健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.11.30

サスティナブルな社会へ貢献! 日本発のナチュラルコスメ認定制度「JNOCA」でコスメ選びはこう変わる!

なんとなく肌に優しそう、多分環境にも良さそう…イメージ先行で、明確な基準がなかった日本のオーガニック/ナチュラルコスメに、わかりやすい基準が誕生!

日本初のナチュラルコスメ認定制度で私たちのコスメ選びはこう変わる!

「オーガニックであれば肌に優しい」はちょっと違う

kd_jnoca_1-b
植物や天然由来というキーワードや、ナチュラルな雰囲気のパッケージは肌に優しそう…ですが、オーガニックコスメには効果がパワフルで肌の刺激になるものや、エタノールや合成界面活性剤ほか、刺激成分が含まれている場合も。

 

でも、日本には明確な基準がなく、表記も混在

kd_jnoca_2
何をもって「オーガニックコスメ」「ナチュラルコスメ」とするのかわからない…それもそのはず、日本には明確な基準はありません。残念ながら、ほんのわずかに自然由来成分が配合されているだけでも「オーガニックコスメ」を名乗る製品もあるというのが現状なのです。

 

そこで、私たちがわかりやすく安心して良いものを選ぶための基準が誕生!

もちろん、厳しい条件を満たし、誠実にオーガニック/ナチュラルコスメを届けているブランドも数多くあります。だからこそ良いものを一目で見分けられる、わかりやすい基準の誕生は、私たちの商品選びのあり方を大きく変えるはずです!

 

JNOCA 共通の5つの条件

kd_jnoca_3-d
1-原料の90%以上に自然原料を使用している。
2-石油由来の成分を使用していない。
3-合成着色料、合成香料、合成防腐剤、合成ポリマー、石油由来の合成界面活性剤、旧指定成分、遺伝子組み換え植物を使用していない。
4-製造過程において動物実験をしていない。
5-CSR(企業の社会的責任)を意識し、サステナビリティを追求する取り組み・活動を行っている。

 

肌への優しさで選びたい人はJNOCA NATURAL (ジャノカ ナチュラル)が目印!

kd_jnocanatural%e5%b8%b8%e7%a3%90%e8%89%b2
「肌への優しさ」を重視し、JNOCA共通の5つの条件に加え、肌への刺激やアレルギーの原因になり得る「アルコール類を使用していない」ことも条件。敏感肌や肌コンディションが揺らぎがちな人はこのマークを参考にしたい。

 

環境への配慮で選びたい人はJNOCA ORGANIC (ジャノカ オーガニック)が目印!

kd_jnocaorganic%e5%b8%b8%e7%a3%90%e8%89%b2
原材料成分の環境へのこだわりを重視し、共通条件に加え「原料の5%以上に、オーガニック認証の原料を使用している」ことも審査項目に。化粧品を選び、使う立場として、環境にも配慮したいという人はこのマークを参考に。

 

JNOCA認証を通して、サスティナブルな社会へ貢献していきたい

2005年の改正薬事法施行以降、ナチュラル、オーガニックコスメ市場は大きく伸長し、消費者にとって選択肢が増える一方、ブランドの乱立により真摯に作られた化粧品が適切に手元に届かないというもどかしさが生じました。そこで、より安心して自分の意思で化粧品を選べるよう一般社団法人JNOCAを創設。JNOCAの審査項目をクリアすることは「実際にどのような成分が配合されているのか判断できない」懸念を払拭する明確な指標となります。この認証制度は今年の7月にスタートしたばかりでまだ認定商品は少ないですが、今後の日本の化粧品市場において、JNOCA認証がスタンダードな基準になり、消費者が望む選択に寄与できることを目標にしています。

一般社団法人 日本ナチュラル・ オーガニックコスメ協会 (JNOCA)代表理事 

大嶌修平さん



 

『美的』202012月号掲載
イラスト/糸井みさ 構成/村花杏子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事