お悩み別ケア
2012.6.7

夏こそ気になる毛穴トラブル。まずは種類や原因を把握して。

 

顔の印象を左右する毛穴トラブルは、人それぞれ。年齢や季節によって異なり、お手入れ方法も異なります。特に皮脂分泌が多くなる夏のシーズンは、様々なトラブルが発生しがち。まずは毛穴トラブルの種類や原因を把握して、正しくケアすることが大切です。

 

 

夏の毛穴ケアのポイント
・過剰な皮脂を取り除く
・不要な老化角質を取り除く
・抗酸化
・保湿

 

夏の毛穴ケアの注意点
・紫外線の影響による肌ダメージがあるため、肌への刺激に注意する。
・やさしく、丁寧にお手入れを行う。強い刺激は厳禁です。

 

夏の毛穴ケアの基本ステップ

1、クレンジング
過剰な皮脂や汗で、皮膚はべたつき、汚れも付きやすくなります。肌を清潔に保つことが第一。しっかり汚れを浮かせて、やさしく丁寧にクレンジングします。

※クレンジングの前に、顔に水分を与えて湿らせておくと汚れが取りやすくなる。(アルカリ水スプレーをすると尚良い)

2、洗顔
弾力のある濃密泡で、余分な皮脂や汚れを吸着。お湯の温度は、30~34℃がベスト。(温かいと感じる温度は高い)
乾燥肌、乾燥が気になる部分は25℃程度のぬるめ。
脂性肌、べたつくところは35℃程度(皮脂が溶けやすい温度)

※プレ洗顔(ぬるま湯で、ジャブジャブと顔を洗う)する。
鼻など毛穴の気になる箇所は、顔全体を洗う前に、指先(ブラシ)を使用して丁寧に洗う、その後泡で顔全体を洗う。

3、化粧水
数回に分けて、顔に浸透させる。最後は手の温度を利用してさらに浸透を高める。(ハンドプレス)

※鼻の溝などはコットンを4つ折にして、毛穴に押し込むように浸透させる。皮脂分泌の多い部分はコットンでパッティングする。

 

 

資料提供:ポアレスラボ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事