ボディケア
2018.6.2

ヒップアップもかなう! 簡単FSEMエクササイズで夏までにスッキリ美脚に変身♪

全体的にやせるには時間がないけれど、露出の多くなる二の腕と脚だけでもすらりとできたら…それをかなえるのが、五感を刺激する新しいダイエットメソッド“FSEM(エフセム)”! 五感にアプローチして夏までにスッキリ二の腕&美脚をゲットしましょう。今回は、脚&ヒップをすっきりさせるストレッチ法を伝授!

>>まずは、FSEMエクササイズを始める前に自分にぴったりの味をチェック

自分に合う味がわかったら、さっそくエクササイズを開始! ストレッチを4つご紹介していますが、どれかひとつだけ行うのでもOK。全部行っても10分以内で無理なく簡単にできるから、ぜひチャレンジしてみて!

\脚は前後左右に伸ばすことでヒップとの境界線もハッキリ!/
p112-2

(1)太ももの裏~ふくらはぎを伸ばす

左脚でA〜Cを各20秒×2セット行ったら右脚も同様に
201806gfsem1
右脚を正面に出す
両手のひらを壁に当てて左脚をまっすぐ後ろに引き、かかとをしっかり床につけて太ももの裏~ふくらはぎを伸ばす。20秒間行ったら、床を利用して左足裏の皮膚をかかと側にずらすようにして、もう20秒間行って。

201806gfsem2
右脚を内側に!
右脚をクロスさせるように前に出して、同様のストレッチを。

201806gfsem3
右脚を外側に!
最後に右脚を外側に出すようにして同様に伸ばす。左脚も各2セットずつ行って。

p113-2
斜めから見るとこう!

(2)太ももの裏~ふくらはぎを伸ばす

右脚でA〜Cを各20秒×2セット行ったら左脚も同様に
201806gfsem4
最初は真っ直ぐ
壁の正面に立って左手を壁に添え、右手で右脚の甲をつかんで太ももの前面を20秒間伸ばす。2セット目は足の甲の皮膚を爪先側に引っ張りながら同様に。

201806gfsem5
爪先を内側に
つかんだ足の爪先を体の内側に向け、同様に2セット。

201806gfsem6
爪先を外側に
最後に爪先を外側に向けて同様に2セット行ったら、左脚でも同じストレッチを行って。

(3)股関節を伸ばす

左右各20秒×2セット

201806gfsem7
股関節&内ももを伸ばす!
普段閉じていることの多い股関節を開いて伸ばすことも大切。両脚を肩幅より少し広めに開き、右ひざを曲げながらゆっくり左脚の股関節と内もも全体を20秒間伸ばす。次に床につけた左足の裏の皮膚をさらに爪先側にずらすようにして、もう20秒。反対の脚でも同様に行えば、全身の血流もアップ!

p113-1
ここもポイント! 無理に伸ばすとケガの原因となるので注意!

(4)ハムストを伸ばす

右脚でA〜Cを各20秒×2セット。行ったら左脚も同様に

201806gfsem9
正面→内側→外側へ爪先の位置を移動。かかとを支点に股関節から動かして!
普通に立った状態から爪先は天井に向けてかかとは床につけ、右脚を正面(矢印A)に出してゆっくりと前傾姿勢をとってハムストリングスを伸ばす。20秒間伸ばしたら、かかとを支点にして脚の裏面全体の皮膚をかかと側に伸ばす感覚でもう20秒。正面(A)→内側(B)→外側(C)の順で行ったら、左脚も同様に。

201806gfsem8
猫背にならないよう注意!

 

>>二の腕やせはこちらから

 

教えてくれたのは・・・
p110-1
FSEM 開発トレーナー 庄島義博さん
しょうじま よしひろ/ボディチューニング(身体調整)のスぺシャリストとしてダイエットやボディメイクを指導すると共に、全国各地で後進育成のためのスクールや講演会を開催。モデルやトップアスリートからの信頼も厚く、著書『合う味ダイエット』(かんき出版)も話題。最近では五感専門家としてTVにも出演。

 

『美的』6月号掲載
撮影/城 健太(vale./人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/坂下シホ モデル/横川莉那 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事