ボディケア
2017.3.2

デスクワークの隙間時間にトライ! 肩こりがスーッと楽になる方法

[肩こり]充分寝てるのに肌がくすむ、いつも眠い、なんだか抜け毛が多い、ついイライラしがち。病院に行く程ではないけれど、なんだか気になっていたあんな症状、こんな症状。スッキリ解消するための方法を専門家の皆さんに教えてもらいました!

 

体の悩み

肩こりが激しくてつらいです/

宮崎麻弥さん
(会社員・32歳)

解決策
30分に1度は首や腰を動かして同じ姿勢を続けないこと!

 

主な原因
・運動不足
・長時間PCやスマホを見て同じ姿勢を続けることで、首から腰まで連動してこり固まる
・頭皮や目元がこっている

 

デスクワークやスマホウォッチングで同じ姿勢を続け、首や肩、背中、腰がガチガチな人が続出中!
「まさに運動不足。意識的に30分に1度は立ち上がったり軽くストレッチをして、体を柔軟に保つことが大切です!」と水井真理子さん。
慶田先生は「テニスボールなどをこった部位に当て、転がすように動かしたり、ストレッチポールの上に寝転がり、肩胛骨の間をほぐしましょう」と提案。
また、川辺さんも「頭を後ろへ倒して20秒、前に倒して20秒を、5セット行ってみて。血流がアップしてスッキリします」とアドバイス。固まる前に動かす、が鉄則です!

 

寝転がりながらこりをほぐして

1585ストレッチポールやテニスボールなどの刺激でこりをほぐすのを習慣に。特にお風呂上がりや寝る前が効果的。ストレッチポールは背骨全体が、テニスボールはピンポイントに伸びて、血流もリンパの流れもアップ。ぐっすり眠れます。左のストレッチポールは、程よい硬さで人気。LPN ストレッチポールEX(ネイビー) ¥8,500

 

首を前後にゆっくり倒してこりを解消!

1583デスクワーク中でも電車の中でもできる簡単ストレッチ。首を前後に20秒ずつゆっくり倒します。首から肩にかけての血流が巡り、目の疲れも取れます。

 

 

\私たちの悩みにアドバイスしてくださった美容賢者たち/

KohGenDoブランドディレクター 瀬戸口めぐみさん/美容愛好家 野毛まゆりさん/皮膚科・内科医 友利 新さん/トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん/『銀座ハリッチ』院長 川辺奈穂さん/『銀座ケイスキンクリニック』院長 慶田朋子さん/『神楽坂ストレスクリニック』理事長・院長 上田容子さん/毛髪診断士・ビューティプロデューサー 齊藤あきさん/『アヴェニューウィメンズクリニック』院長 福山千代子さん/美髪アドバイザー 田村マナさん

 

撮影/中田裕史 イラスト/片山智恵 スタイリスト/高橋尚美 デザイン/最上真千子 構成/峯島由衣・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事