メイクHOW TO
2018.2.15

一重&奥二重の小粒目さん必見! すらり眉×まろやか目ヂカラの基本の作り方|おすすめアイテムも!

【すらり眉×まろやか目ヂカラ】眉と目のバランスと考えるとき、まず軸にすべきは自分の目の大きさ。「小粒目」系か、「大粒目」系かで、目指す眉とのメイクバランスは違ってきます。それぞれのセットメイクの“基本のき”から、応用編のプチ印象チェンジテクニック、美的クラブのお悩み解消まで、「眉×目」メイクの最新をお届けします。まずは、小粒目さんの目指すべき眉×目のバランスを徹底解説します!

目指すはすらり眉【使用アイテム】

70co2
A. しっとりした感触でなじみ、皮脂や汗に強いのが特徴。
ジルスチュアート ブロウ&ノーズシャドウ パウダー 02 ¥3,200

B. のびが良く、ぴたりと密着してくずれにくいのが魅力。
イプサ クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++ ¥3,500

C. 小回りの利く小さめサイズのスクリュー。反対側にはコシのあるアイブロウブラシがセット。
ベアミネラル ブロウ マスター ブラシ ¥2,500

メイク方法

7011
1. コンシーラーで眉の輪郭を引き立たせる
中間〜眉尻にかけての輪郭のうぶ毛をBのコンシーラーでカバーし、アウトラインをスッキリと。このひと手間でぼんやり感のない大人っぽキレイな眉に。

7012
2. アイブロウパウダーで眉山~眉尻をシャープに描く
Aをブレンドし、自眉よりやや濃いめの色で眉山〜眉尻を描きます。眉尻は口角と、目尻から水平に5mm外側の延長上に設定、エッジをシャープに描いて。

7013
3. 中間~眉山までぼかすように埋める
2より少し明るい色になるようAを混ぜ、太めのブラシで中間〜眉山をふんわり描きます。くっきり描きすぎないことで顔から浮かない柔らかい印象に。

7014
4. 眉頭はブラシに残ったパウダーをほんの少しオン
眉頭の1cmは“いかにも描きました感”が出やすいエリアなので、のせすぎ厳禁! 3でブラシに残ったパウダーをそっと足すくらいで充分。

7015
5. スクリューブラシで全体の毛流れを整える
眉頭は下から上、それ以降は眉尻に向かって横にCのスクリューブラシを動かして。上品なすらり眉に整えると共に、パウダーのなじみもUP。

\すらり眉の完成!/
701

目指すはまろやか目ヂカラ【使用アイテム】

70co1

A. ダマにならずふさふさまつげに。
エレガンス フルエクステンション マスカラ BK10 ¥4,000(2月18日発売)

B. スルスルと描ける自然な引き締めカラー。
カネボウ化粧品 ルナソル シャイニーペンシルアイライナー EX08 ¥2,000(限定品)

C. 太さの異なる2種の筆が両端に。
カネボウ化粧品 キッカ リキッドアイライナー W EX01 ¥4,500(限定品)

D. つけ心地しっとりなスフレ感触。
コスメデコルテ アイグロウ ジェム BE386 ¥2,700(2月16日発売)

メイク方法

7021
1. アイホールより少し広めにアイシャドウをのばす
Dを指にとり、のっぺりとしたまぶたにナチュラルな立体感を出すべくアイホールより少し広めの範囲にオン。繊細な輝きで程よい華やかさもプラス。

7022
2. ビューラーでまつげの中間~毛先をカールUP
根元からしっかりまつげを立ち上げると、小粒目さんの場合まぶたがかぶさったり不自然に見えることが多いので、中間〜毛先を緩くカールするのが◎。

7023
3. ブラウンのリキッドライナーでまつげの隙間を埋める
まぶたを指で軽く持ち上げ、下側からCのリキッドライナーの先端でまつげの隙間を埋めます。まつげの密集感を高め、目元のフレームラインを強化。

\目尻は水平に5mm延長/
7024
4. ブラウンのペンシルライナーでまつげのキワにラインを引く
目頭から目尻までソフトな質感のBのペンシルでキワ全体にラインを引きます。質感の異なる2種のラインを重ねることで、まろやかだけれど強い目元に。

7025
5. 上まつげのみマスカラをつける
小粒目さんはまつげが薄い人も多いので、ボリュームマスカラを使用。キワに描いたラインとかぶらないよう、あまりもち上げずにつけるのが正解。

\まろやか目ヂカラアイの完成!/
702

 

 

『美的』3月号掲載
撮影/中島 洸(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(モデル/Three PEACE) モデル/千国めぐみ 構成/安井千恵、野澤早織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事