お悩み別ケア
2019.7.14

ほてり、乾きのレスキューは夜の集中ケアが大事! 瀬戸口めぐみ流「水コットン」で肌の水分補給♪

化粧水をコットンに含ませて、3分間のローションパックをするのが瀬戸口めぐみ流。市販のシートマスクと比べて、顔の凹凸に合わせて細かな部分まで隙間なく水分補給できるのがメリットです。瀬戸口さんに詳しく教えてもらいました。

1枚のコットンで顔全体をパック

日ざしを浴びた日や、汗をたくさんかいた日は、冷却ケアが特に効果的。水に浸してほてり肌を鎮静。

(1)化粧水コットンを4枚に割く

197-3
化粧水を含ませたコットンを4枚に割きます。コットン1枚で、顔全体をパックできます。

 

(2)コットンを伸ばしながら密着させる

197-4-kakou
薄く割いたコットンは包帯のように伸びます。頬全体をカバーするように伸ばしながら貼ります。]

 

(3)量頬&額、残りを半分ずつ鼻・あごへ

195-5kakou
3枚を貼った後、残りの1枚は半分に裂いて鼻とあごに。3分貼っている間に乾いたら、上から化粧水を追いづけ。

2枚使えばさらに完璧

コットンをもう1枚追加すれば、さらにパーフェクトな水浸けが完成します。首やデコルテに追加して貼るのもおすすめです。

2枚を頬下に、残り2枚は半分に割いて4か所に

197-7

197-8
4枚に割いたうちの2枚で、フェースラインを覆います。残りの2枚は半分に裂いて、こめかみや鼻筋、鼻下に貼ります。

 

ちなみに…朝の冷パックも効果的!

197-2
メイク前にパックすると、メイクのノリやモチが向上。化粧水を含ませたコットンを冷蔵庫で冷やしておくと便利です。

【special】ジェルラップでじっくり水煮込み

日差しや暑さでほてった肌を瞬時に回復させる、スペシャルな水づけテクニック。ジェル感触のモイスチャライザーを使用します。

(1)ジェルを3倍量顔全体に厚く塗る

197-9
規定量の約3倍を贅沢に使います。ぷるぷるとしたジェルには、肌の熱を取り去りながら肌を潤す効果があります。

 

(2)ラップで覆った上から水タオルで冷却

197-10kakou
ジェルを塗った後、鼻から上、鼻より下の2枚に分けてラップで覆います。

197-11
そのから、水を含ませ絞ったタオルをのせ、タオルがぬるくなるまで冷却します。

 

水補給にジェル状モイスチャライザー

オールインワンジェルやジェルクリームなどを使用します。
197-kakou
A.夏ダメージを軽減。
ポーラ ホワイトショット RXS[医薬部外品] 50g ¥12,000

B.潤い効果が長時間続く。
クリニーク モイスチャー サージ 72 ハイドレーター 29g ¥4,500

C.鎮静ケアできるアロエ成分配合。
江原道 オールインワン リフレッシュ ジェル 100g ¥3,800(限定発売)

日中のテカり、ベタつき対策におやつミストが効きます!

197-1
皮脂は、水と油が混じったもの。過剰にベタベタするときは、水を補うとバランスが整ってサラッとします。腕を伸ばして遠くからスプレーすれば、メイクもくずれません。美容成分入りで大人のほてり肌を冷却。

197-14
江原道 ハーバル ミスト 100ml ¥2,600

『美的』8月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/山下美紀スタイリスト/田中麻理乃 高橋尚美(静物) 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事