ヘアスタイル・髪型
2020.6.21

マニッシュショートでお洒落さとかわいさを手に入れよう!おすすめヘア&スタイリング

男性的なかっこよさもありながら、女性らしく柔らかい雰囲気を醸すショートヘア。今回は、中性的な印象になる「マニッシュショート」のおすすめヘアスタイルをまとめてご紹介。丸みシルエットがおしゃれな大人ショート、パーマをプラスし動きのあるショート、骨格を矯正するスタイルなど、盛りだくさん。大人な女性にこそ試してもらいたい、ヘアスタイルばかりです!

【目次】
マニッシュショートってどんなヘアスタイル?
丸みシルエットがおしゃれな大人マッシュ
パーマをプラスしてカジュアルに!動きのあるクールなショート
コンプレックスをカバー!骨格を矯正するスタイル
スタイリングテクニック!伸ばしかけの髪型もおしゃれに

マニッシュショートってどんなヘアスタイル?

ジェンダーレスなヘア!

マニッシュ(mannish)は、「男性的」「(服装などが)男勝り」という意味を持っています。男性的でクールな印象でありながらも、女性的な柔らかさも持ち合わせている仕上がりのヘアスタイルを「マニッシュショート」と呼ぶようです。

丸みシルエットがおしゃれな大人マッシュ

後頭部の丸みを活かして柔らかな印象に!

後頭部の丸みを活かして柔らかな印象に!

【How to ベース&カラー】
前髪は厚め。目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。フェースラインを包むように毛束はやや長めに残します。後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギです。トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れます。カラーは8トーンのオリーブアッシュ。赤みをおさえた外国人風の人気カラーです。マッシュは頭でっかちに見えがちなので、全体に細くハイライトを入れて軽さを出すと◎。

後頭部の丸みを活かして柔らかな印象に!

【How to スタイリング】
毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1.25回転のパーマを。スタイリングは乾かし方が重要。ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流して。軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。

前髪長めの“マッシュショート”で、この春は差のつくおしゃれ女子に!

束感&ツヤ感がモードで大人カッコいい

束感&ツヤ感がモードで大人カッコいい

【How to ベース&カラー】
前髪は目の上ギリギの長さにカットして、サイドバング、顔まわり、サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイル。襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残します。カラーは、6トーンのフォギーベージュ。赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。

束感&ツヤ感がモードで大人カッコいい

【How to スタイリング】
仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かします。トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。

大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ

ふんわる丸いシルエットがおしゃれを感プラス!

ふんわる丸いシルエットがおしゃれを感プラス!

【How to ベース&カラー】
サイドはリップラインの前下がりベース。あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすいです。また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れます。前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。カラーは11トーンのシナモンベージュ。退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラス。

ふんわる丸いシルエットがおしゃれを感プラス!

【How to スタイリング】
絶壁で髪がペタッとしないよう、後頭部を乾かすときは下側から根元に指を入れ、立ち上げるように乾かします。表面だけがふんわりするよう32mmのアイロンで毛先を内巻きに。柔らかな立体感を出したいので軽く滑らせる程度でOK。前髪の表面も軽く巻いて丸みをつけるとかわいらしい印象に。重たくならないパウダー系のワックスを根元にもみ込むと、立体的なボリューム感と束感をKEEPできます。カットで作った丸みにプラスし、アイロンで表面に立体感を出すのが、絶壁克服への大切なひと手間。最後に耳掛けをし、耳の上にかかる毛束をふわっとさせれば完成。

前髪あり×丸みシルエットの“かわいげショート”で、悩みの絶壁を克服!

長め前髪×丸みシルエットが小顔効果に!

長め前髪×丸みシルエットが小顔効果に!

【How to ベース&カラー】
長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできます。トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。カラーは、9トーンのフォギーベージュ。ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。

長め前髪×丸みシルエットが小顔効果に!

【How to スタイリング】
スタイリングで動きを出しやすくするため、前髪は左右に振りながら乾かします。その後、26mmのアイロンで毛先をワンカール。さらに、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きをプラス。スタイリング剤は、ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整えて完成。

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

パーマをプラスしてカジュアルに!動きのあるクールなショート

前髪を遊ばせて輪郭すっきり!

前髪を遊ばせて輪郭すっきり!

【How to ベース&カラー】
サイドは耳にかかる長さでカット。耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイントです。襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てます。前髪は目にかからない長さでカット。フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカットします。全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残します。カラーは8トーンのブラウンベージュ。ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。

前髪を遊ばせて輪郭すっきり!

【How to スタイリング】
乾かすとき、トップの毛先を後ろから前に向かって乾かすとハチが広がって見えずに◎。また前髪はかき上げながら乾かすと、ふわっとした毛先を作りやすいです。26mmのアイロンで、前髪とトップの毛先をワンカール内巻きに。サイドは巻かずにタイトに仕上げると、トップの動きが主張されおしゃれな印象に。バームをひと差し指の第一関節くらいまで取り、しっかり伸ばしてからトップの毛束の中間から毛先に向かってもみ込みます。根元にはバームがつかないように注意しながら前髪をかき上げ、毛先をくしゅっと整えたら完成です。トップと前髪の毛先を大胆に動かすとボーイッシュになり、控えめに動かしマッシュのラインをいかすと女っぽく見えるショート。

すっきり小顔に見える前髪長めの“ジェンダーレスショート”で、一歩先をいく大人女子に!

きれいなシルエットがポイントのショート

きれいなシルエットがポイントのショート

【How to ベース&カラー】
マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出。

きれいなシルエットがポイントのショート

【How to  スタイリング】
トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。ハイライトとアイロンテクニックの両方でニュアンスを作り、動きのあるヘアに。

マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!

セミマットな質感のニュアンスパーマ

セミマットな質感のニュアンスパーマ

【How to ベース&カラー】
マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れます。前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンに染めます。顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味。

セミマットな質感のニュアンスパーマ

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは、20〜22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかけます。スタイリングは、8割くらい乾かし、ムースを全体的に揉み込むように塗布します。髪がセミウェットな状態で、下からすくいあげるようにつけるのが今どきのスタイルに仕上げる鍵。ムースをつけたら、毛先が色々な方向を向くように整えて自然乾燥させたら完成。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

ナチュラルで動きのあるショート

ナチュラルで動きのあるショート

【How to ベース&カラー】
襟足の長さを短めに設定し、サイドとバックはグラデーションでカット。襟足はキュッとタイトに収まるようにスライドカットで調整します。毛束感と動きが出やすいように、間引きセニングを施します。前髪は乾いて目の上ギリギリになるよう計算をしてカット。顔まわりがマッシュになるように整えます。カラーは、柔らかい印象とツヤ感を与えるブラウンベージュに。ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたカラー。

ナチュラルで動きのあるショート

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20mmのロッドで毛先1回転半のパーマをかけます。前髪は、少し太めのロッドを使い、ニュアンスがでるようにパーマを。アイロン仕上げなら、26mmのカールアイロンで毛先を内巻きに。顔まわりと耳後ろを外ハネにすると立体感のあるスタイルになります。スタイリングは、ドライ後(パーマがかかっている場合、ハーフドライでもOK)トリートメントクリームを全体に揉み込みます。スタイリング剤は、トリートメント効果や保湿効果もあるタイプを選んで。最後に束感を出して、顔まわりや耳後ろの外ハネを整えたら完成

長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

美シルエットを叶えるショート

美シルエットを叶えるショート

【How to ベース&カラー】
襟足の長さをあご下2cmに設定し、グラデーションベースでカット。ふんわり仕上げるようトップにはレイヤーを入れます。前髪はパーマをかけるため、少し長めに目が隠れる長さでカットし、トップとレイヤーで繋げて軽さを演出。カラーは、7レベルのブラウンに13レベルのハイライトをオンカラー。ハイライトで動きを出しながら、肌の色をキレイに見せる温かみのあるベージュブラウンに仕上げる。

美シルエットを叶えるショート

【How to パーマ&スタイリング】
パーマは20〜23mmのロッドでトップから内巻きに、襟足にはピンパーマをかけます。ドライ時はシャンプーをする時のように髪を動かしながら乾かすのが鍵。髪に潤いを与えるシアバター系のワックスを、毛先中心にクシュクシュっと揉み込むように塗布します。ノンパーマ派なら、26mmのアイロンを使い、トップは内巻きに、前髪は根元まで巻かずに2/3までを巻いてふんわり仕上げます。パーマヘア同様、スタイリング剤を付けたら完成。

大人カジュアルショートヘアは、長めバング&マッシュシルエットがトレンド!

コンプレックスをカバー!骨格を矯正するスタイル

毛先パーマがポイント!エラ張りをカバー

毛先パーマがポイント!エラ張りをカバー

【How to ベース&カラー】
バックはあご下1cmでカット。首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせます。後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカットします。耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。トップには動きが出るようレイヤーを入れます。前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。カラーは10トーンのベージュブラウン。赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。

毛先パーマがポイント!エラ張りをカバー

【How to スタイリング】
直毛やボリュームが出にくい人はパーマをかけると◎。襟足の長さが短い部分はコットンを使用したパーマでボリュームを抑えると、襟足がすっきり見えます。残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込みます。サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込みます。前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込みます。毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則です。スタイリングはバーム系ワックスとツヤを出すオイルをミックスし、全体的にもみ込むだけでOK。

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”で、頭の形をキレイに見せてすっきり小顔に!

今っぽいヘアで小顔見せ!

今っぽいヘアで小顔見せ!

【How to ベース&カラー】
前髪を目の上ギリギリの長さでカットし、サイドは耳たぶが見える長さに設定しグラデーションでカットします。前髪とサイドを緩やかなラインで繋いで、ナチュラルなマッシュスタイルに。トップの角を落とす程度のレイヤーを入れ、毛先の厚みを残しつつ毛量調整をします。襟足は短めにカットし首元をすっきりと。カラーはオレンジブラウンに。色持ちがよくイチオシのカラー。

今っぽいヘアで小顔見せ!

【How to スタイリング】
前髪に分け目がつかないように気をつけてドライヤーで乾かします。ドライ後、26mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけの簡単スタイリング。最後に、ツヤ感の出る重めのバーム系のスタイリング剤を全体に馴染ませたら完成。アイロンを巻き過ぎないようにすることがポイント。

小顔見せの大人かわいいマッシュショートヘアで、ナチュラルに愛らしく!

長めの前髪が頬骨をしっかりカバー!

長めの前髪が頬骨をしっかりカバー!

【How to ベース&カラー】
前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。前髪は、流した時に目の下になるように設定。カラーは、7レベルのブラウンベージュに。暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラー。

長めの前髪が頬骨をしっかりカバー!

【How to スタイリング】
スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイント。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

スタイリングテクニック!伸ばしかけの髪型もおしゃれに

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

教えてくれたのは…スタイリスト 藤原愛莉さん

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

ザ•プロダクト ヘアワックス 42g ¥1,980

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g ¥1,980
「オーガニック認証をとったシアバターやアロエベラなどを使用した硬めのワックス。ナチュラル成分なので頭皮についても安心。アレンジ前になじませておくと、中途半端な長さの髪もしっかりホールドしてくれるので、まとめやすさが格段にアップします」(藤原さん・以下「」内同)

【How to】

(1)前髪にワックスを揉み込む

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

「大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから、前髪を持ち上げるようにしっかり揉み込みます」

(2)前髪を上向きにねじる

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

「前髪をざっくりと7:3分けにして、7側の髪を上向きにねじります。その際、生え際の髪を少し残しておくと、こなれた印象に。小顔効果もありますよ!」

(3)アメピンで固定する

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

「ねじった前髪の毛先近くをアメピンで固定します。コーディネートに合わせて、カジュアルな日はカラータイプを、フェミニンな日は黒いアメピンを選ぶのがおすすめです」

(4)逆サイドの髪は内側にねじる

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

「逆サイドの髪は、こめかみ上で内側にねじってアメピンで固定。同様に生え際の髪を少し残しておきます」

(3)トップの毛を引き出す!

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

「仕上げにトップ部分を少し引き出してねじり目をゆるませます。高さとルーズ感を出すことで、こなれた感がアップ」

\仕上がり!/

ポイントは前髪をねじったサイド分け!

中途半端な長さの前髪を快適に過ごせるねじりアレンジ。前髪の両端を残しておくことで、こなれた感と小顔効果をダブルで得られます。

伸ばしかけの中途半端な前髪アレンジ|ショートの場合は、横分けねじりアレンジで大人っぽく【髪コンプレックス解消vol.49】

※価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事