お悩み別ケア
2020.11.21

有村実樹直伝 美白ケア術|うるおい美肌のために、シミ・くすみ肌を新しい肌へ♪

10月下旬から12月下旬になってくると、乾燥対策にばかりフォーカスしがちなスキンケア。でも美肌をキープするなら手を抜いてはならないのが、夏のダメージを残さずリセットしつつ透明感を生む美白ケア。秋冬の2か月間に何を、どんな順番ですればよいか、我らが美肌賢者・有村実樹が導きます! 11月に入ったらさらにするべきケアを教えてもらいました。

有村実樹式:秋冬美白のために11月に入ったらさらにすることは、シミ・くすみ肌を新しい肌へと入れ替える

\美白肌へとチェンジ!/
202012gp106-5
紫外線の弱くなる秋から冬にかけては、美白ケアの成果が出やすい季節。一方で、乾燥によってキメが乱れたりバリア機能が低下することで、肌のくすみ感や赤みが出やすくなるので注意が必要です。そこで、“いつ、何をしたら良いのか”ケアの正解を、有村さんに教えてもらいました。
11月に入って肌が落ち着いてきたら、美白美容液を投入。
「美白コスメを使う前に、肌を緩めるケアで肌の受け入れ態勢を整えましょう。また、食事やサプリメントで積極的にたんぱく質や鉄分、ビタミン類をとって、新陳代謝を促すことも大切です」

【1】できてしまったシミ・くすみを消していく

肌を緩めた後はすかさず、美白美容液を投入!美白コスメは、手のひら全体でざっと広くのばすのではなく、気になる所を中心に指の腹で狙ってつけるのがコツ。

おすすめコスメ
「美白コスメは人によって相性がありますが、普段『肌に合う』と感じるブランドの美白ラインを選ぶと相性の良いものに出合いやすいと思います」
次の3つは、有村さんが効果を実感している3本。
202012gp106-39
ランコム クラリフィック ホワイト セラム [医薬部外品] 30ml ¥14,000

クラリフィック ホワイト セラム[医薬部外品]の詳細・購入はこちら

202012gp106-40
エトヴォス 薬用 ホワイトニング クリアセラム [医薬部外品] 50ml ¥5,000

薬用 ホワイトニングクリアセラム[医薬部外品]の詳細はこちら

202012gp106-41
アルビオン エクシア AL ホワイトニング メラノインテンシブ スポッツ[医薬部外品] 4g ¥12,000

ホワイトニング メラノインテンシブ スポッツ[医薬部外品]の詳細はこちら

指の腹を駆使してシミ部位にオン
\指先から第2関節までを使って塗る/
202012gp106-19
202012gp106-18

\さらに指先で重ね付け/
202012gp106-20
美白美容液は指の先から第2関節までを使って、気になる部位を中心に塗布。指の腹で押さえるようになじませていく。濃いシミが気になるポイントは、さらに指の腹に少量の美容液をとり、重ねづけ。

\ニキビ跡や虫刺され跡も!/
202012gp106-21
スポットケア美容液は、気になるシミに重ねづけできるのはもちろん、手の甲やボディの傷痕ケアにも使えて、1本あると便利。

 

【2】たるみオフも意識。プチマッサージを実践

せっかく美白に取り組んでも、たるみがあると肌が暗く見えてしまうので要注意。コリのたまりやすい部分をもみほぐし、血行の良い状態を保つようにマッサージケア。
\かみ合わせ/
202012gp106-22
かみ合わせの部分はコリがたまりやすいので、円を描くように押しもんでほぐす。

\側頭部/
202012gp106-23
側頭部も、手のひらで圧をかけるように回しもむ。

おすすめコスメ&サプリ
202012gp106-42
フェースラインになじませるだけで輪郭を引き締める美容液。
ITRIM クレセント コントゥア トリートメント セラム 18ml ¥16,000

クレセント コントゥア トリートメントセラムの詳細・購入はこちら

202012gp106-44
コラーゲンの再生に欠かせないビタミンCがたっぷりとれる美白ドリンク。
ポーラ ホワイトショット インナーロック リキッド IXS 30ml×10本 ¥5,800

ホワイトショット インナーロック リキッド IXS[特許取得健康食品]の詳細はこちら

 

【3】肌再生のためにたんぱく質と鉄をとる

肌の材料となるたんぱく質と、質の良い血液のもととなる鉄分をとれる最強食材・レバー。
「昔は苦手だったのですが、竜田揚げ風にするとおいしくいただけます」
\実樹流レバーのおいしい食べ方/
202012gp106-7

(1)レバーの下準備
202012gp106-57
レバーはよく洗ってから牛乳に6時間程つけると、臭みが取れる。

(2)片栗粉をつけて揚げ焼き
202012gp106-58
牛乳から取り出したレバーに片栗粉をまぶし、油を入れたフライパンで揚げ焼きに。

(3)味つけは薬味しょうゆ
202012gp106-59
しょうゆにそのときの気分でしょうがやネギ、七味などの薬味を加えてソースに。かぼちゃやパプリカなどの野菜を添えて。

 

『美的』12月号掲載
撮影/長谷川 梓 ヘア&メイク/深瀬介志(sui) スタイリスト/楠 玲子 イラスト/藤原千晶 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事