メイクHOW TO
2021.8.28

フェイスパウダーの使い方「基本の順番」や「塗り方」が、わかる!

\"\"

フェイスパウダーの使い方を基本からレクチャー!そもそもどんな役割があるの?ベースメイクの中での順番やブラシ・パフを使った塗り方、美肌に仕上げるテクニックを人気ヘア&メークアップアーティストが教えます。

フェイスパウダーって?その役割は?

2021年はフェイスパウダーが進化!

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田 知子さん

本誌ほか多くの女性誌で活躍中。モード感あふれるハイセンスな色使いを、真似しやすい絶妙なバランスに落とし込む。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

パウダーレスに見えるパウダーはこれからの必需品

近年進化が目覚ましいベースメイクアイテム。プロのヘア&メイクさんが口をそろえて、とにかくベースは新作を使うのが、手っとり早く今っぽ顔になるための必須条件、と断言する程です。中でも、今季の注目は…

「ずばり、“フェースパウダー”です。進化した粉体は粒子が本当に細かく、肌の上で“消える”という程、軽い。厚化粧に見える膜感ゼロなのに、肌補整効果はあって毛穴レスのなめらか感を実現。同時に透明感が高く、ファンデなどで仕込んだ艶が透けるから、パウダーをしてもフレッシュな艶美肌になるんです。しかも、最新の粉体は密着感が高く、マスクとの摩擦とベースメイクのくずれをコートして防ぐサラスベな仕上がり。粉っぽくならず、マスクにもつきにくい…といいことずくめ」(岡田さん・以下「」内同)

ファンデーションを落ちにくくする

パウダーファンデーションの粉感を見えないヴェールで包み込めば“ほの艶”が立って柔肌仕上げに

「よりマスクにつきやすいパウダーファンデーションも、上からフェースパウダーを重ねれば落ちにくくすることができます。パウダーにパウダー? と思うかもしれませんが、実は映像の撮影などではくずれを防止するために昔からよく使っていた技。今年のパウダーは見えない程溶け込むので、粉が重なり厚ぼったくなって老け見えする心配もありません。逆にファンデーションのほの艶が透けて柔らかそうな仕上がりに」

 

初出:パウダーがこれからの必需品!パウダーファンデ×フェースパウダーで“ほの艶”な柔肌仕上げに【美的GRAND】

記事を読む

部分使いでテカりを予防できる

【小鼻の脇・鼻の頭】テカりやすい小鼻の脇~鼻の頭に塗る。

【額の生え際】額の生え際がテカっていると、透明感が損なわれやすい。パウダーを薄くなじませておくと清潔な透明感をキープできる。

【フェースライン~首筋】ぼかし込んで自然な仕上がりに。


初出:透明感をつくるファンデ&パウダーの塗り方|ファンデは部分塗り、パウダーでテカりを防止して

記事を読む

フェイスパウダーは必要に応じて使い分けるのがおすすめ

ヘア&メイクアップアーティスト

小田切 ヒロさん

LA DONNA所属。藤原美智子氏に師事。ナチュラルからリアルモード、ハイファッションまで幅広いメイクテクニックと、独自の審美眼で語る美のセオリーと格言は、多くの女性から熱く支持。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

Q ファンデーションのあとはフェイスパウダー仕上げが最強ってホント?
A:半分ホント、半分ウソ

「クリームファンデーションや重めのファンデーションを使ったときは、フェイスパウダーで仕上げたほうがよいですが、シンプルに肌を仕上げているときにフェイスパウダーをのせてしまうと、粉感が出てしまうのでNG。粉っぽさがない、透明なプレストパウダーをブラシでのせるのがおすすめです」(小田切さん)

 

初出:ファンデーションのあとはフェイスパウダーが必須ってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

フェースパウダーの形状にはルースパウダーとプレストパウダーがある

「プレストパウダー」や「ルースパウダー」といった、ベースメイクの仕上げに使うことで化粧崩れや肌のテカリを防いでくれるパウダーのことをいいます。化粧のヨレをカバーし表面をサラサラに仕上げてくれるので、オフィスや外出先などで化粧直しをするときにもおすすめです。最近はこれに加えてクッションタイプのものも出てきています。

ルースパウダーとは?

Check
  • 粉状のサラサラとしたパウダー。
  • テカリやヨレが気になる人におすすめ。
  • 肌に密着し、長時間美しい状態をキープ。

プレストパウダーとは?

Check
  • パウダーをギュッと圧縮したような固形の形状。
  • 「毛穴カバー」「厚塗り防止」「美肌効果アップ」の3つの特徴がある。
  • 固まっているため持ち運びに便利で、出先のお化粧直しにも◎

初出:読者が投票!プチプラなのに超頼れる、フェースパウダー人気おすすめ

記事を読む

ルースパウダーよりもプレストパウダーの方が粒子が細かい

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

Three Peace所属。端正な美しさとトレンド感を兼ね備えた理論的なメイク提案には美容業界にもファン多数。女優やアーティストのヘア&メイクも多数手掛ける。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

ルースパウダーよりも、粒子が細かいプレストタイプは毛穴悩みさん必携です。下地+ファンデーションでほとんど気にならなくなった毛穴レスの状態をフィックスさせる意味合いで、プレストパウダーを最後にのせます。


初出:頬がたるんで毛穴が目立つ…いつものベースメイクの塗り方を変えるだけでナチュラル美人肌に!

記事を読む

フェイスパウダーを使う「基本の順番」はベースメイクの中の最後!

【STEP1】まずは下地を塗る

ヘア&メイクアップアーティスト

北原 果さん

色選びが秀逸で、さらりとおしゃれな今っぽ顔に仕上げるアーティスト。誰でも挑戦できるメイクテクニックで魅力を最大限に引き出す、次世代のカリスマ!

テカりやすい部分に下地をオン。テカりを抑えながらもパサつかない下地を、特によれやすいTゾーンと頬に仕込む。優しくトーンUPすることで、立体感もUP。

【STEP2】ファンデーションを塗る

ファンデを薄く塗る。落ちにくいリキッドファンデを肌全体に。薄ーくのばしてからスポンジでなじませると、さらにピタッと密着。

【STEP3】コンシーラーで細かい荒を隠す

コンシーラーでキワをカバー。くま、小鼻の赤みなどは、カバー力と密着力に長けたコンシーラーで対応。気になる部分に塗布したら、乾く前に指で手早くなじませて。

【STEP4】パウダーをなじませる

肌全体に薄くパウダーをなじませる。アイテムを塗り重ねると肌がくすみがちなので、透明感をプラスする意味でも最後のパウダーはマスト。全体に薄く塗ってサラサラ肌に。


初出:この夏必見! 汗にもマスク摩擦にも負けないベースメイク|ポイントは複数アイテムを薄く重ねること

記事を読む

「ブラシ&パフ」を使った塗り方

ブラシを使った塗り方

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田 知子さん

本誌ほか多くの女性誌で活躍中。モード感あふれるハイセンスな色使いを、真似しやすい絶妙なバランスに落とし込む。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

(1)たっぷりしたフェースブラシに粉を含ませて、手の甲で余分な粉を落とす。ひとはけしたときに、粉感が出ず、ついてるかわからないくらいの薄さで十分。

(2)テカりやすい額からスタート。額の中央から外に向かってパウダーをのせていく。下のパウダーファンデーションがとれてしまわないように優しいタッチが原則。

(3)パウダーをブラシにつけ直して、頬の中央から外に向かって優しいストロークでつけていく。ブラシの余りで鼻筋、小鼻、あご先にもオン。

(4)パウダーをつけなおさずにブラシの余りでそのまま、フェースラインの下から首までさっとひとはけしてなじませて、顔と質感をつなげる。


初出:パウダーがこれからの必需品!パウダーファンデ×フェースパウダーで“ほの艶”な柔肌仕上げに【美的GRAND】

記事を読む

毛穴が気になる人は小さめのブラシを使って

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

Three Peace所属。端正な美しさとトレンド感を兼ね備えた理論的なメイク提案には美容業界にもファン多数。女優やアーティストのヘア&メイクも多数手掛ける。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

ルースパウダーをブラシで垂直に当て磨き塗り

ルースパウダーで全体にふんわりのせるとムラになるので、毛穴部分にはブラシを垂直に当て磨き、残りは全体に、と使い分けます。

【STEP1】
少し小さめのブラシを使って。毛穴が気になる人は、少し小さめのフェースブラシを持つのがおすすめ。小鼻までしっかりフィットします。

【STEP2】
残りはブラシを大きく動かして。小鼻や頬などに垂直にのせた後、ブラシに残った量のパウダーを、顔全体にのせます。


初出:毛穴落ち解消テク|ルースパウダーをブラシで垂直に当てて磨き塗り!

記事を読む

パフを使った塗り方

ヘア&メイクアップアーティスト

河嶋 希さん

モデル本来の美しさを引きだすのはもちろんのこと、等身大でありながらもトレンドをおさえた1ランク上の愛され顔に仕上がるため、ティーンからミセスまでとにかく幅広い世代の女優・モデルからの信頼が厚い。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

【STEP1】
まずはよれやすい目の周りから。フェースパウダーを付属のパフに薄くもみ込み、まずは上下まぶたに薄くつける。まばたきでよれやすい部分をフィックスさせて。

【STEP2】
小鼻につけて清潔感アップ。パフを折った端を小鼻に軽く当て、パウダーをなじませる。小鼻のテカりが抑えられ、毛穴も目立たなくなって清潔感が出る。

【STEP3】
パフに残ったものを顔全体に。パフを広げ、顔全体にさらっと薄くつける。 フェースラインから内側に向けてつけると、中心部に自然なツヤが残って生き生き感が。

【STEP4】ハンドプレスで肌になじませる。仕上げに忘れてはいけないのが、顔全体のハンドプレス。表面に浮いたパウダーを肌に密着させることで、ツヤ感のある仕上がりに。


初出:一刷けでキメが整う万能オイルインパウダーで、サラツヤ肌を手に入れる!

記事を読む

フェイスパウダーの上手な使い方テクニック【4選】

【1】ニキビを徹底カバーするテク

ヘア&メイクアップアーティスト

北原 果さん

色選びが秀逸で、さらりとおしゃれな今っぽ顔に仕上げるアーティスト。誰でも挑戦できるメイクテクニックで魅力を最大限に引き出す、次世代のカリスマ!

Q.ニキビをパーフェクトにカバーしたいんです!
A.コンシーラーとパウダーをミルフィーユ塗り

「異質感のアイテムを組み合わせるのは落ちないベースメイクの鉄則。ニキビも同様、リキッドコンシーラー×パウダーを重ねることで、強度がぐんと上がります。ただし、重ねる分、“薄膜”を意識して!」(北原さん)

【STEP1】
ニキビサイズでコンシーラーをオン。コンシーラーをニキビのジャストサイズでちょこんと塗ったら、輪郭のみを小指やコンシーラーブラシで慎重になじませる。

【STEP2】
フェースパウダーを優しく重ねる。透明感を引き出すフェースパウダーをブラシにとり、コンシーラーの上にふわっと重ねる。【STEP1】・【STEP2】をもう1度繰り返したら完成。


初出:【ニキビカバー法】コンシーラーとパウダーのミルフィーユ塗りが効果的!? 人気H&Mがポイントを解説

記事を読む

【2】くずれないメイクを完成させるテク

ヘア&メイクアップアーティスト

長井 かおりさん

雑誌で活躍するのはもちろん、自身のSNSでヘア&メイク動画を精力的にアップ。オンラインでのメイク映え法を知り尽くしている。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

ベーシックなパウダーでOK!サラリとしたルースパウダーで固めて皮脂・汗・涙の影響を受けづらく

肌全体を薄膜で覆うように。
「ファンデーションを塗ったらルースパウダーで覆います。ファンデの固定が目的なので、パール入りとかオイルインとかではなく、シンプルなものでOK。色もクリアか薄色で。微粒子のものでキメ細かくなめらかに仕上げて。」(長井さん)

よく動く目周りやくずれやすい小鼻に。ミニブラシで部分的に追いパウダーをして無敵ベースの完成!

アイシャドウのにじみやヨレも防ぎます。
「まばたきをする目周りは動きによってくずれやすい部分。ここと、皮脂で特にくずれやすい小鼻の2か所は、小回りの利くブラシでパウダーを重ねます。おすすめは大きめのアイシャドウブラシ。小鼻にもちょうど良くフィットします。」(長井さん)


初出:くずれないベースメイクの作り方|優秀ルースパウダーで皮脂・汗・涙の影響を受けない無敵ベースの完成!

記事を読む

【3】アイメイクを崩さないテク

メイクアップアーティスト

レイナさん

早稲田大学在学中にメイクアップスクールにも通う。化粧品会社勤務を経て独立。小学館より『コンプレックスを解く本当にちょっとしたメークの法則』を出版。また、主宰の「クリスタリン」ではプライベートメイクレッスンやメイク講座も行う。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

Q. 汗でマスカラやアイライナーが流れてパンダ目に。落ちにくくするには?
A. 目の下にプレストパウダーをスポンジで密着させておいて

「アイメイクの前に、上まぶたと下まぶたのキワに皮脂吸着タイプのプレストパウダーをのせて肌をサラサラにしてみて」(レイナさん)


初出:「“汗に負けない眉”ってどう作ればいいの?」 夏のメイクを崩さないメイクアイテム&テクニックをプロが伝授!

記事を読む

【4】日中のお直しメイクテク

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

Three Peace所属。端正な美しさとトレンド感を兼ね備えた理論的なメイク提案には美容業界にもファン多数。女優やアーティストのヘア&メイクも多数手掛ける。
関連記事をCHECKをチェック ▶︎

日中のお直しも重要!ティッシュを1枚だけ使い、プレストパウダーを薄~く重ねる

(1)2枚重ねのティッシュを1枚だけ。2枚重ねのティッシュを1枚だけ使うと、皮脂をより抑えられる。折り畳んで、おでこや小鼻を押さえます。

(2)プレストパウダーをオン。朝に仕上げで使用したプレストパウダーを、気になる部分にのみパフで追加。全顔直すと重くなりすぎます。


初出:「テカり、よれで朝の仕上がりが続かない…」メイクをくずれさせないマル秘テクを人気H&Mが伝授!

記事を読む

【2021年上半期ベストコス】フェースパウダーランキング

【1位】ディオール ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー ラベンダー


価格容量発売日
¥7,70010g2021-03-05全4色

超微粒子×ラベンダー色が理想の透明美肌を演出!使えば虜になるとラブコールが。水系成分を25%も配合した、みずみずしいルースパウダー。特殊3D構造パウダーが光を多方向に反射させ、小ジワや毛穴などをカムフラージュ。保湿しながら、皮脂、汗、テカりを抑え、サラツヤ肌を8時間キープ。

【美容賢者の口コミ】

【美容賢者】村花 杏子さん / ライター

村花 杏子
さらっとした質感でマスクをつけていても快適。厚塗り感は全くないのに、肌の粗は光で自然にとばせる!

【美容賢者】天野 佳代子さん / 美的GRAND編集長・美容エディター

天野 佳代子
潤ったようなツヤで肌を包み、明度も透明度も高める

【美容賢者】北原 果さん / ヘア&メイクアップアーティスト

北原 果
ほわっとした自然な美肌になれるし、長時間くずれない

【美容賢者】安井 千恵さん / 美容ライター

安井 千恵
つるんとなめらかフォギーな質感が魅力!パクト入りのクッションパウダーの形状が使いやすく、もち運びにも便利

【美容賢者】中尾 のぞみさん / 美容エディター

中尾 のぞみ
粒子が細かく、毛穴落ちはいっさいなし。潤った感じの艶やか肌が続き、本当に肌が乾かないから、くずれ知らずです

ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダーの詳細・購入はこちら

【2位】ジバンシイ プリズム・リーブル


価格容量
各¥7,4803g×4全4色

4色で光が差し込んだような美肌へ。誕生から32年、今作6代目となるプリズム・リーブル。4色をブレンドすることで複雑な肌色を表現し、オーラを放つ輝き肌をかなえる。

【美容賢者の口コミ】

【美容賢者】林 由香里さん / ヘア&メイクアップアーティスト

林 由香里
肌にすっと溶け込むようになじみ、ヴェールを1枚かけたような透き通った肌質感になれる

【美容賢者】山本 未奈子さん / 美容家

山本 未奈子
補正力が高く、くすんだ肌も一気に晴れやかに。うるツヤ感のある、クリアな仕上がりはクセになる

プリズム・リーブルの詳細・購入はこちら

【3位】THREE(スリー)アドバンスドエシリアル スムースオペレーター ルースパウダー 2


価格容量発売日
¥6,05010g2021-02-24全2種

粉感ゼロの極薄膜で光沢肌を実現。

【美容賢者の口コミ】

【美容賢者】大塚 真里さん / エディター

大塚 真里
超微粒子でつけた感ゼロ!サラサラとしっとりのバランスが絶妙な快適肌になれる

【美容賢者】越後 有希子さん / エディター/ライター

越後 有希子
ひと塗りで毛穴が“スンッ”となくなることから、“スン粉”の愛称でバズっていることに納得の逸品

アドバンスドエシリアル スムースオペレーター ルースパウダーの詳細・購入はこちら

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事