メイクHOW TO
2017.5.12

顔伸びた…は「唇痩せ」のせい!? 加齢による薄唇をポッテリさせる方法

昔と比べて、「なんだか顔が長くなった……」と感じている方はいませんか? 顔が長く見えるのにはさまざまな原因がありますが、“唇が薄くなっている”可能性があるのです。

実は加齢に従って、唇のまわりの筋肉がしぼんだり、唇のハリや弾力がなくなることで唇が痩せてしまうことがあります。これが、老け顔の大きな原因に!

ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、唇をポッテリさせて美人顔をつくる方法を3つお伝えしたいと思います。

 

1:エクササイズでポッテリさせる

唇は、加齢とともに次第にポッテリ感が失われてきます。30代に差し掛かるころからその“唇老化”は始まってきます。

特にハッキリ現れるのが、上唇。山の部分が平らになって外に広がってくることで、鼻の下が長く見えてしまうのです。

以下の唇エクササイズをして筋力UPし、ポッテリ感をよみがえらせましょう。

【唇エクサ・プロセス】

(1)上唇・下唇を内側に巻き込んで10秒キープし、「パッ」と音を立てるように唇を開く(5回)

(2)唇を大きく動かすことを意識しながら、「イー」、「ウー」と発音するときの形を繰り返す(10回)

 

2:メイクで間延びした鼻の下を短くする

次は、メイクの力を借りて、間延びした鼻の下を短くする方法を紹介します。

方法はとても簡単。ブラシにオレンジ色のチークを取り、鼻の下にうっすらとのせるだけ。自然な陰影ができて、鼻の下と上唇の距離が短く見せることができます。鼻の下の溝の部分が一番濃くなるように乗せることがポイントです。

鼻の下が短いほど美人に、そして若々しく見えますので、ぜひチークを仕込んでくださいね。

 

3:ハイライトにオーバーリップ…唇メイクでポッテリ見せる

次は、リップメイクで唇をポッテリ見せる方法を紹介します。

【ポッテリ唇メイク・プロセス】

(1)コンシーラーで上唇の山と口角を消す

(2)口紅をリップブラシに取り、上唇をややオーバー気味に描く

(3)上唇の山の部分にハイライトを入れる(パールが入ったアイボリー・ベージュ系のペンシルライナーで細くラインを入れましょう)

(4)グロスを重ねる場合は、唇の上下とも中央のみに入れる

 

唇が薄くなると老けた印象になるもの。魅力的なグラマラスリップを目指してぜひ試してみてくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事