健康・ヘルスケア
2018.10.29

「膣トレ」or「肛筋トレ」あなたに合うのはどっち? 美くびれを作るためのトレーニング

体重は変わっていないのに、年々おなか周りのお肉が気になってきた…という人に朗報! 誰にも気づかれず、毎日続けやすいこのふたつのトレーニングを極めれば、ぽっこりおなか→くびれおなかも夢じゃない! まずはあなたに合うトレーニング法をチェックして。

今すぐCheck! あなたが向いているのはどのタイプ?

18-8-6-%e7%be%8e%e7%9a%84-5099

タイプA

□ 体のゆがみも整えたい
□ 出産経験がある
□ 尿もれが気になる
□ 反り腰が気になる
□ 肩こり、腰痛がある
□ 代謝を上げたい

タイプB

□ 骨盤のゆがみが気になる
□ 便秘がち
□ 面倒くさがり
□ ヒップアップしたい
□ 美脚になりたい
□ 全身を程よく引き締めたい

Aが多い人は膣トレ、Bが多い人は肛筋トレが向いています!

まずはメカニズムを解説!「膣」や「肛筋」を鍛えると、おなかやせに効くんです!

骨盤底筋群が鍛えられて、骨盤のゆがみが整うから、ウエストがキュッ!

 

前から見た図
img148

下から見た図
btk11ck-illab
膣トレで締めるのは膣、肛筋トレで締めるのは肛門

「膣」や「肛筋」を締めるだけで、やせ体質が簡単に手に入る!

年齢を重ねるごとに気になる、おなかのたるみやくびれのなさ。今すぐ何とかしたい!けれどお金も時間もかけたくない!というワガママ女子にピッタリなのが膣トレ&肛筋トレ。膣トレを提唱する村田さんも肛筋トレを提唱する久嬢さんも、現在はくびれてシャープなおなかのもち主ですが、以前はぽっちゃりおなかに悩まされていたそう。

そんなおふたりがたどり着いたのが、膣または肛筋を「締め」て骨盤のゆがみと姿勢を正すことでした。膣や肛筋は骨盤を下から支える“骨盤底筋群”に含まれますが、加齢や出産などによりその力が低下。すると骨盤を横から支える腸腰筋の力も低下するため骨盤がゆがみやすくなります。そうすると、内臓が下がって下腹もぽっこり。さらに全身の筋肉が正しく使われなくなるため、二の腕や脚、背中など、全身に余計な脂肪がつきやすくなってしまうのです。それを食い止めてやせ体質に導くのが膣トレ&肛筋トレ!それぞれのコツやメリットとは?

「膣トレは、膣を締めながら全身をほぐすことで正しい姿勢に改善。骨盤底筋・横隔膜・多裂筋・腹横筋の4つのインナーマッスルも同時に鍛えられます。“ながら”トレーニングもOKなので、誰でも手軽にしなやかBODYが手に入ります!」(村田さん)

「肛筋トレは最初はお尻にボールペンをはさむだけ!旦那さんやお子さんと一緒に楽しくできるし、肛門周りの筋肉を鍛えるとヒップアップや美脚、便秘解消にも効果的です。美肌にもつながるので、ぜひ皆さんトライして!」(久嬢さん)

膣トレと肛筋トレは、自分で続けられそうなものをどちらか選べばOK。今日からさっそく実践して、理想のおなかを目指しましょう!

 

膣トレを教えてくれたのは…
18-8-7%e7%be%8e%e7%9a%84_168139
姿勢改善トレーナー 村田友美子さん
1977年生まれ。yumicorebody主宰。専業主婦として3児の子を育てる傍らコアトレーニングに出合い、開眼。独自のボディメソッドで多くの女性をしなやかBODYに導く。

 

肛筋トレを教えてくれたのは…
18-8-6-%e7%be%8e%e7%9a%84-5010
整体師・肛筋トレーナー 久嬢由起子さん
1982年生まれ。整体師として活動する中で肛門周りの筋肉に注目し、肛筋ストレッチを考案。食生活アドバイザーなど美容に関する資格も数多く所有する。

 

『美的』11月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/村田さん)、塩谷哲平(t.cube/久嬢さん)、John Chan(静物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.inc/村田さん)、相馬久美子(for blast/久嬢さん) スタイリスト/亀 恭子(村田さん)、坂下シホ(久嬢さん) イラスト/長谷川まき 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事