ボディケア
2016.8.26

こんなところにも原因が!同じ体勢&姿勢で長時間過ごすとむくみやすくなるんです!

夏こそむくみが起こりやすい季節です!
むくみが起こると、顔がひと回り大きくなったように感じたり、体重は増えていないのにボトムスがいつもよりキツイなんてことも!
原因と対処法をマスターして、むくみを撃退しましょう!

原因は…
同じ体勢&姿勢で長時間過ごす
座り&立ちっ放しで起こる血行不良
「腰をサイドにひねるだけでも血流改善に。とにかく動くことが必要」、「パソコン作業を長時間行っているだけで起こる血行不良。エコノミー症候群も引き起こし、販売員など、長く立つ仕事の人でも起こりやすいです。特に立ち仕事の人は、血液の循環が悪くなり、水分が下のほうに行きがちなため、脚が慢性的にむくんでいる人が多いです」(津田先生)

 

コレで解決!
オフィスワークのむくみには「ふくらはぎストレートマッサージ」を
「重力で下に落ちやすい脚の血流を戻すには、ふくらはぎの裏側の真ん中を通る小しょう伏ふく在ざい静脈を押し上げて。ポイントは親指以外の指先でグッと押し流すこと」(津田先生)

1.足首を両手で軽くつかむ。親指が前、残り4本の指が後ろ側にくるようにする。
0615mukumi037

 

2.指先でグッと押しながら、矢印の方向にまっすぐ引き上げる。両脚5回ずつ行う。
0615mukumi038

 

 

教えてくれたのは…

3
パーツモデル
金子エミさん
美脚モデルとして知られ、CM出演は100本を超える。雑誌は数百本。独自のパーツケアが注目され、美容研究家、事業家としても活躍中。
1
皮膚科医
津田攝子先生
つだ せつこ/津田クリニック副院長。豊富な臨床経験に基づいたスキンケア指南や、静脈マッサージに定評あり。監修の津田コスメも人気。
web
医学博士・管理栄養士
本多京子先生
ほんだ きょうこ/健康と栄養に関するレシピやアドバイスを行う第一人者。著書は60冊を超す。近刊『塩分が日本人を滅ぼす』(幻冬舎刊)

 

撮影/松原敬子 モデル/阿部美鈴(美的クラブ) イラスト/ミヤタチカ デザイン/GRACE.inc 構成/むらなかさちこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事