食・レシピ
2022.11.29

卵かけごはんアレンジ|免疫力向上に効果大!マグロの漬け×大根下ろし×みょうが

\"\"

どんなトッピングも受け止める「卵かけごはん」の可能性は無限大! 毎日2個以上、これまで25,000個分(!)の卵料理を作ってきたツレヅレハナコさんに、アレンジレシピを教えてもらいました。

卵かけごはんアレンジレシピ【マグロの漬け×大根下ろし×みょうが】

202210gp183-41

抗酸化力の強いマグロの赤身で免疫力向上に効果大!

卵1個では不足気味なたんぱく質をマグロでカバー。また、赤身に多く含まれるセレンは抗酸化力が強く、免疫も向上。大根はすり下ろすことでイソチオシアネートが作られ抗菌作用を発揮し、風邪予防も期待できます。

【材料】(1人分)

マグロの刺し身(3切れ、角切りにしてしょうがじょうゆで和える)
大根下ろし(大さじ3・水けを絞る)
みょうが(小口切り・1/2個分)

基本の卵かけごはんの作り方

温かいごはん(茶碗1杯分)を器に盛り、それぞれの具を彩り良く並べる。卵(1個、お好みで卵黄だけでも)を割り入れ、よく混ぜて味を見て、必要であればしょうゆ(適宜)をかける。

ツレヅレハナコさん

食と酒と旅を愛する文筆家。卵愛に満ちあふれた著書『ツレヅレハナコの愛してやまないたまご料理』(サンマーク出版)ほか多数。また、日々の食事や日常をつづったSNSも人気。Instagram@turehana1
202210gp182-6

『美的』2022年10月号掲載
撮影/よねくらりょう スタイリスト/来住昌美 イラスト/いしやま暁子(chovon) 構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事