ボディケア
2022.6.12

産後の開いた骨盤は戻せるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は「産後ダイエット」について。産後の開いた骨盤は戻せるってホント? 骨盤矯正パーソナルトレーナーのNaokoさんにお話を伺いました。

Q:産後の開いた骨盤は戻せるってホント?

出産時に開いた骨盤は何もケアしないとそのまま固まってしまい、腰まわりがサイズアップしたり下腹ぽっこりになってしまうと聞きます。ということは、骨盤は早急に正しい位置に戻すことが大事ですよね! でも、開いてしまった骨盤を日々のケアで戻すことはできるのでしょうか? さっそく、骨盤矯正パーソナルトレーナーのNaokoさんに聞いてみました。

A:ホント

「股関節を整えて、インナーマッスルを強化し、筋力をバランス良く使うことで骨盤も正しい位置に戻し、保つことができます」(Naokoさん・以下「」内同)

骨盤が開いたままだとどうなる?

「骨盤が開くという表現がよく使われますが、実際は骨盤の形はほぼ変わらず、前方に傾いていることで開いて見える状態です。産後はホルモンの影響で関節がゆるみやすく、股関節と骨盤の接合部分もゆるんでしまいます。そうすると、骨盤が前に傾きやすくなります。

骨盤が前に傾いたままだと、股関節の可動域も狭くなり、下腹ぽっこりが改善できないまま、内臓下垂になってしまうことも。

ほかにも、疲れやすい、膝や腰が痛くなる、運動のパフォーマンスの低下、冷えやむくみ、太りやすくなる、怪我をしやすくなるなどの不調が起こりやすくなります。

産後は慣れない作業も多いので、骨盤を整えて動きやすい体を作っておくことで、赤ちゃんのお世話もやりやすくなりますよ!」

産後ダイエットの要となるのは骨盤ケア

「骨盤ケアは股関節からアプローチしていきます。股関節はおしりの大きな筋肉など骨盤まわりの筋肉とつながっており、股関節が大腿骨にしっかりはまることで、骨盤も正しい位置に収まり、筋肉量が増え、可動域を広げることができます。股関節は体の中でも一番大きな関節のため、ここがしっかり動くことでインナーマッスルも鍛えることができ、基礎代謝も上がります」

%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a%e7%ad%8b%e8%82%89

画像引用:『下腹ぽっこり解消ダイエット』

傾いた骨盤を戻す方法は?

「骨盤も正しい位置に戻すためにはインナーマッスルを鍛えるのが基本です。中でもゆるみやすい骨盤底筋を鍛え、締めるような動作を入れた運動がおすすめです。ここでは、お腹とおしりの筋肉をバランス良く鍛えられるエクササイズをお伝えします。お腹とおしりの両方に効かせるというのもポイントです。

  1. 1. 手のひらは床につけて仰向けになり、かかとは膝より少し前に置く
  2. 2. お腹から空気を押し出すように息を吐き、腹圧をかける
  3. 3. おしりを上げ、胸から膝まで一直線を保つ ※手の力を使って体を上げない

水の入ったペットボトルなど少し重みのあるものを用意して、太ももの間に挟んで、同じエクササイズを行うと強度が高まります。下腹ぽっこりが気になる人や、産後でも慣れてきて、楽に動作ができるようになってきたらプラスすると良いです。ただし、ペットボトルの中身は常温や温かいものを使用してください。中身が冷たいと、体の冷えにつながる場合もあるので、気をつけましょう」

骨盤が傾いてしまう悪習慣と改善方法

「同じ姿勢を長く続けるというのが骨盤を整える上で一番良くない行動です。

先にもお伝えしているように、骨盤を正しい位置に保つためには股関節を動かして、インナーマッスルを鍛えること。座りっぱなしや同じ姿勢のままでは股関節は動かされないため、骨盤が傾きやすい環境を作ってしまいます。デスクワークが多く、座りっぱなしという人も注意してください。

日常生活の中であれば、1時間座っていたら、トイレのタイミングで立ち上がって体勢を変えるなど、次の行動をきっかけに姿勢を変えるのがおすすめです。座りっぱなしだとしても、正座から横座りに変えるとか、その程度でも変化をつけることが大事です。

産後は赤ちゃんに付きっきり、という場合もありますが、授乳のときのスタイルを変えたり、座りかたを変える、場所を変えるというのも体勢を変えるきっかけになります。私はオムツ替えを開脚でやったり、正座でやったりと、その都度違う体勢で行うようにしていました(笑)。筋肉のバランスを取るために、拭き掃除をするときは利き手とは逆の手でやるなどもおすすめです。

そして、上述した“傾いた骨盤をもとに戻すエクササイズ”もプラスでできると良いですね! これらの改善方法は習慣化するのが大事です。無理のない範囲で自分をケアする時間を取るようにしましょう」

骨盤矯正パーソナルトレーナー・整体師
株式会社 NaokoBodyworks代表

Naoko

20代の頃より、肥満をはじめ、肩こり、腰痛、外反母趾など多くの不調に悩まされ、ボディメンテナンスの分野に深く興味を持つようになる。出産を機に本格的に体作りの勉強を始め、ヨガ、ピラティス、整体、エステ手技などを学び、あらゆる知識と実践を組み合わせて独自のメソッドを開発。このメソッドにより自身も12kgの減量に成功し、不調知らずの体を手に入れる。現在は3人の子どもの育児を行いながら、12千人以上のボディメイクやメンタルケアを行う。ほかにも、後進の指導や育成、企業とのタイアップ商品の開発など、精力的に活動している。著書は「体が固くてもラクにできる!1分おしり筋を伸ばすだけで劇的くびれ・美脚!」(学研プラス)「下腹ぽっこり解消ダイエット」(宝島社)など。

骨盤矯正パーソナルトレーナー
骨盤を締めるのにおすすめのワーク
公式LINE

産後ダイエットのポイントは股関節にあるってホント?

記事を読む

文/土屋美緒

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事