小学館
  • CanCam
  • AneCan
  • Oggi
  • Domani
  • Men's Precious
  • Precious
  • 和樂
  • 美的
  • Woman Insight
  • 小学館女性インサイト研究所
美的.com
ボディケア
2017.6.17

しなやかボディは、毎日の生活習慣をちょこっと変えるだけで手に入るんです!


ヨガやストレッチに+α! 毎日の生活習慣を少し変えるだけで、しなやかボディへの近道に☆ 早速今日から始めてみませんか?

■ きちんと湯船につかって体が温まった状態でストレッチを!

1032btk6g0319
体が温まっていると筋肉痛も防げます!
「筋肉や筋は温まっている方が伸ばしやすいので、お風呂上がりにストレッチを行った方が効果的だし筋肉痛になる心配もなくなります」(竹田先生)

■炭水化物、特に白いごはんは抜かないこと

2032btk6g0319
白米はたんぱく質もとれる優秀食材!
「体の〝エンジン〟をかけることも大切。そのために炭水化物は必須。特に白米はたんぱく質までとれるので、きちんと食べましょう!」(菅原先生)

■ねぎやにらなど血液循環を良くする食べ物を積極的に取り入れて

3032btk6g0319
〝アリシン〟をとれば血液循環がアップ!
「体を柔らかくする第一歩は、血液循環を良くすること。ねぎやにらには〝アリシン〟という栄養素が含まれ、血液循環を良くしてくれるので、積極的にとるのがおすすめです」(城所先生)

■水分補給は一気ではなくこまめに。純粋な水がおすすめです!

4032btk6g0319
お水が足りていると体の動きもスムースに!
「諸説ありますが、水分補給は1日に、純粋な水だけで1ℓ以上は摂取しましょう。筋肉にも血液や水分が流れていて、水分が不足すると筋肉が固まりやすく、動きづらくなります。水を飲むのが苦手な人も、こまめに飲めばつらくありません!」(城所先生)

■長時間同じ姿勢で居続けるのは避けて!

5032btk6g0319
ずっと猫背でいると体幹が固くなるのでNG!
「集中していると、つい同じ姿勢で居続けてしまいがち。猫背になりやすい人はこまめに体を反らすなどして、バランスをとりましょう」(菅原先生)

■思考を柔らかくすることも大事!

6032btk6g0319
「体と心は連動しているので、固定観念が強かったり他人の意見を受け入れるのが苦手な人は、体も硬くなりやすいんです。マインド面の柔軟性も上げましょう」(城所先生)

■朝、起き抜けにレモン水を飲むと心も体も目覚める!

7032btk6g0319
美容効果も抜群だから毎朝の日課にして!
「レモン1/2個をミネラルウォーターにしぼり入れて飲むと、酸味で心身がシャキッと目覚めます。レモンに含まれるビタミンCにはデトックス作用があるし、クエン酸には疲労回復効果も。歯の白さを守るため、ストローで飲むのがおすすめです!」(竹田先生)

 

バレエダンサー・講師
竹田 純先生
『ながら』ではなく、どこがどう伸ばされているのかに意識を向けながら、集中して行うのがポイント。そうするうちに、自分の体の状態がわかるようになります。12ステップありますが、疲れているからといってどれかだけを行うのではなく、1 回ずつでいいので全ステップ行って。毎日継続することが大切です。
201706gshinayakabody2
ホットヨガスタジオLAVA公認 ヨガインストラクター
城所恵美先生
きどころめぐみ/「人を健康で幸せに」するために、ヨガを中心にさまざまなメソッドを組み合わせてレッスンを提供。エクササイズインストラクターや振付師としても活躍中。

 

201706gshinayakabody3-0
トレーニングスタジオ アランチャ代表 ReebokONE アンバサダー
菅原順二先生
すがはらじゅんじ/ラグビー選手を経てパーソナルトレーナーに。体幹トレーニングと共に柔軟性を高める重要性を広げる活動を展開。全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

 

『美的』6月号掲載
撮影/城 健太(vale./人物) ヘア&メーク/yumi (Three PEACE) スタイリスト/坂下志穂 モデル/水戸セリカ(P.136~138)、横川莉那(P.139)イラスト/きくちりえ(Softdesign) デザイン/最上真千子 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む