メイクHOW TO
2018.2.15

大切なのは眉と目のバランス! 美人インスタグラマーが教える最旬メイクテク

完璧な目と眉のメイク写真を立ち上げ、大人気のインスタグラマーたち。もともと整っているんでしょ?と思いきや、彼女たちにも人知れずコンプレックスがあったのです。努力で生み出した驚きのメイクテクニックを、誌上で完全再現してもらいました。

インスタグラマー・yuna_natsuseさんのお悩みは…
「細眉とくっきり二重でハデになりやすい!」

BEFORE 抜きすぎて眉全体が細い…すっぴんでも目力が強い…
kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0357-2

AFTER 左右対称の自然な太眉に!目力が適度にオフ!
kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0507-2

眉パウダーで上下に太さを調整&大粒ラメの輝きでふんわりアイへ

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0426-2
やや太めに眉を作るとアイメイクを頑張らなくても目元が引き締まり、 抜け感のある旬の仕上がりに。大粒ラメの輝きで二重のラインをぼかすのもハデ顔予防のポイントです。

point 【眉】

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0484-2
眉尻を濃くしてグラデーションをつけ、上下に太さを足しつつも柔らかさをキープ!

使用アイテム

kd_bemasu12714-2
1. カシミヤブラウン。
M・A・C スモール アイシャドウ ソバ ¥2,500

2. ブロンドベージュ。
M・A・C ブロウ セット ガール ボーイ ¥2,600

3. ベージュブラウン。
M・A・C アイブロウ リンガリング ¥2,400

4. リキッド、パウダー、ペンシルが1本に。
カンタービレ ナチュリング 3ウェイ アイブロウ 02 ¥1,650

5. 温もりのある16色のアイカラーがイン。
セレンディップメイクアップレボリューション アイラブチョコレート ヴァイス ¥2,200

point 【目】

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0481-2
中央に大粒ラメをのせピュアな眼差しに演出

使用アイテム

kd_bemasu12715-2
6. 途中で折れずに美しく伸びる極細繊維入り。
ディー・アップ パーフェクトエクステンションマスカラ ¥1,500

7. ふんわり強い目力へ導くウッディブラウン。
資生堂 スーパーキープ リキッドライナー BR621 ¥950(編集部調べ・2月21日より限定発売)

8. ぬれたような輝きが魅力的な大粒ラメカラー。
アディクション ザ アイシャドウ マリアージュ ¥2,000

メイク方法

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0367-2

STEP.1 ライトカラーで中間を太くする
ライトブラウンのアイシャドウを眉ブラシにとり、眉頭と同じ太さになるよう中間を補う。全体的に濃くなりすぎないよう明るい色のパウダーを使うのがコツ。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0376-2

STEP.2 眉ぺンシルでムラをなくす
1でパウダーがつかなかった部分やもとから薄くてまだムラが目立つ部分を、眉ぺンシルで埋めていく。力を入れずに左右へ小刻みに動かし、均一の濃さにして。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0378-2

STEP.3濃い色のパウダーを眉尻へオン
アイパレットの一番左の列の真ん中と左から4列目の真ん中のブラウンを混ぜてアイシャトドウよりも濃い色を作り、眉尻の形を整える。眉尻に向かって濃くなるグラデーションをつけることで、太くしても自然に。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0381-2

STEP.4 立ち上がった毛並みを眉頭に再現
yuna_natsuseさんは向かって左側の眉の方が、眉頭が薄め。右の眉頭と同じ濃さになるよう、リキッドアイブロウを使って下から上へ1本ずつ線を描いて整える。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0385-2

STEP.5 眉マスカラでトーンアップ
眉尻から眉頭へ眉マスカラを塗った後、毛流れに沿って眉頭から再度滑らせる。始めに毛流れに逆らって塗ることで根元からしっかり染まり、自然な仕上がりに。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0390-2

STEP.6 ブラウンラインを目尻側へ引く
目元が締まりすぎないよう、ブラウンのリキッドアイライナーを使用。黒目の外側から目尻よりも5mm程まっすぐ延長させて目幅を拡張し、抜け感を作るのもコツ。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0395-2

STEP.7 マスカラを丁寧に塗っていく
黒のマスカラは、ブラシが小さく下まつげもキャッチしやすいのが特徴。少しずつ重ねてはコームを使ってセパレートさせ、すらりと伸びた濃密なまつげを目指して。

kd_20171204%e7%be%8e%e7%9a%84_0399-2

STEP.8 上まぶたへ大粒ラメをオン
肌なじみが良くアイメイクの色を問わないベージュゴールド系のラメカラーを、上まぶたの中央へのせて。目力をオフしつつも立体感は高まり、美形な目元へ。

その他の使用コスメ

kd_bemasu12704-2
リンメル ショコラスウィート アイズ ソフトマット 003 ¥1,600

kd_bemasu12705-2
コーセー ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム PK-9 ¥1,000(編集部調べ・2月16日発売)

kd_bemasu12711-2
コーセーコスメニエンス ファシオ カラーフィット ルージュ OR221 ¥1,400

 

教えてくれたのは…
kd_img_4398

インスタグラマー・yuna_natsuseさん
外資系コスメブランドのBA時代に培ったメイクの知識と技術を惜しみなく投稿。個人メイクレッスンもあり。
>>https://www.instagram.com/yuna_natsuse/

 

『美的』3月号掲載
撮影/中島 洸(人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/yumi(Three PEACE・P.98、P100〜101)、胡蝶澤和久(Three PEACE・P.99、P102〜103) スタイリスト/河野素子(人物) デザイン/増田恵美 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事