ヘアのお悩み
2017.10.10

薄毛&抜け毛ケアに効く!おすすめハーブ&食材

アロマ&ハーブエキスをマッサージで入れ込む!

「頭皮のハリや弾力の元になるコラーゲン、エラスチンなどを作る線維芽細胞の衰えは抜け毛の原因に。線維芽細胞を活性化するマッサージに、育毛をサポートするアロマをプラス。頭皮に直接塗ったり、頭皮用のアイテムに混ぜても」(樋口さん)

●習慣にしたい頭皮マッサージ

1.側頭筋をグリグリほぐして血流アップ
25981手をグーにして、第2関節の山をこめかみにセット。こめかみから耳の後ろに少しずつ移動し、側頭筋をグリグリとほぐします。

2.耳下からあごの下までグーの手でマッサージ
259-8-2先程と同じ手で耳の下からあごのつけ根まで5回マッサージして血流アップ。頭皮と顔は1枚皮。首から上全体の血流を高めて。

3.カギの手であご先から耳の下までマッサージ
25983人さし指をカギのように曲げ、親指と人さし指であごを挟む。そのまま耳の下までスライドして血流をアップ。5回繰り返して。

●育毛をサポートするハーブ
ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、オレンジ、ベルガモット
25984肌に直接つけられるピュアな精油。ニールズヤードレ メディーズ エッセンシャ ルオイル オレンジ・オー ガニック 10ml ¥2,000

●うっとりリラックスするハーブ
ティーツリー、パチョリ、ネロリ、ジャスミン
25985温かみのある香りで穏やかな気持ちに。ニー ルズヤードレメディーズ エッセンシャルオイル ネロリ 2.5ml ¥7,500

●こんなマッサージャーも便利!
25986まるでスパでマッサージされている ような感覚。シャンプー中にも使え る防水加工。
a.エステ ティシャンの手技を再現。MTG リフ ァグレイス ヘッドスパ ¥29,800
b.ヤーマン アセチノヘ ッドスパリフト ¥12,500

腸内環境を整え、髪と頭皮を健康にする食べ物!

259大豆イソフラボンで女性ホルモンを補うと共に、気をつけたいのが腸内環境。「乳酸菌や食物繊維を積極的にとることが重要。また、肝臓と髪は密接な関係があり、お酒の飲みすぎで肝機能を下げないことが大切です」(板橋さん)、「鉄分や亜鉛など、髪の栄養になるものを意識して食べましょう」(高橋さん)

乳酸菌+食物繊維で腸内環境を整える
どちらかひとつより、〝乳酸菌+食物繊維〟で食べると最強。繊維が乳酸菌のエサとなり、パワーが増大。「漬け物+玄米、納豆+ほうれん草、ヨーグルト+フルーツが◎」(板橋さん)

髪や頭皮を健康にする食品をとる
髪の栄養となる、鉄分や亜鉛はたくさんとって。「ほうれん草やヒジキ、 赤身の肉や魚は特に鉄分多め。固くなった頭皮の血流を促し、栄養を行き渡らせます。髪の材料となるたんぱく質も忘れずに」(板橋さん)

 

\ヘアケアのエキスパート5人に伺いました/

『ZACC』代表
高橋和義さん
常に最先端のスタイルをクリエイトし続けるトップスタイリスト。頭髪の知識も業界屈指。
『たべかた』代表・管理栄養士
板橋里麻さん
自身が手掛ける、おいしいファスティングメニューをデリバリーする「デリファス」が人気。
『ウィメンズヘルスクリニック東京』院長
浜中聡子先生
女性ホルモンに着目した女性医療を提供。特に女性頭髪専門外来は日本一の臨床数を誇る。
ヘッドスパ『HIGUCHI』代表
樋口賢介さん
ヘッドマッサージスパの先駆者。ヘアサロンを経営するプロたちをもうならせる実力のもち主。
『AMATA』主宰・毛髪診断士
美香さん
多くの美容業界人を顧客にもつ。頭髪に関する豊富な知識と自身の漆黒の美髪は、常に注目の的。

『美的』10月号掲載
撮影/神戸健太郎(P.250)、布施鮎美(P.251)、青柳理都子(P.252)、山田英博(P.253)、小林キユウ(FOOD)、向山裕信(vale./P.254〜261)、中田裕史(静物) ヘア&メイク/中山友恵(P.250)、大森裕行(ヴァニテ/P.251)、八角 恭(nude./P.252)、白水真佑子(Lila/P.253) スタイリスト/水野利香(P.250)、ZAK(I T3/P.251)、鈴木のり子(P.252)、青木ジュリカ(P.253)、渡辺ゆき(FOOD) イラスト/きくちりえ デザイン/GRACE.inc 構成/内田芙美、小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事