洗顔・クレンジング
2016.5.26

知っているようで知らなかった! 美肌になる基本のクレンジングをおさらい!

それなりのお手入れはしているつもりだけど、何だか肌に自信がもてない… それは、あなたの肌が年齢と共に変化している証拠!10年後、20年後に後悔しないために、今、スキンケアの〝テコ入れ〟をして、肌力を上げちゃいましょう♪

 

クレンジング
クレンジングとは、メークを浮かして流す行為。スッと浮かせて早脱ぎ!力でゴシゴシ落とすべからず

基本方針
落ちの良いクレンジング剤で、サッと浮かせる。広い部分は手のひらの「面」、細かい部分は「指先」で
たとえお湯オフマスカラでもポイントリムーブは必須。綿棒&コットンを用意

 

テコ入れPOINT
「クレンジング剤は負担がかかる」と思っている人が多いけれど、肌負担の本当の理由は〝力の入れすぎ〟。肌をこする行為を徹底排除しましょう。

 

NG!
1.乾燥肌だからミルクタイプ一択

ミルク自体は悪くありません。ただ、なじみがゆっくりなので、お風呂でサッと濃いメークを落とすのには不向き。

 

NG!
2.キメの奥まで念入りにマッサージ

201605gsokoageskincare1-2

指の力でグイグイとマッサージしても肌を傷めるだけ。メーク落ちには差が出ません。いちばん陥りがちな落とし穴。

 

NG!
3.お湯オフマスカラだからポイントリムーバーは使わない

201605gsokoageskincare1-3

マスカラはお湯オフでも、シャドウやラインは?目の下に黒く落ちて、かえって落とすのに手間がかかり、肌負担もUP。

1 2 3 4 5

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事