田中みな実 Color me Happy!
2020.12.24

田中みな実「赤リップがすごく似合うおばあちゃんになりたい!」|田中みな実 Color me Happy Vol.10

田中みな実さんの素顔や美の秘訣にテーマカラーという切り口で迫る連載。今月のテーマカラーは生き様のRED。果たしてどんな話が聞けるのでしょうか。

赤リップがすごく似合うおばあちゃんになりたい!

kd_20200825biteki00101_2
赤リップが似合う女性像をイメージするとき、真っ先に浮かぶのは子供の頃に海外旅行で行った真夏のイタリアで出会ったおばあちゃんたち。うだるような暑さの中、テラス席で酒を飲みながら談笑する彼女たちはみな、それぞれに似合う赤リップをまとっていた。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の撮影中は、7種の赤リップを持ち込み、その日の衣装やシーンに合わせて使い分けをしていた。一様に“赤”といってもブランドやシーズンによって色味、深み、質感はまるで違う。赤いルージュとマニキュアはたちまち礼香(役名)のトレードマークになった。

kd_20200825biteki00118_2
こうした仕事上の役か、オケージョンでもない限り、ここまで大胆に赤を身に着けるのは少しばかり気が引ける。私も年齢を重ねたら、件のおばあちゃんたちのように赤リップを自分のものにできるだろうか。そのためにはきっと、赤に負けない生き様が求められるんだろうと思う。人間は平等に年齢をとる。シミ、シワ、たるみ、白髪、あらゆる“老い”からはどうしたって逃れられない。ならば、とことん嘆いた後に、徐々に老いを受け容れてみようと思ってる(笑)。老いに身を任せるのではなく、出来得るケアで抗いながら、その時々の自分を認めてあげたい。そうして、若い頃よりずっと赤リップが似合う女になるの。80 代、私は最旬の赤リップを自分のモノにしてみせる!

kd_20200825biteki00208_2
“赤には生き様が宿る。赤を語れるのは、きっとこれから”

私のお気に入り♪REDなアイテム

ヌメロ ヴェントゥーノのスカート

kd_image2
「冬の赤とチェックって、たまらなく好き。子供っぽくなりがちなふたつの要素をタイトなIラインとスリットでエレガントに。毎年ヘビロテするアイテム」

 

ジバンシイの口紅

kd_givenchy_lerouge_37_duo_f39_123625
「今回の撮影で使用。レザーのパッケージを含め、1本でオンナ度がぐっと上がる、旬の赤リップ」
パルファム ジバンシイ ルージュ・ジバンシイ 37 ¥4,600

ルージュ・ジバンシイの詳細・購入はこちら

 

ロエベのバッグ

kd_image0

「ぷっくりとした刺繍が施された、遊び心のあるデザインに一目惚れ♪ かごバッグは夏の定番だけど、これからの時期はニットと合わせてもかわいいかも」

 

【田中みな実 Color me Happy!】一覧はコチラ

PROFILE
田中みな実さん
たなかみなみ/女優・アナウンサー。卓越した美容知識をもち、磨き抜かれた肌・体・髪は、幅広い世代の女性たちから羨望の的に。昨年発売された写真集『Sincerely yours…』も、爆発的大ヒットを記録!

 

『美的』2021年1月号掲載
撮影/吉田 崇(まきうらオフィス) ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) スタイリスト/西野メンコ 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事