ズルいコスメ
2019.6.26

シャンプーは「洗う」から「ダメージ補修」の領域へ【美的GRAND編集長・ズルいコスメ vol.45】

シャンプーは「洗う」から「ダメージ補修」の領域へ

髪を伸ばせるくらいの健康毛になるために
化粧品の新製品発表会で、顔見知りの美容賢者さんたちからよく「髪伸びたね」とお声がけされます。「伸びるの早いね、エッチだからだね」とからかわれたときは、昔そんな都市伝説があったなあと遠い目になりつつ、そう揶揄されるくらい髪を伸ばしっ放しにできる現状をうれしく思います。以前はダメージ部分をなくすために、伸びては切るを繰り返し、肩下まで伸ばすことができなかったからです。
ストレートパーマとカラーの繰り返しによる暗黒のハイダメージ時代。ようやく抜け出せたのは、自力でのサロン調査とシャンコン探しによるもの。それは果てしない道でした。特にシャンプー選びには慎重を期して、洗い上がりの手触りが少しでもきしむものとはお別れしてきました。
切実な思いでシャンプーを追い続けて十数年。近年、毛髪業界の目覚ましい研究成果を実感します。もはやシャンプーは”洗う”だけではない、頭皮と髪を”修復する”領域に入っています。頭皮と髪が健康になれば髪はスルスル伸びます。
ダメージに悩んでおられる方、シャンプーの力を借りて、エッチな人と思われるくらい髪を伸ばしてみませんか。

kd_dsc7733-1_1

A.修復して毛髪耐力を上げて、扱いやすい髪へと導く
ザクロエキス、ローズマリー葉エキスなど13種の植物成分を配合。頭皮に優しく、毛髪ダメージだけではなく、枝毛、うねりからも髪を保護して、扱いやすい髪質へ変換される。
ブロジエ オラプレックス No.4 ボンドメンテナンスシャンプー ¥2,800

B.ハチミツ配合の高濃度テクスチャー&濃密泡で髪を修復
ミョウバン配合でヘアカラーの染料流出を抑え、染めたての美しい色をいつまでもキープ。まだダメージでスカスカになった髪内部を修復して、なめらかな手触りに。
ミルボン クロナ モイスチュアライジング スパシャンプー ハニー ¥3,600

C.頭皮デトックスとダメージ毛修復で”美強髪”を実現
美容賢者がこぞって通う頭皮ケアとヘアケアの有名サロンが、ただの美髪ではない「美強髪」を目指して開発した逸品。こだわりの最高峰ケラチン配合により、洗う度に髪が補強される。
サロン・ド・リジュー キュアフォルテ シャンプー ¥6,000

今月聞かれたコスメ

Q,いつも肌状態良さそうですね

(Oggi』編集部 小森智子さんの言葉)

頬のツヤ感が、”良さそう”の理由なんです
週イチの眉ティントですっぴん顔に活を入れたり、decoシャドウで前髪の分け目を濃くしたりと、私を老け見えから救ってくれるフジコが、またまた面白い製品をリリース。これ、3色グラデのチークです。濃い色を頬骨の下辺りにおいて耳側へスーッと引くと、自然な頬色が再現できて、同時に明るい色がハイライターの役目を担うから、パッと肌を明るく見せてくれます。これで『Oggi』編集部に遊びに行ったら褒められました。
kd_img_2338
右から/Fujiko〈フジコ〉 チョークチーク 01ローズライト・02シャンパンライト 各¥1,400

%e6%b5%81%e7%94%a8kd_eos-1d-x_4635%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%9f%8b%e3%82%81%e8%bc%aa%e9%83%ada
美容エディター
天野佳代子
『美的GRAND』編集長・美容エディター。『美的』創刊メンバー。幼い頃からコスメ好きで、親の目を盗んでは近所の化粧品店に入り浸っていた過去をもつ。美容編集者歴34年。62歳。

『美的』6月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、吉澤康夫(静物) デザイン/GRACE.inc 企画/石山照実(Beautyeditor) 構成/天野佳代子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事