ボディケア
2016.8.25

むくみの大敵!冷えを解消してすっきりボディを目指そう♪

夏こそむくみが起こりやすい季節です!
むくみが起こると、顔がひと回り大きくなったように感じたり、体重は増えていないのにボトムスがいつもよりキツイなんてことも!
原因と対処法をマスターして、むくみを撃退しましょう!

原因は…
冷たいもの&冷房による冷え
冷たいものは熱を逃す目的で!
「冷えはブスのもと。血行不良はむくみや乾燥も招きます」(金子先生)、「熱中症対策で、体から熱を逃すために冷たいものをとってクールダウンするのはOK。とはいえ、手足が冷える程、冷たいものをとるとむくみのもと。冷房も同じで、冷えは血行を鈍らせるため温め対策が必要。血行、むくみ、自律神経の3つは体の巡りに密接につながっています」(津田先生)

 

コレで解決!その
足の冷え&乾燥肌には 「ふくらはぎ ぐるぐるマッサージ」
「ふくらはぎの外側にある静脈の支流は、流れが滞りやすく冷えや乾燥肌になりやすい。斜めに流れる支流に沿って、らせん状に血流を流しましょう」(津田先生)

1.くるぶしの上辺りに手を置く。ふくらはぎの外側を手で掴むイメージで。
\外側からスタート/
0615mukumi035

 

2.指の腹を使って、斜め上へらせんを描くように血流を流す。両脚5回ずつ行う。
\内側にぐるぐるとらせんを描く/
0615mukumi036

 

 

教えてくれたのは…

3
パーツモデル
金子エミさん
美脚モデルとして知られ、CM出演は100本を超える。雑誌は数百本。独自のパーツケアが注目され、美容研究家、事業家としても活躍中。
1
皮膚科医
津田攝子先生
つだ せつこ/津田クリニック副院長。豊富な臨床経験に基づいたスキンケア指南や、静脈マッサージに定評あり。監修の津田コスメも人気。
web
医学博士・管理栄養士
本多京子先生
ほんだ きょうこ/健康と栄養に関するレシピやアドバイスを行う第一人者。著書は60冊を超す。近刊『塩分が日本人を滅ぼす』(幻冬舎刊)

 

撮影/松原敬子 モデル/阿部美鈴(美的クラブ) イラスト/ミヤタチカ デザイン/GRACE.inc 構成/むらなかさちこ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事