ヘアのお悩み
2017.7.7

憧れの美ヘアスタイルに近づくためには?スタイリングがしやすいシャンプーテク

美的世代の憧れのヘア…無造作だけどまとまりがあって、だらしなく見えない程度のこなれ感がある髪…そんなヘアスタイルを叶えるには、カットやシャンプー、スタイリングなど、様々なステップを見直す必要が!ちょっと変えるだけできっとあなたも美ヘアスタイルになれちゃうテクニック、今回はシャンプーに関するQをご紹介します。

 

Q.朝シャンがいいの? 夜シャンがいいの?

A. どちらの髪質も朝シャンがいいかも!

髪の汚れを落としたり頭皮ケアの観点だと夜シャンがいいのですが、スタイリングで考えた場合はこちら。根元からしっかりぬらして、クセを取ることが大切です。なので夜シャンでももちろんOKですが、その場合、朝はよくぬらすことを心掛けて!(津田さん)

 

〈基本的な洗い方〉
Point 01
後頭部から上に向けてもむように洗う
1021
根元を立たせたいから、下から上に向けて洗う。特に汚れがたまりやすい耳の周りは、丁寧に。毛穴をクリアにするように、指の腹で円を描きながらもみ洗いして。

 

Point 02
頭頂部は指を下から上へジグザグとこすりながら
1022
毛穴をもみ出すように、指を左右にジグザグと動かしててっぺんに向けて洗う。頭頂部の筋肉は外からの刺激でないと動かないため、指の腹で頭皮を動かすようにするのも大事。

 

Point 03
コンディショナーやトリートメントは中間~毛先だけにつける
1023
油分の多いコンディショナーなどは、頭皮につけないように。毛束を軽くねじって、手でもみ込むようになじませる。髪の奥まで浸透させるように意識して、モミモミと。

 

教えていただいたのは…

GARDEN Tokyo トップスタイリスト
津田 恵さん
人気サロンのスゴ腕美容師。本誌でも素敵なスタイルやスタイリングの方法を披露してくれている。(GARDEN Tokyo ☎03・5537・5510)

 

『美的』2017年7月号掲載
撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物) ヘア&メーク/津田 恵(GARDEN Tokyo) スタイリスト/楠 玲子 デザイン/岩見夏美(Beeworks) 構成/斉藤裕子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事