ボディケア
2017.2.19

女性らしさアップも狙える!? 口とひざを閉じる “とじとじトレーニング”

いつの間にか開いている口とひざ。周りから、だらしがなく見えている可能性が……。トレーニング次第で、小顔や美脚、美しいボディラインも手に入るかも!今回は、オフィスでも実践できる基本の座り姿勢や、所作をご紹介♪

 

〈基本の座り方〉
座ったり立ったりするときも、骨盤を立てたままの姿勢を意識して。足を半歩後ろに引くと、体が安定します。この姿勢をキープできれば、ひざは自然と閉じます。

1391
A.半歩引く

椅子の前に姿勢よく立ち、片足を半歩引く。片足を引くことで重心が安定し、正しい姿勢をとりやすくなる。

 

13921
骨盤を立てた姿勢をキープしたまま、腰を下ろす。

 

1392
B.半歩戻す

座ったら、引いた足を元に戻す。

 

正しい座位で胸の位置も上がる

1394
正しく座ると、胸にもハリが。体幹の筋肉BOX上に胸が乗っているようイメージして。そうすると、あごのラインも引き締まり、口も自然と閉じます。

 

お尻をグッと寄せるとさらにひざ閉じ効果UP

1393
後ろから手を入れて、お尻の肉をグッと後ろに寄せるようにすると、さらに骨盤がまっすぐ立ちます。正しい姿勢で座るとラクだし、ひざも閉じる、という感覚を体で覚えて。

 

注意!
体幹がブレるとお口ポッカーンになりがち

ok
骨盤が後ろに倒れると、あごが前に突き出て、口元の筋肉が緩んでしまいます。内ももの力も抜けるので、ひざもオープン。NG姿勢でひざを閉じ続けるのは至難の業です。

 

口にもひざにも効く
〈あご位置矯正〉

あご先ではなく「えら上」を引くべし

ok1
姿勢を正してあごを引けば、口は自然と閉じます。ただし、このとき引くのはあご先ではなく、えら上(耳の前)辺りを意識するのが正解です。

 

注意!
マスク装着時は「油断ぽっかーん」になりがち

13912
マスクをしているときは、気を抜いてぽかーんとした表情になりがち。〝マスクをしてると楽だから〟と常用している人は表情の緩みに気をつけて。

 

24時間、ひざ締め姿勢をキープ
〈基本の所作〉

骨盤を立てた正しい姿勢が身につくと、所作も美しくなります。どんな体勢のときでもひざがきちんと閉じている、美的な人を目指しましょう!

かがむときも

13911
骨盤を立てた状態のまま、腰をストンと下へ落とします。立ち上がるときも同様に。下半身トレーニングにもなり、代謝UPのヤセ体質へ!

 

ついでにわきも締めましょう

13910
ひざと口を閉じた後は、わきも締めてもっと美人印象に! 人に物を差し出すときなど、わきを締めるように意識します。

 

 

お話いただいたのは

木村聡子さん
医学博士。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。「女医プラス」所属。「アレルギー性鼻炎など、鼻の疾患が原因で口呼吸になっている人は、ぜひ治療を。風邪などにもかかりにくくなります」

西出ひろ子さん
美道家・マナーコンサルタント。相手への思いやりの心を行動で表すマナーを提唱。内面の美しさから外面の美に導くスペシャリスト。マナーで幸運体質になる『運のいい人のマナー(仮)』(清流出版)が2月発売予定。

kyoさん
ボディワークプロデューサー。骨盤を本来あるべき状態に戻し、全身の骨格や筋肉もバランスのとれた状態に整えていくメソッド「ビューティペルヴィス(骨盤)」考案者。スタジオ「b-i STYLE」主宰。

 

 

撮影/青柳理都子 ヘア&メーク/木村三喜 スタイリスト/田中麻理乃 モデル/山本野乃香 イラスト/小山 健 デザイン/ohmae-d 撮影協力/AWABEES 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事