メイクHOW TO
2021.6.4

【基本〜顔型別】プロが実践する、小顔メイク「13の神ワザ」

\"\"

メイクで小顔は作れる!基本のテクから丸顔・面長・エラ張りといった顔の形悩みに合わせた小顔メイク術をご紹介します。人気ヘアメイクが教える、理想のフェイスラインに近づくシェーディングやチークの入れ方をたっぷりと。メイクテクをマスターして理想の顔型に近づきましょう♪

【基本】5つの小顔メイクテク

【1】プロがメイクを採点!小顔メイクに必須のシェーディング&ハイライト

ヘア&メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

Three Peace所属。サロン勤務後、メーキャップスクールを卒業。ヘアメイクアシスタントを経て独立。女性誌だけに止まらず、メンズ撮影や映像など様々なジャンルに活動の場を置く。男女問わず、俳優、アーティスト、タレントなどのヘアメイクも手がける。
関連記事をcheck ▶︎

\やり方を動画でチェック!/

【自己メイク】
(1)パウダータイプのハイライトを上から額と鼻筋、頬へ塗る。

(2)顎、時間があるときは鼻下にも。

(3)スティックタイプのシェーディングを指で叩くようにしてのばす。

【自己メイクをプロが採点】
部分点は…

全体点は…

【How to】
(1)全体のベースを抑える

(2)クリームハイライトを涙袋から目頭へ。抜け感を足す。

(3)高めのゾーンにハイライトを入れる。

(4)練りタイプでのせたシェーディング部分にパウダータイプのシェーディングを重ねる。側面をシェードで締める。

【2】顔の下半分のボリュームをカットする「シェーディング」テク

ヘア&メイクアップアーティスト

AYAさん

藤原美智子さんに師事後、LA DONNAに所属。透明感あふれる肌作りと繊細なメイクに定評がある。著書は『AYA MAKE』(宝島社)
関連記事をcheck ▶︎

【BEFORE】
贅肉がいっさいなく、シェーディング不要に思える顔だちでも…

【AFTER】
フェースラインがさらに締まって見え、余白も消えた!

「きめ細かく繊細な質感のパウダーと、大きなブラシを使うのがコツ。あごのかみ合わせを起点にふわっと入れれば、ムラになりにくいです」( AYAさん・以下「」内同)

Check
  • かみ合わせを起点に顔の側面へふわっと入れる
  • 額の左右にもなじませて

【How to】
(1)かみ合わせを起点に顔の側面へふわっと入れる
シェーディングパウダーをブラシに含ませる。あごのかみ合わせを起点に、ブラシを斜め上、真横へと動かして顔の側面に塗る。

(2)フェースラインにもふんわりと
ブラシをかみ合わせの位置に戻し、フェースラインに沿ってなじませる。そのままあご下に向けてぼかすと、自然な仕上がりに。

(3)額の生え際にもなじませる
ブラシに余ったものを額の生え際になじませ、うっすら影を作る。反対側も1→3を同様に繰り返して。

【使用アイテム】

(右)クリニーク|パウダー ポップ フラワー ブロンザー

価格
¥4,400 ソーラー ポップ

しっとりと微細なパウダーが肌に溶け込むようになじみ、自然に引き締めてくれる。ノーズシャドウテクにも使える。

(左)SUQQU|フェイス ブラシ

価格
¥33,000

チークをつけるのに使ったフェースパウダーブラシを、シェーディングにも使用。

【3】「長めアイライン」で目幅を広げる

【BEFORE】
目尻とフェースラインの間にやや、余白あり

【AFTER】
目が大きく、顔の横幅が縮まって見え、目力もアップ!

「目幅が左右に広がるので、目の錯覚効果で顔の横幅が狭く見えます。描いたラインはアイシャドウでぼかせば自然な仕上がりに」

Check
  • 目尻から3〜5mm長く描き、アイシャドウでぼかし込む

【How to】
(1)まつ毛の隙間を丁寧に埋める
アイホールにベージュのアイシャドウを入れる。ブラウンのアイライナーで上まつ毛の隙間を埋めるように細くラインを描く。

(2)目尻のまつ毛より3〜5mm外側にのばす
目尻最後のまつ毛まできたら、外側に3〜5mmすっと線をのばす。目が小さい人は3mm程度、大きい人は5mm程度を目安に。

(3)ブラウンのアイシャドウでぼかし込む
ブラウンのアイシャドウを細いチップの先にとり、目の際に描いたラインに重ねる。長めに描いたラインも目元に溶け込む。

【使用アイテム】
シュウ ウエムラ|アンリミテッド 3D ジェル ペンシル M

価格
¥3,520 ダーク ブラウン

ハリを失った大人の目元にも優しくなじみ、自然な強さを与えてくれるのがダークブラウン。約1.5mmという細いペン先となめらかな描き心地を両立した、まつ毛の隙間埋めから目尻のラインまで繊細に描ける。

 

初出:顔の余白を無くしてシュッと小顔に!シェーディング&アイラインの入れ方のコツを人気H&Mが伝授【美的GRAND】

記事を読む

【4】キュッと小顔に見せる「逆3角チーク」

【BEFORE】
美人でも、チークなしだとのっぺりした印象。余白が気になりがち

【AFTER】
ベージュピンクの色と艶で頬がキュッと立体的な印象に!

「自然な艶のあるピンクベージュのチークを選び、逆3角形に入れると、頬につるんとした立体感が宿り、余白も埋まって小顔に見えます」

Check
  • 法令線のすぐ外側に逆3角形を作るように入れる

【How to】
(1)黒目の目頭側の延長線上がスタート地点
ブラシにチークを含ませ、ティッシュの上でなじませる。黒目の目頭側の延長線上、目の少し下を起点に、外側へブラシを動かす。

(2)法令線にかからぬように下側へ
(1)と同じ起点から、斜め下に向けてブラシを動かす。法令線にかからないよう注意して。程よく色づくまで(1)→(2)を繰り返しす。

【使用アイテム】

(右)SUQQU|フェイス ブラシ

価格
¥33,000

AYAさんがチークをつける際は、このフェースパウダーブラシを愛用。上質で柔らかい毛がチークの色を面でふわっとのせてくれるので、ムラにならず自然な仕上がりに。

(左)NARS|ブラッシュ

価格
¥4,070 4081

大人に程よい血色感を与えながら、肌に優しくなじむピンクベージュ。自然なツヤで頬に立体感を生み出す。

 

初出:キュッと小顔に見せるチークの入れ方|1テク30秒でたるんだ頬を引き上げる!【美的GRAND】

記事を読む

【5】「ノーズシャドウ」でのっぺり感を払拭して小顔印象に!

【BEFORE】
すっと鼻筋が通っているものの目と鼻がそれぞれ独立して見える

【AFTER】
顔中心の余白がノーズシャドウで埋まり、立体感のある小顔に!

「アイブロウパレットの淡い色で、眉頭の下のくぼみを強調するようにノーズシャドウを入れます。顔の中心部に立体感が出るだけで間延び感が薄れ、シュッとした小顔印象に」

Check
  • 眉頭の下のくぼみをなぞるようにノーズシャドウを
  • そのまま鼻の側面へすっとはらう

【How to】
(1)眉頭の下のくぼみをブラシでなぞる
アイブロウパレットのベージュ系の2色(★)をアイシャドウブラシで混ぜ、肌よりやや暗い色を作る。眉頭の下のくぼみに塗る。

(2)そのまま鼻の側面に沿わせて
そのままブラシを鼻の側面に沿わせ、小鼻の上ですっとはらう。反対側も1→2を同様に。この後、右端のパウダーで眉を描く。

【使用アイテム】

(右)カネボウ化粧品 ルナソル|スタイリングアイゾーンコンパクト

価格
¥4,620

ひとつで自然な立体感のある眉が描ける名品コンパクト。★印の2色を混ぜて、自分の肌よりもやや暗い程度のベージュ色を作る。

(左)SHISEIDO|NANAME FUDE マルチ アイブラシ

価格
¥3,080

丸みを帯びた斜めカットの形が目頭のくぼみにフィット。サイズもちょうどいい。

 

初出:脱・のっぺり顔!30秒で立体的な印象をかなえるノーズシャドウの入れ方【美的GRAND】

記事を読む

「丸顔」さん向け4つの小顔メイクテク

【1】斜めに引き上げながら「シャープ」にメイク

ヘア&メイクアップアーティスト

新見千晶さん

雑誌やCMのヘア&メイクはもちろん、美容コラムの執筆や著書も多数。わかりやすく丁寧なメイク提案に定評アリ!

【BEFORE】

【AFTER】

【How to】

  1. 顔の横幅が広い丸顔さんは縦のラインを意識。
  2. シェーディングはあご先からこめかみに引き上げるように。ハイライトは目の下、あご先に細長い逆三角形に、額から鼻筋にも広め長めに入れて立体感と縦幅を強調。
  3. チークは頬骨のラインに沿って斜め上に入れる。眉尻を鋭角に描くのも効果的。


初出:エラ張り、丸顔はシェーディング&ハイライトでカムフラージュ!

記事を読む

【2】「ノンパールシェード」で丸顔をカバー!

ヘア&メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

Three Peace所属。サロン勤務後、メーキャップスクールを卒業。ヘアメイクアシスタントを経て独立。女性誌だけに止まらず、メンズ撮影や映像など様々なジャンルに活動の場を置く。
関連記事をcheck ▶︎

\やり方を動画でチェック!/

Check
  • フェイスラインを挟むようにブラシを動かす。
  • シェードカラーはノンパールでブラウン系。

【How to】
(1)口をすぼめたときにできる影の部分に影をチェック。この影より下にシェードを入れる。

(2)もみあげから顎先に向かって、フェイスラインを挟むようにブラシでシェードカラーをのせる。

初出:【丸顔−シェード編】「シェードは色選びと入れる位置が大切。正しいシェードの仕方を身につけて!」|人気ヘアメイクのKUBOKIさんが動画で指南

記事を読む

【3】正しい位置に「チーク」を入れてお悩み解消

ヘア&メイクアップアーティスト

向井 志臣さん

Three Peace所属。資生堂の宣伝広告でのヘアメイクを中心に、商品開発やセミナー講師、雑誌撮影、ファッションショーなど多岐にわたり活躍。
関連記事をcheck ▶︎

\やり方を動画でチェック!/

Check
  • 位置は顔の真ん中!チークを挟んで、顔の上下の余白は同じくらいに。
  • 内側から外へブラシを水平にスライドさせて横に入れる。
  • チークの幅は3~4cmくらいがベスト。

【How to】
(1)チークを入れる位置を確認。額と顎の真ん中(=顔の真ん中)に入れる。置いたブラシの上下同じくらいの余白を残しておく。

(2)顔の内側から外側へ向けて、ブラシを水平にスライドして色をのせる。生え際まで色をのせず、生え際から縦指2本分の余白を残す。

初出:【丸顔<チークの位置・入れ方>編】「チークは入れる位置と顔の余白のバランスが重要!自分の骨格と照らし合わせて正しい位置にチークを入れて!」|人気ヘアメイクの向井志臣さんが動画で指南

記事を読む

【4】「暗めベージュチーク」でシャープな印象に

ヘア&メイクアップアーティスト

yumiさん

Three Peace所属。トレンドをその人らしく落とし込むメイクに定評あり。メイクレッスンや美容誌、ファッション誌、映像などさまざまなジャンルで活躍中。男女問わずモデルや女優、アーティストからの指名も多数。
関連記事をcheck ▶︎

【BEFORE】

【AFTER】
女性らしさがあふれる愛され小顔に

【How to】
(1)耳の下から頬骨までふんわりのせて
「美しい仕上がりの要はブラシ。チークを毛量のあるブラシにとったら、耳の下から頬骨に向かってオン」( yumiさん・以下「」内同)

(2)あご先を避けたフェースラインにも一はけ
「あごへの骨格に入れて、シェーピング効果を狙って。シアーだから、生まれつきのような陰影が作れる」

【使用アイテム】
SUQQU|ピュア カラー ブラッシュ

価格
¥6,050 09

ライトブラウンからやや赤みを含むベージュのグラデーションチーク。表情を引き締め、洗練された血色感を演出。

 

初出:丸顔さんは暗めベージュチークが正解! SUQQUのチークを使ったメイクテク大公開!

記事を読む

「面長」さん向け2つの小顔メイクテク

【1】「“こ”の字」チークで簡単にカバー

ヘア&メイクアップアーティスト

KUBOKIさん

Three Peace所属。サロン勤務後、メーキャップスクールを卒業。ヘアメイクアシスタントを経て独立。女性誌だけに止まらず、メンズ撮影や映像など様々なジャンルに活動の場を置く。
関連記事をcheck ▶︎

\やり方を動画でチェック!/

Check
  • チークを「こ」の字にいれて、横幅をだす。
  • ぼかしやすいパウダーチークを。

【How to】
(1)にこっと笑って頬が高くなる位置をチェック。

(2)高い位置の上と下に「こ」の字を描くようにチークを入れる。ブラシは頬骨に向かうように動かす。

初出:【面長が気になる−チーク編】「チークを“こ”の字に入れて横幅を出せば、簡単に面長がカバーできる!」|人気ヘアメイクのKUBOKIさんが動画で指南

記事を読む

【2】「柔らかベージュ」チークでしゅっと小顔に

ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん

女性誌をはじめ、広告、セミナーなどにも引っ張りだこの人気アーティスト。わかりやすく簡単で取り入れやすく、確実にかわいくなれるテクニックが支持を集める。著書も多数。
関連記事をcheck ▶︎

「面長の人は頬がこけて見えやすいので、ベージュでも少し赤みを感じる色を選ぶとヘルシーな雰囲気に。頬全体に広めに入れて面積を引き締めた後、高い部分に横線を描くように重ねて、輪郭の縦長感を減らしましょう。1色でも立体感を出せる入れ方です」( 長井さん)

【How to】
(1)チークブラシにチークをしっかり含ませ、手の甲などで量を調節。まずは頬の高い部分を囲むように、頬全体に幅広く入れる。

(2)ブラシの先端にチークを少量足し、頬の高い部分を通って真横に細くライン状に入れる。横のラインができることで面長感を払拭。

\頬全体に広く入れ、高い部分に重ねて立体感/

【使用アイテム】
THREE|チーキーシークブラッシュ

価格
¥3,300 21

引き締めつつヘルシー感も出せる、しっかり焼き込んだようなレンガ色。さらっときめ細かくツヤがあるので、頬に丸みと立体感が出やすく、肌がキレイに見える効果も。

 

初出:面長顔をすっきり小顔に!「柔らかベージュ」で“しゅっと”顔にするチークテクニック

記事を読む

「エラ張り」さん向け2つの小顔メイクテク

【1】耳の前にも「ローライト」をプラス

ヘア&メイクアップアーティスト

小田切 ヒロさん

LA DONNA所属。藤原美智子氏に師事。ナチュラルからリアルモード、ハイファッションまで幅広いメイクテクニックと、独自の審美眼で語る美のセオリーと格言は、多くの女性から熱く支持。著書は『小田切流小顔道 自分でつくるキレイで、人生を変える』(講談社)、『大人のキレイの新ルール 捨てる美容』(世界文化社)、『美容中毒』(幻冬舎)。
関連記事をcheck ▶︎

【BEFORE】

【AFTER】

【How to】

  1. 輪郭の1cm内側へ入れる基本テクにプラスし、耳の手前1cmにもローライトを入れる。
  2. 入れるだけでなく、エラやあごの裏側までスポンジを使ってのばし切ることも大切なポイント。


初出:「パーツが小さめで顔の余白が目立ちます…」人気ヘアメイク小田切ヒロさん流メソッドで『美的』読者が小顔に変身

記事を読む

【2】顔の上部に「光」を集めてバランスを整えて

ヘア&メイクアップアーティスト

新見千晶さん

雑誌やCMのヘア&メイクはもちろん、美容コラムの執筆や著書も多数。わかりやすく丁寧なメイク提案に定評アリ!

【BEFORE】

【AFTER】

【How to】

  1. エラが張っていると顔の重心が下がって見えがち。角張った部分に丸みをもたせながら、顔の上部を明るくしてバランスを整えて。
  2. エラ、生え際にシェーディングを入れて丸みをもたせ、ハイライトで額を丸く高く強調。
  3. チークはやや外側に大きめのだ円形で入れて。


初出:エラ張り、丸顔はシェーディング&ハイライトでカムフラージュ!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事