お悩み別ケア
2019.9.8

「ファンデののりが悪くてすぐによれる…」その原因は肌がゴワついているせい? 人気美容家が対策法を伝授!

「ファンデーションのノリが悪い…」「化粧水が浸透しない気が…」と、この時期なんだか肌がゴワついていると感じている人多数。その原因は?対策法は? 美容家の深澤亜希さん、水井真理子さんにお話を伺いました。

gowaruki

秋のお悩み第3位は…ゴワつき

肌のターンオーバーは、本来28日程度といわれています。でも加齢や紫外線をはじめとするさまざまなダメージにより、そのリズムがくずれることが…。そこで起きてしまうトラブルが、肌のゴワつきです。自然に剥がれ落ちるべき古い角質が肌表面に蓄積してしまう、角質肥厚の状態。この状態を正常に戻すお手入れこそ、今、するべきこと。スピーディで効果的なアイテム選びをぜひ習得して。

みんなの声

「ファンデーションがとにかくのらなくてよれまくり…」(29歳・主婦)
「いつも使っている化粧水が、全く浸透しない感じ…」(32歳・薬剤師)
「顔を洗ったとき「いつもより肌が固い」と違和感があった」(33歳・税理士)
「スキンケアをたっぷり使っても、肌が柔らかくならない」(28歳・販売員)

ターンオーバーを促進することを第1に

Point
□ 週に2~3回の酵素洗顔で、メラニンを含む角質を排出
□ 習慣化すれば、ターンオーバーが正常に整う

「肌のゴワつきに対し、てきめんに効果的なのが、酵素洗顔。蓄積してしまっている古い角質が剥がれ落ちるのをサポートしてくれます。古い角質が蓄積されなくなれば、化粧品の浸透も格段に良くなるので、効率的に潤いもチャージされやすくなって、いいことずくめなんです!」(深澤さん)

3-2
酵素洗顔料はたっぷりと泡立てて
水またはぬるま湯で洗顔料を溶かし、泡立てネットなどを使ってたっぷりの泡を作る。

3-3
ゴワつきが気になるパーツから泡をのせる
鼻周りやあごなど、ゴワつき&ザラつきが特に気になる部分から泡をのせるのがポイント。

aki6
「化粧品の浸透もアップして潤った白肌に近づきます」(深澤さん)

3-1
洗い流せば、ゆで卵のような“つるりん”なめらか透明美肌♪

週に1度のクレイパックで代謝スピードを整えて

Point
□ 週に一度、洗顔料の代わりにクレイパックを
□ マイルドな除去力で肌が次第に柔らかくなる

「肌のゴワつきは、ターンオーバーが乱れているというシグナル。剥がれ落ちるべき角質が蓄積してしまっている状態だから、肌に負担をかけずにオフさせることが重要です。そこでお手入れに組み込みたいのがクレイパック。週1回のスペシャルケアを1か月続ければ、肌が確実に変わります!」(水井さん)

3-5
肌表面に均一にクレイパックをのせる
適量をとり、顔全体にクレイパックをなじませる。肌はなるべくこすらないように。

3-4
たっぷりの水をなじませて洗い流す
洗い流すときには、水分をたっぷりとなじませてパックを柔らかくしてからオフを。

 

 

教えてくれたのは…
aki1
美容家 深澤亜希さん
絶世美肌をもつ伝道師。女性誌や広告、イベントなどへの出演など活動多岐にわたる。著書は『人より輝く魔法』(宝島社)など多数。

mariko1
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
白肌を育むテクニシャン。わかりやすい美肌作りのテクニックに定評があり、さまざまな媒体で引っ張りだこ。

 

『美的』10月号掲載
撮影/天日恵美子(モデル)、塩谷哲平(t.cube・人物) ヘア&メイク/Sai、新見千晶(深澤さん)、広瀬あつこ(水井さん) スタイリスト/大泉陽子 モデル/佐藤優津季 イラスト/本田佳世 構成/増本紀子(alto)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事