を炒める。

(3)豚肉に半分程火が通ったら、レモン果汁とAで味をつける。ミニトマトを加え、全体に火が通るまで炒めたら、黒こしょうを振る。

(4)器に3と好みの葉もの野菜を盛り、レモンの皮を散らす。

これで乾杯!

kd_pro1
日本で最も売れているイタリア「サンテロ」社のスパークリングワイン。柑橘のような香りとやや辛口で飲みやすい。魚介や野菜との相性は抜群。おしゃれなブルーラべルとコスパも最高。
モトックス プロセッコ スプマンテ エクストラ・ドライ 750ml ¥1,600

kd_lemon
新潟の銘醸蔵「八海醸造」が人気の本格米焼酎と炭酸、レモン果汁で作る焼酎ハイボール。プリン体、糖質ゼロ。糖分を加えていないので、キリッとした味、すっきりとしたのど越し。
八海醸造 八海山よろしく千萬あるべし 焼酎ハイボール ドライレモン 350ml ¥185

 

今月の家呑み先生は…
kd_190304s19_232_s
エダジュンさん
えだ・じゅん/料理家、管理栄養士。東京都生まれ。パクチー料理やエスニック料理が得意。料理教室も人気。6月に、人気のアジア料理+スパイスで作る創作スパイスカレーの本を発行予定。「新しいカレーの本。ぜひ夏に作ってほしいです」

 

『美的』7月号掲載
撮影/神林 環 料理・栄養監修/エダジュン スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事