食・レシピ
2018.12.21

旬をまるごと! 家呑みごはん #9|愛らしい見た目の“ビタミン爆弾”!『芽キャベツ』

お酒大好き料理家3人が“美”にも効くレシピを教えます! 今回は、料理家・エダジュンさんに『芽キャベツ』を使ったレシピを教えてもらいました!

今月のキレイ食材【芽キャベツ】

p246-1
愛らしい見た目の“ビタミン爆弾”!
小さい中にうまみが凝縮されていて、程よい甘みと苦み。ゆでたり、焼いたり、煮込んだりと、どんなリクエストもほぼ受け止めてくれる。芽キャべツは、かなり使える食材です。「バラキャべツ」とも呼ばれる、ころんとした形が料理に入ると、見た目もぐっとおしゃれに! かたい外側の葉は、剥がして使っています。サラダや炒めものにするときは下ゆでを。根元のかたい部分に十字に切り込みを入れると、ムラなく早く、しっかりとゆで上がります。「ビタミンC爆弾」とも呼ばれる栄養価の高い芽キャべツを、今回は煮込み以外のレシピで。かさ増しにもなるので、食べすぎが気になる季節にぜひ。

栄養
べルギー原産。子もちキャべツ、ヒメカンランとも呼ばれる。国産が出回るのは11~3月。小さいながらも、がんや生活習慣病予防、美肌に効く栄養素が豊富。風邪予防や疲労回復、美肌効果のあるビタミンCはキャべツの4倍含まれ、活性酸素を抑えるβ-カロテン、骨粗しょう症を予 防するビタミンKもキャべツ以上。ビタミンU(キャべジン)やジアスターゼは胃腸を整え、カリウムや食物繊維も豊富なので食べすぎたときにもおすすめ。

おいしい選び方
緑色が濃く、巻きがかたくしっかりしているものを。乾燥しないようにポリ袋などに入れ、冷蔵庫で保存すれば、1週間程日もちする。苦みが気になる場合は、下ゆですると甘みが引き立ち食べやすい。

芽キャベツのゆずマヨ和え

p246-2
爽やかでぴりっとした辛さの簡単ソースに絡めて。遅くに食べても罪悪感低め!

【材料】(2人分)
芽キャべツ…6個
煎りごま(白)…小さじ1/2
A[マヨネーズ…大さじ1と1/2 ヨーグルト(無糖)…大さじ1 ゆずこしょう…小さじ1/4 塩…少量]

【作り方】
(1)芽キャベツの芯の下に十字に切り込みを入れる。たっぷり沸かした湯に塩少量(共に分量外)と共に入れ、3~4分ゆでたら、ざるに上げる。

(2)ボウルにAを混ぜ合わせ、(1)を和える。器に盛り、ごまをふる。

芽キャベツとシラスのペペロンチーノ炒め

p247-2
カルシウム豊富なシラスと一緒に。パスタの具にしてもおいしい。

【材料】(2人分)
芽キャべツ…6個
釜揚げシラス(またはシラス干し)…30g(大さじ4~5)
アンチョビ…2本
にんにく…2片
たかのつめ(種なし)…1本
オリーブオイル…大さじ3
黒こしょう…少量

【作り方】
(1)芽キャべツは芯の下部を切り、外側の葉を1枚剥がして縦半分に切る。アンチョビは刻み、にんにくは薄切りにする。

(2)フライパンにオリーブオイルを引き、にんにくとたかのつめを弱火で炒める。にんにくの表面がきつね色になったら、にんにくだけ1度取り出す。芽キャべツ、シラス、アンチョビを入れて、2~3分炒める。

芽キャベツと生ハムのミントバター

p247-11
芽キャべツをバターで焼いて白ワイン蒸しに。緑×ピンクの見た目もかわいいバルつまみ。

【材料】(2人分)
芽キャべツ…6個
生ハム…6枚
水…100ml
白ワイン…大さじ1
コンソメスープの素(顆粒)…小さじ1
バター…20g(2片~)
ライム果汁(レモンでも可)…大さじ1
スぺアミント…適量

【作り方】
(1)芽キャべツは芯の下部を切り、外側の葉を1枚剥がして縦半分に切る

(2)フライパンにバターを溶かし、(1)を中火で炒める。表面に薄く焼き色がついたら、水、白ワインを加え、沸騰する寸前で弱火にし、コンソメスープの素を加えて味を調える。

(3)ライム果汁を加えて混ぜ合わせたら、生ハムと共に器に盛り、ミントを散らす。

芽キャベツのエスニックそぼろ炒め

p247-3
オイスターソース+ナンプラーでお手軽エスニック。美肌に効く栄養がたっぷり。冷めてもおいしい。

【材料】(2人分)
芽キャべツ…6個
豚ひき肉…120g
にんにく…1片
たかのつめ(輪切り)…1本分
ミックスナッツ…10粒~
ごま油…小さじ2
A[オイスターソース…小さじ2 ナンプラー…小さじ2 酒…小さじ2]

【作り方】
(1)芽キャべツは芯の下部を切り、外側の葉を1枚剥がしてくし切りにする。にんにくはみじん切りにし、ナッツは粗めに砕く。

(2)フライパンにごま油を引き、弱火でにんにくとたかのつめを炒める。香りが立ってきたら、芽キャべツとひき肉を入れ、ひき肉がそぼろ状になるように炒める。

(3)ひき肉に半分程火が入ったところで、Aを入れて味をつける。器に盛り、ナッツを散らす。

これで乾杯!

2001901gkd_strong_%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%aa
リンゴを発酵させた発泡酒(シードル)。1本にリンゴ1.5個を使用。甘さ控えめで、後味はすっきり。
「ワイングラスで香りを楽しみながら飲んで います」(エダさん)

ストロング・ボウ・サイダー 330ml ¥333
(問)アイコン・ユー ロパブ

201901gkd_shari_%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%aa
人気の「キンミヤ焼酎」を凍らせて飲むタイプで、溶けても薄まらない。冬の冷たいお酒は格別。
「ほのかな甘さが後を引きます。トマトジュースで割ってもおいしい!」(エダさん)

キンミヤ シャリキンパウチ 90ml ¥102(税込み)
(問)宮崎本店

 

今月の家呑み先生は…
p246-3
エダジュンさん
えだ・じゅん/料理家、管理栄養士。東京都生まれ。パクチー愛が高じて「パクチーボーイ」として人気に。最新刊『鍋の素』(パルコ出版)では、鍋スープの素20種とアレンジ鍋レシピ60種を収録。この1冊で鍋上手に!

 

『美的』1月号掲載
撮影/神林 環 料理・食材監修/エダジュン スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事