ヘアスタイル・髪型
2020.11.4

【一覧】ボブの種類って、こんなにある!(見本スタイル集)

\"\"

人気な髪型の一つがボブ。ボブといってもその長さやスタイルは様々。短めショートボブから長めのロブ、内巻きボブや切りっぱなしボブなど〇〇ボブの種類には一体どんなものがあるの?今回はそんなボブの『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンの注目スタイルから種類別にご紹介。

「長さ」別のボブスタイル3つ

【長さ別1】ショートボブ

Point

ショートボブはショートヘアよりは長いが、ボブの中で一番短いヘアスタイル。襟足も短めで、リップラインや顎ラインの長さが多い。

\例えばこんなヘアスタイル/

女性らしい柔らかさと丸みシルエットがポイントのショートボブ。 毛先をワンカール巻いて崩すだけで、簡単にこなれ感のあるナチュラルヘアを叶えるスタイルです。トップにレイヤーを入れることで、ふんわりとしたまとまりに。

大人可愛いを演出してくれるボブ。個性的な色味のベイクドブラウンは、日本人にマッチするカラーでくすみを飛ばし肌のキレイ見せも。程よいボリューム感が欲しい人やショートからの伸ばしている人におすすめです。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースはベーシックなグラデーションで切ります。
  2. 前髪をリップラインに設定し、前髪と表面のレイヤーを自然につなげて柔らかい仕上がりに。
  3. カラーは7レベルのベイクドブラウンに。少し赤みのある暖色で、こげ茶のようなまろやかな色味となっています。

【How to スタイリング】

  1. トップがふんわりと仕上がるよう、根元にドライヤーの風を当てて立ち上げるようにドライ。前髪はオールバックに乾かします。
  2. 全体的に乾いたら32mmのアイロンで毛先をワンカール巻きます。
  3. ラフな仕上がりにするため、シャンプーをするように手を動かしてカールを崩します。
  4. セミウェットな仕上がりになるセラムを毛先~中間に塗布し、毛束感を整えたら完成です。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 金澤侑さん

 

初出:長め前髪の大人可愛いショートボブ!ベイクドブラウンカラーで肌もキレイ見せ

記事を読む

【長さ別2】ボブ

Point

一般的にボブと呼ばれる長さはショートボブより長めで、顎の下くらいまである長さ。ミディアムやロングから思い切って短めスタイルにしたいけどショートまでは勇気が出ない人におすすめ。

\例えばこんなヘアスタイル/

サイドバングに軽い流れをつくり小顔を叶えるボブヘア。 毛先はあえて重めにライン感を残し、ハネ過ぎないナチュラル感がポイント。広がりを抑えて、寝癖がつきにくいのもうれしい。

再現性が高く、アイロン前のオイルでスタイルを1日キープ!不器用さんはもちろん、朝のスタイリングをとにかく時短に、それでいて可愛いスタイルを求める人におすすめです。

【How to ベース&カラー】

  1. アゴ下1cmの長さでワンレンボブにカット。動きをつけるためにレイヤーを入れますが、入れ過ぎないことで寝癖のつきにくいデザインに。
  2. 前髪は目の下ギリギリの長さで。サイドバングをつくり顔型をカバー。
  3. カラーは、全体的に細かくハイライトを入れ、10レベルのベージュをオンカラー。透明感のあるメリハリスタイルに仕上げます。

【How to スタイリング】

  1. ドライ時、前髪の分け目がつかないように。アイロンを通す前に前髪を除いた全体にオイルを塗布するのがポイント。
  2. 26mmのアイロンを毛先ではなく中間から通すようにすることで自然な外ハネに。
  3. また、オイルでボリュームダウンができるのでスタイルも持続します。
  4. 前髪を整えたら、艶っぽいおしゃれヘアの完成です。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 石原萌さん

 

初出:やりすぎない外ハネボブヘアが今どき!スタイリング楽々で不器用でも可愛くキマる

記事を読む

【長さ別3】ロブ(ロングボブ)

Point

ロブはロングボブの略称でボブの中で一番長いヘアスタイルです。ミディアムヘアよりは短めで鎖骨ぐらいの長さが多いです。

\例えばこんなヘアスタイル/

ラフでありながら、大人の抜け感を感じさせせるロブスタイル。 しっかりレイヤーを入れているので、ワンカール巻くだけで簡単に可愛いを叶えてくれるのも嬉しい。基本的に髪質を問わずおすすめです。

短めでワイドにカットした前髪がポイント。オン眉バングは……、そう思っているあなた!思い切って短くすると、伸びても気にならないうえに、マスクをしても顔の印象が明るくなる、というメリットの方が大きいんです。また、短くワイドにすることで、顔の縦の印象を強めて丸顔補正にも。

【How to ベース&カラー】

  1. 鎖骨の長さでワンレングスにカットし、頭のハチより上にレイヤーを入れて今っぽい軽さを演出。
  2. スタイルのポイントである前髪は、パツンとしたライン感を残しながらワイドにカット。ワイドバングは、ロブとベストバランスなのでおしゃれ感もアップします。
  3. カラーは、7レベルの透明感のあるフォギーベージュをセレクト。やや青みがかったベージュで、柔らかさとツヤ感を兼ね備えたカラーです。

【How to スタイリング】

  1. ドライをしたら、26mmのアイロンで外ハネをして、頭のハチより上の髪は内巻きにワンカールするだけの簡単スタイリングです。前髪はアイロンなしでOK。
  2. スタイリング剤は、バームを“小指の爪”くらいの少量を手に取り、手のひら全体にしっかり伸ばします。
  3. この時、指の間にも伸ばすイメージで。毛先を中心に馴染ませ、束感を整えたら完成です。

担当サロン:GARDEN aoyama (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:ワイドなオン眉前髪はマスクと好相性!丸顔もカバーするおしゃれロブ

記事を読む

「カットベース」別のボブスタイル7つ

【カットベース別1】ひし形ボブ

上品な色っぽさが魅力のひし形ボブ。ボブの可愛らしさと大人の色気を兼ね備えたこちらのスタイル。 骨格に合わせてレイヤーを入れることで、どんな人でも柔らかさと丸みのあるひし形フォルムを叶えます。

また、前髪をやや長めにすることで色っぽい美人ヘアに。ソフトで上品なイメージのボブヘア。繊細な前髪カットにより、丸顔も面長もカバーしてくれます。さらっとナチュラルな質感に仕上げることもポイントです。

【How to ベース&カラー】

  1. アゴラインのワンレングスでカット。後頭部のボリュームと丸みシルエットをつくるため骨格に合わせたレイヤーを前下がりで入れます。
  2. 前髪は小鼻の長さでカットしてから、サイドに流した時、小顔を狙える頬の位置に落ちるように調整。
  3. カラーは8レベルのマロンブラウンに。暖色でも、寒色でもないニュートラルカラーで柔らかい印象とツヤ感を与えます。

【How to パーマ&スタイリング】

  1. アイロンが苦手な人は太めロッドでCカールパーマをかけるのがおすすめ。
  2. また、ボリュームが出やすい人や硬毛、多毛の人はハチ上だけポイントでストレートパーマをかけると圧倒的に扱いやすくなります。
  3. ストレートアイロン、太めの32mmアイロンで仕上げる場合、根元から毛先までを“Cを描く”イメージで。
  4. さらっとしたナチュラルな質感にするとぐっとスタイルアップするので、セット力のないミルクトリートメントやツヤ出しスプレーがおすすめ。毛先中心になじませたら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:鼻にかかる前髪で小顔効果を!上品な色っぽさが魅力のひし形ボブ

記事を読む

【カットベース別2】切りっぱなし・ワンレンボブ

キリっと大人かっこいい、切りっぱなしのボブ。 おしゃれ感を底上げするのは、ウェットな質感とクールな印象のオールバックです。おでこや顔まわりをしっかり出すのでハードルが高そうに見えますが、実はチャレンジしやすいデザインなんです。バングは下ろすこともでき、2WAYで楽しめます。

甘めのボブに飽きた人、エッジの効いたスタイルにチェンジしたい人におすすめのスタイル。 ゆるめの癖毛から直毛まで幅広い髪質に対応できます。さらに、プリンが気にならないダークカラーとのコンビで、ぐっと辛口にキメて!

【How to ベース&カラー】

  1. アゴよりやや長めのワンレングスボブでカット。レイヤーは入れずに、切りっぱなしのおしゃれな質感を活かします。
  2. 前髪は頬骨くらいの長さで、かき上げも下ろしもできるようにします。
  3. カラーリングは、太陽の光に当たるとほんのり透ける5レベルのブラウンアッシュに。伸びた時に根元が気にならなのもメリット。

【How to スタイリング】

  1. 前髪が立ち上がるようドライヤーの風でオールバックに乾かします。
  2. ドライ後、ストレートアイロンでサラっと外ハネにする程度に伸ばすだけ。外ハネにし過ぎないのがポイントです。
  3. 最後にウェットな質感に仕上がるヘアオイルを全体にしっかり馴染ませ手ぐしでオールバックに。
  4. ルーズな毛束感を調整すれば、クールで今っぽボブの出来上がり。根元にはオイルをつけないように注意して。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 吉田有花さん

 

初出:オールバックで辛口ムードに!甘めに飽きたらウェット仕上げのクールボブヘアを

記事を読む

【カットベース別3】レイヤーボブ

長めボブにしっかりレイヤーを入れたこちらのスタイル。 おしゃれなカール感と知的なイメージを併せ持ち、手が込んでいるように見えますが実は簡単スタイリングの万能ヘアなのです。他の人と被りたくない、おしゃれ上級者にイチ押しのボブヘア。

長めの前髪はスライドカットで調整することで、束感と抜け感を演出し今っぽい雰囲気に。シアー系のゴールドメイクと合わせてヘルシーな印象に仕上げるのもおすすめです。サイドの髪の動きが程よく、求心的な顔立ちの人にもぴったり。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースのカットは鎖骨ラインのボブでカット。トップのみにレイヤーをしっかり入れることで、ウルフとは異なる表情の軽さを表現しています。
  2. 前髪は顎ラインでカットしていますが、短めでもOK。流れやすいようにカットしてから、スライドカットで調整し抜け感を出します。
  3. カラーは9レベルのアッシュブラウンに。こっくりとした雰囲気で重くならずに顔色をよく見せる効果が望めます。

【How to スタイリング】

  1. 前髪を立ち上げてドライをしたら、32mmのアイロンでベースを外ハネにした後、表面をリバース巻きにするだけの楽々スタイリング。リバース巻きは根元まで巻いて。
  2. 前髪は外に流すようにワンカールさせますが、カールが強めの方が可愛いので冷めるまで触らずにカールをキープさせます。
  3. 柔らかめのワックスを空気を含ませるようにワサワサっと全体に揉み込むようにつけ、毛先にオイルを塗布したら完成です。

担当サロン:MINX 銀座店 佐伯美祐さん

 

初出:簡単ヘアスタイリングでおしゃれ上級者に見せてくれる!たっぷりレイヤーのカジュアルボブ

記事を読む

【カットベース別4】ウルフボブ

猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。 ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。 この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。

前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。スタイリングも簡単なので、毛量少なめな人だけでなく朝が忙しい人や今っぽいおしゃれ髪になりたい人にもぜひTRYしてほしいスタイルです!

【How to ベース&カラー】

  1. 襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。
  2. 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。
  3. 前髪は目の上ギリギリでカット。隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。
  4. カラーは8トーンのアッシュブラウン。程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。

【How to スタイリング】

  1. 乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。
  2. 26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。
  3. 全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。
  4. ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。
  5. スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイルです!

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

記事を読む

【カットベース別5】前下がりボブ

かわいさやカジュアル路線ではなく、上品で女性らしいショートボブを狙うならこのスタイル。前髪の束間がポイントとなり、一気に今どきヘアに。 短めの襟足でありながら、前下がりラインで顔まわりの長さを残しているので、色っぽさを感じる仕上がりになっています。

前髪を軽く横に流せば雰囲気を一変させられ、ギリギリ結べる長さでカットしているためアレンジも自由自在。こなれ感のあるコンパクトなフェミニンショート。シルエットに丸みを出さないようにタイトにしつつ、ツヤ感と毛先の遊びで女らしさを演出して。

【How to ベース&カラー】

  1. 襟足を浮かない長さに設定し、やや前下がりのワンレングスでカット。襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。
  2. 表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出します。
  3. 前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカットします。
  4. カラーは7レベルのオリーブグレージュに。オリーブとグレーをミックスすることで、赤みをしっかり消しつつ透明感のある髪色に仕上げます。

【How to スタイリング】

  1. 髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かします。
  2. ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mmのカールアイロンで毛先を外ハネにします。クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。
  3. ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:前髪の束感とツヤ感でつくる、ほめられショートボブ

記事を読む

【カットベース別6】前上がりボブ

いつの時代だって人気の清楚な愛され系女子。どんな女性かの見解はいろいろありますが、分かりやすく言うなら前髪×内巻きボブの女子。 一見幼く見える髪型だからこそ、守ってあげたくなるような愛しい印象を与えます。 今っぽさのある前髪×内巻きボブといえば、前髪は薄めに隙間を作り、裾は自然に内巻きになる程度に軽く巻いたスタイルです。

さらにハチが張っていて頭の形が四角いとこなれ感に欠けるので、トップにボリュームを出して頭の形を丸く見せることをおすすめします。またカラーは暗過ぎず明る過ぎない、透け感のあるナチュラルブラウンが◎。 あえて遊び心をプラスしないことが、どんな人からも愛される清楚系女子の鉄則です。

【How to ベース&カラー】

  1. サイドは平行ライン。肩に当たる長さでカットすると、巻いたとき肩につかず軽やかな印象に。
  2. 顔周りはやや前上がりにカットし、内巻き部分が重たく見えないようにします。
  3. 表面に少しだけレイヤーを入れふわっとした毛束を作ります。
  4. 前髪は薄めに取り、目の上で流れるように毛量調整しながらカット。こめかみ部分はやや長めにカットし、前髪の端とサイドが90°にならないように自然につなげます。ゆるやかな曲線を作ると幼い印象になりません。
  5. カラーは8トーンのナチュラルブラウン。落ち着いたカラーですがツヤ感と透け感が出るので重たくならず、上品な印象に。退色しにくいのもおすすめポイントです。

【How to スタイリング】

  1. ドライヤーで乾かすとき、トップの毛束は上に引き上げながら乾かします。普段の分け目から5mmズラして分けると、トップがふわっと立ち上がり立体感が出ます。
  2. 裾はナチュラルなカールを作れるストレートアイロンを使い、毛先だけなめらかな内巻きに。150℃ぐらいの低温に設定するとカールがつきにくく、失敗せず自然なカールを作ることができます。
  3. さらにハチ上の毛束を横に引き出しやや高い位置から同じように巻くと、表面にふわっとした毛束が作れます。
  4. ソフトワックスを指先に少量伸ばし、毛先にもみ込みながら束感をつけます。トップをつまんで根元の立ち上げ部分にもなじませ、さらに前髪の毛先にもなじませたら完成です。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:清楚な愛され系女子をかなえる“隙間前髪×内巻きボブ”|頭の形をキレイに見せるトップのボリュームがカギ!

記事を読む

【カットベース別7】グラデーションカットボブ

あごラインすっきり×頬ラインにボリュームのあるひし形シルエットは小顔効果抜群!前髪を作らずおでこを出せば、よりすっきり見えてデキる女風に。まさにショートボブは、 女性らしさを残しながらカッコ良さを表現できる大人女子に嬉しいスタイルです。

また、前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る、 頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする、 などを考慮すれば、丸顔をカバーし小顔効果にも期待大。大人っぽく見せたい、きちんと感がほしい、小顔になりたい…そんな人は今すぐショートボブにTRYすることをおすすめします!

【How to ベース&カラー】

  1. 全体をあごとリップラインの間の長さでカット。サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残します。
  2. 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。
  3. 表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見えます。
  4. カラーは8トーンのブラウンベージュ。好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。短くても軽く見えず上品な印象に。

【How to スタイリング】

  1. トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かします。左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなります。分け目はセンターではなく6:4に。ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見えます。
  2. 全体はハンドブローしたあと、手ぐしで毛流れを整えるとまとまりやすくなって◎。表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせます。
  3. 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。
  4. 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。前髪に立体感が出ない人は、前髪の根元に極少量のシアバターをなじませると髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

 

初出:丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

記事を読む

「パーマ/ストレート」別のボブスタイル3つ

【1】ストレートボブ

大人可愛いコンサバヘアで、男ウケも間違いナシ。髪のツヤ感が鍵を握るボブヘア。新常識となりつつあるのがストレートパーマをプラスすること。とくに今季おすすめなのが ストレートパーマとトリートメントの間のような“コスメストレート”。ダメージゼロで美ストレートを叶え、乾かすだけで憧れのツヤ髪に。 アイロン仕上げ不要です。

また、こちらのボブは、内巻きになるよう緻密なカットが施されているので、スタイリングも楽々。顔まわりをマッシュラインにして可愛い印象を与えてくれます。ボブのライン感を残した王道スタイル。程よい重さがあるので、これから伸ばしていきたい、アイロンなどのスタイリングが苦手という人におすすめのデザインです。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースを肩下のワンレングスでカット。内巻きになりやすいようインサイドにグラデーションを入れます。
  2. 前髪は眉にかかる程度のレングスに。サイドとマッシュラインでつなげているので、耳かけをした時も顔まわりが可愛くキマります。
  3. カラーは、柔らかい印象の7レベルのアッシュブラウンに。赤みを抑えつつ、ツヤ感をもたらす色味です。

【How to パーマ&スタイリング】

  1. ボブの鉄則はストレートタッチに仕上げることなので、トリートメント効果に優れたストレートパーマがおすすめ。広がりを抑えるナチュラルな仕上がりで、手触りもアップします。
  2. ストレートをかけていれば、スタイリングはドライヤーで乾かすだけでOK。気になる人は前髪だけストレートアイロンを通しても。
  3. ストパーなしなら、ストレートアイロンでワンカールになるよう軽く通します。
  4. どちらもオイルを毛先→前髪と塗布し、最後に表面をなでるようにツヤ感を出します。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 丸山成穂さん

 

初出:王道のツヤ髪ボブのカギは、“コスメストレート”パーマで作るのが新しい!

記事を読む

【2】【パーマあり】ウェーブボブ

脱シンプルヘアにトライするなら、断然ウェーブスタイルがおすすめ! ウェーブといってもふんわり甘い雰囲気ではなく、女性らしい柔らかさは残しつつ、くっきりとしたカール感でクールな印象に仕上げるのがポイント。 束感とメリハリのある質感が特徴です。

パーマスタイルなので、朝、時間をかけなくてもきっちり感のあるスタイルが再現でき、スタイリングが苦手でも“できる大人女性”を演出。スタイリング剤はふんわりタイプを選べば、柔らかいイメージも楽しめます。また、前髪は中途半端な長さでもサイドに馴染むようにカットするので、伸ばしかけでも◎。

【How to ベース&カラー】

  1. 鎖骨上の長めのボブにカットし、表面にレイヤーを入れ軽い動きを出やすくします。
  2. 前髪は目にかかる長さ~リップラインくらいまで対応可能で、伸ばしかけでもストレスなくおしゃれに。
  3. カラーは7レベルのアッシュブラウンをセレクト。パーマに合わせて柔らかい印象に仕上げ、大人女性の落ち着いた雰囲気を感じさせる色味です。

【How to パーマ&スタイリング】

  1. パーマは18~20mmのロッドでウェーブ状の動きとなるように巻き、顔まわりと表面はリバースに流れるようにデジタルパーマをかけます。
  2. スタイリングは、やや毛先が湿っている状態まで乾かし(根元はしっかり乾かすこと)、ツヤ感のあるトリートメントムースを中間から毛先に塗布します。
  3. トリートメントムースは、オイルのようなウェット感で髪の水分をしっかりキープできるタイプがおすすめです。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 本木ヨシヒサさん

 

初出:伸ばしかけのヘアでも洒落見えするボブは、クールな束感と柔らかウェーブがカギ!

記事を読む

【3】【デジタルパーマ】MIX巻きボブ

無造作なカール感で、ギリギリ結べる長さを残したボブヘア。パーマをゆるくかけておくとシャレ感もアップし、スタイリングも楽チンになります。クシュっと動きをつけた前髪は、サイドとラウンドで繋げることで顔型をカバーして小顔効果も。

女性らしい柔らかさのあるパーマデザイン。おしゃれを楽しみたい人、ボリュームが欲しい人、髪の癖が活かせるので癖が気になる人はぜひトライして。 ラフなナチュラル感でも、女っぽスタイルに。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースの長さは肩につくかつかないくらいで、結べる長さでカット。毛先に厚みを残し、前下がりに切ります。
  2. 程よくレイヤーを入れ、内側を毛量調整して軽さを出します。
  3. 前髪は目の上でカットし、顔まわりのラインがラウンドするように繋げます。
  4. カラーは10レベルのシナモンベージュに。柔らかくくすみのないベージュなので、肌の色をパッと明るく見せてくれます。

【How to パーマ&スタイリング】

  1. パーマはデジタルパーマで、ベースは平巻き、動きを表現する表面はフォワード&リバースのMIX巻きで。カールが重ならないようにすることで無造作な仕上がりに。
  2. スタイリングは、根本を立ち上げながら8割ほど乾かしたらスタイリング剤を塗布します。
  3. 手に取り毛先→表面と揉み込むように塗布し、最後に前髪の束感を整えたら完成です。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 本木亜美さん

 

初出:無造作カールへアで結んでもおしゃれに!前髪ありの大人カジュアルボブ

記事を読む

「スタイリング」別のボブスタイル3つ

【スタイリング別1】外ハネボブ

人気の外ハネスタイルですが、大人女性におすすめしたいのがこちらのボブ。カジュアルで子供っぽくなりがちな外ハネに程よくレイヤーを入れることでふわっとした大人美人ヘアに。レイヤーはトップにのみ入れるのがポイントです。また、前髪とおくれ毛が抜け感をプラスするのも魅力。

おくれ毛があることで上品にもなり骨格もカバーします。さらには、 マスクをした時、おくれ毛がアクセのようなニュアンスにも。幅広い髪質にマッチする外ハネボブ。 ひし形シルエットをつくるので面長さんにおすすめ。アイロンはテクニック要らずなので、誰でも簡単にかわいくなれちゃう優秀ヘアです。

【How to ベース&カラー】

  1. 肩すれすれの長さでぱつっとライン感が残るようにカット。巻いた時にリップラインに落ちるように計算して、トップにのみレイヤーを入れます。
  2. 前髪は眉にかかるくらいの長さでややラウンドに。顔まわりの髪を薄めに引き出し、おくれ毛をつくります。
  3. カラーは8レベルのラベンダーアッシュに赤みを打ち消すグレーを少しだけプラス。ツヤ感重視で、くすまず顔色をキレイに見せてくれます。

【How to スタイリング】

  1. 顔まわりとトップの根元を起こしながらドライすると、動きと抜け感がでるのでおすすめ。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで外ハネにしてから、トップを持ち上げて内巻きにワンカール。
  3. 前髪ともみあげも軽く内巻きにするだけの簡単スタイリング。
  4. 最後に、オイルを全体になじませウェットな質感に仕上げればおしゃれヘアの完成!
  5. 前髪は眉間の間にオイルをつけると、抜け感と束感をメイクできます。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 鈴木彩乃さん

 

初出:レイヤー入り外ハネヘアなら子供っぽくならず今どきに!マスク姿でもおしゃ見せ

記事を読む

【スタイリング別2】内巻きボブ

依然として人気の高いシースルーバング。大人女性がチャレンジするならこちらの内巻きボブはいかが?オルチャンスタイルを日本人にマッチするようアレンジし、幅が狭めのシースルーバングを採用しました。サイドバングを外ハネにすることで、頬骨のシルエットをカバーして小顔効果もあり。

また、アウトライン&顔まわりのシルエットを両方共にひし形にするW効果で、さらなる小顔見せに!トレンドを取り入れつつ、毛先のまとまり感と重さがツヤ感をプラスしてくれるボブ。 内巻きワンカールで手軽なのに、一目置かれるおしゃれヘアに!品のある女性らしさと可愛らしさの絶妙なバランスで、女心を掴むおしゃれヘアです。 カラーリングは、白肌を活かす“アッシュベージュ”がよりスタイルアップしてくれます。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースは肩下くらいの長さで前上がりにカット。ひし形シルエットとなるよう顔まわりにレイヤーをしっかり入れます。
  2. 前髪は横幅を狭めにとりシースルーバングに。サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。
  3. カラーリングは、9レベルのアッシュベージュに。赤みをしっかり抑え、外国人のような透明感があり肌色をキレイに見せてくれる色です。

【How to スタイリング】

  1. 根元を後ろから前方に髪を乾かすだけで内巻きベースとなり、キレイにまとまるようカットに施されているため、ドライヤーの風は前から当てないように。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで、全体を内巻きワンカール。
  3. 前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。
  4. 最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませます。
  5. 前髪は毛先1/3くらいに塗布して、上品に仕上げて。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon 石橋千紘さん

 

初出:オルチャンへアの鍵は、根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

記事を読む

【スタイリング別3】縦巻きボブ

ボブの可愛い雰囲気に大人の色っぽさが漂う外ハネボブ。 顔まわりに縦巻きの動きのアクセントが、洗練された大人っぽいイメージに。 また、前髪もポイントとなり、ランダムなMIXカールで抜け感たっぷりのデザインとなっています。

ラフなナチュラル感がありつつ、オイルのツヤ感や束感をメイクすることでおしゃれヘアに格上げ。より大人っぽく仕上げるなら耳にかけもおすすめ。ボブに飽きた人にぜひトライして欲しいスタイル。前髪から繋がるサイドバングは、頬骨をカバーして小顔効果も発揮してくれます。

【How to ベース&カラー】

  1. アゴラインのワンレングスにカット。パツッとしたライン感を残しながら、外ハネにしやいようレイヤーを入れます。
  2. 前髪は目にかかる長さで幅狭めのシースルーバングに。サイドつなげて小顔効果のあるサイドバングを作ります。
  3. カラーは、10レベルのシナモンベージュに。やや寒色系の色味で淡く透明感のある仕上がりが魅力です。

【How to スタイリング】

  1. ドライ後、26mmのアイロンで全体を外ハネに巻きます。顔まわりをリバース方向で縦巻きにすることで、大人の色気を演出。
  2. 前髪は、フォワードとリバースをランダムに巻いてラフな動きを出します。
  3. オイルを全体的に揉み込み、手に残っているオイルを前髪に。ハチまわりにつけ過ぎないよう気をつけ、髪の内側と毛先にしっかりスタイリングをつけるのがポイント。束感を整えたら完成です。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

 

初出:大人の色気がある外ハネボブヘアは、サイドの縦巻きと前髪のMIXカールがカギ!

記事を読む

「前髪あり/なし」別のボブスタイル4つ

【前髪別1】斜め前髪ボブ

ボブのかわいい印象はそのまま、女性らしい華やかさをプラスしたこちらのスタイル。柔らかいカール感と曲線の美シルエットが魅力です。 流しバングは根元を立ち上げることで、トップのふんわりとしたボリュームを引き立てる効果あり。 カールアイロンでも、ストレートアイロンでも再現可能ですが、大きめのしっかりしたウェーブにすることがポイント。

顔型によってかわいく仕上げるコツが異なり、例えば丸顔さんはひし形シルエットに、面長さんはサイドをボリューミーにするとモテ髪へ。大人の色気をアップするアッシュベージュとのコンビネーションがイチオシです。

【How to ベース&カラー】

  1. カットはあご下3cmのレングスで、やや前下がりのワンレングスボブ。ボリュームのコントロールがしやすいよう、トップにレイヤーを入れます。
  2. 前髪はサイドに流れるように斜めラインでカットし透け感を調整。
  3. カラーは、大人女性におすすめのアッシュベージュに。どんな人にも似合う万能カラーです。

【How to スタイリング】

  1. カールアイロンでも、ストレートアイロンでも、髪を上下2分割にし、下段を外ハネワンカール、上段は波ウェーブに。波ウェーブは毛先を外ハネと内巻きを交互につくることでランダムなカール感を出します。
  2. カールアイロンの場合、毛束の毛先から外ハネ→内巻きがキレイに仕上がり、ストレートアイロンの場合、中間からアイロンの挟む角度を変えると美しい波ウェーブに。
  3. スタイリング剤は、ウェットにならないバーム系で。細毛さんは少しセット力のあるソフトワックスがおすすめ。マットな質感で攻めるのが◎。
  4. カールをほぐさないように毛先から根元まで揉み込みながら塗布したら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:斜め前髪と曲線美で魅せるヘアだから色っぽい!秋のふんわりモテ髪ボブ

記事を読む

【前髪別2】シースルー前髪ボブ

キュート加減が抜群の若見えボブ。肩に当たってハネやすいボブスタイル。そのハネを活かせる外ハネボブは、とにかく毎日のスタイリングが楽々なのが魅力です。少しだけレイヤーを入れることで、ストレートアイロンをさらっと通すだけでおしゃれヘアが完成します。

全体のシルエットを重ためにし、ぱつっとしたライン感を残しているため 、前髪はシースルー&ワイドで抜け感を演出。顔の表情が明るくなるので、マスクをしてもかわいい! 若々しい印象を与え、髪質を問わずチャレンジしやすい外ハネボブ。面長さんにもおすすめです。

【How to ベース&カラー】

  1. あご下3cmのワンレングスベースに、スタイリングしやすいようにレイヤーを少しだけ入れます。
  2. 前髪はワイドでかつ、シースルーにすることでラフな質感をつくり今っぽい仕上がりに。
  3. カラーは透明感のあるフォギーベージュに。赤みを抑えたいけど、アッシュやマットがイマイチ似合わないという人におすすめ。7レベルでカラーリングすれば、プリンにもなりにくい!

【How to スタイリング】

  1. スタイリングがとにかく簡単なボブヘア。髪が広がりやすい人は、ドライ時にドライヤーの風を上から当てて広がりを抑えると◎。
  2. 乾いたらストレートアイロンで軽く外ハネするだけ!外ハネにしようとせずに、さらっと通すのがコツ。
  3. シアーなツヤ感の出るクリームバターを手に取ったら、顔まわりからオールバックになじませます。
  4. 前髪は眉と眉の髪だけに塗布して、サイドにはつけないのがポイントです。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 豊田楓さん

 

初出:マスクをしてもかわいい外ハネヘア!シースルー前髪で今っぽいボブ

記事を読む

【前髪別3】オン眉ボブ

マスク着用が必須の今、前髪が長めだとどうしても暗い印象になってしまいます。このような状況下だからこそ、思い切って“オン眉バング”にしてみませんか? 前髪を短くするだけで、ボブヘアのイメチェンにも。オン眉にする場合、やや重めにカットしてスタイリング剤で抜け感を出すのがポイントです。

前髪と顔まわりにハイライトを入れることでも、おしゃれに差をつけられるボブ。髪質を問わないので、コンサバスタイルに飽きた人はぜひチャレンジを。レングスが短めなので、ハネ知らずでまとまりよく毎日のスタイリングもぐっと楽になります。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースをアゴ下でワンレングスにカット。表面に少しだけレイヤーを入れます。短めレングスは小顔効果があり、お手入れが楽チンなのも嬉しい。
  2. 眉毛上でパッツン前髪にカットします。
  3. 全体のカラーは6レベルのブルーアッシュに。ブルーアッシュは、しっかりとした色味で色持ちがよく、透明感が魅力です。
  4. さらに、前髪と顔まわりにハイライト入れ、おしゃれ感のある仕上がりに。

【How to スタイリング】

  1. スタイリングはとっても簡単!内巻きになるようにカットされているので、ドライ後、32mmのアイロンでワンカール巻いて、スタイリング剤をつけるだけ。
  2. スタイリング剤はさらっとした質感のクリームバターがおすすめ。
  3. 中間から毛先につけ、手に残ったものを前髪につけるとちょうどいいシースルー感に。
  4. 耳掛けするとハイライトのニュアンスが絶妙にかわいいんです。

担当サロン:GARDEN aoyama (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:マスクとヘアのいい関係!思い切った”オン眉バング”ならコンサバボブに飽きた人にピッタリ

記事を読む

【前髪別4】ノーバングボブ

柔らかニュアンスのワンレンボブは、下ろしても結んでも◎ダークカラーと好相性なこちらのワンレングスボブ。ワンレングスは重さが出やすくシンプルに見えがちなスタイルですが、セニング&スライドカットの卓越したカットテクニックにより、今どきの抜け感をプラス。一気におしゃれヘアに昇華させてくれます。

前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出。程よい束感が出ることで、柔らかさや立体感のあるクールフェイスなボブ。 レングスとしてオーダーの多いギリギリ結べる長さもキープした優秀ヘアです。ノンレイヤーなので、美しくまとまるのもポイント高し!肩につかない長さは、ハネ知らずでストレスフリーにも。ちょっぴりクールに大人っぽく攻めたい、そんな人にぴったりのデザインです。

【How to ベース&カラー】

  1. ベースを肩上のギリギリ結べる長さでワンレングスにカット。ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。
  2. 前髪はサイドと同じ長さに揃えます。
  3. 質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げます。
  4. カラーリングは、暗めの5レベル・アッシュベージュをチョイス。赤みを押えつつ透明感があり、ダークカラーでも柔らかい表情の色味になります。

【How to スタイリング】

  1. ドライ時のポイントは、分け目がつかないようにふんわりと乾かすこと。生えグセに逆らうようにドライヤーの風を当てるとナチュラルなボリューム感になります。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけで、簡単にスタイルがキマります。
  3. 保湿力があり立体的なスタイルをキープできるバター系のスタイリング剤を毛先に馴染ませ、揉み込んでから軽く崩したら完成です。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 西川真矢さん

 

初出:前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事