ヘアスタイル・髪型
2022.8.7

【夏のボブヘア】ボーイッシュなロゴTにはカチューシャで甘さをプラス!

\"\"

人気ヘア&メイクアップアーティストの笹本恭平さんが、この夏真似したくなる、軽やかボブヘアの作り方を伝授♪夏服にぴったりなヘアアレンジ方法を教えてもらいました!

夏髪は夏服とコーデする! 【夏の休日はロゴTシャツ×艶ボブ】

202208g80-2

艶ボブはセンターパートですっきりタイトに

0431
ボーイッシュなバイカラーのロゴTシャツには、カチューシャで甘さをプラス。ベースのヘアは巻いたりそろえたりせずに、あえてばらばらの毛先でラフに仕上げると抜け感が出ます。ボサッと見えないツヤ感がここでもポイント!

 

使用アイテム

img_0015
A.ハンドやボディにも使えるケアオイル。
ミルボン ヴィラロドラ リベル オイル 50ml ¥4,950(サロン専売品)

img_0013
B.額に塗って前髪を貼りつけ。
ウテナ マトメージュ 前髪グルー 5ml ¥1,100(編集部調べ マツモトキヨシグループ・ココカラファイングループ限定品)

 

How to

Aを2~3プッシュ手にとり、全体になじませ、センターで分け目を作る。額の生え際に薄くBを塗布し、その上から前髪をコームでなでつける。シリコンゴムを使って低めの位置に結ぶ。後れ毛はそのまま生かし、カチューシャをつける。

(1)分けるのも、なでつけもコームが便利
0460
コームの柄の先端でセンターパートを作るとキレイに仕上がる。そのまま前髪のなでつけにも使える。

(2)頭と首の境目で、ぎゅっとひとつ結びに
0458
髪をまとめるというより、シルエットをコンパクトにする目的なので、後れ毛多めでも気にしなくてOK。

\アクセはコレ!/
img_0032

 

ヘア&メイクアップアーティスト

笹本恭平さん

手抜きくらいがちょうどいい!夏服こなれヘアアレンジ&スタイル

「暑すぎる日本の夏のヘアアレンジは、いかに快適でおしゃれに見えるかがキモ!軽やかな素材やシンプルでカジュアルなデザインの服に、凝ったアレンジやがっつり巻き髪では頭だけ浮いてしまいます。基本のスタイルに一手間加えるくらいの簡単ヘアが、トータルでバランスとる秘訣です」

 

『美的』2022年8月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini) スタイリスト/宮本祐希 モデル/鳴海 唯 構成/遠藤彩乃

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事