ヘアのお悩み
2020.3.9

育毛剤や発毛剤を使えば毛が生えるって本当?真相をプロに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

A:半分ホント、半分ウソ!

「まず、育毛剤と発毛剤を同じような働きのものだと思っている人がいますが、ふたつの違いを認識しましょう。一般的なヘアケア製品は、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)により“化粧品”、“医薬部外品”、“医薬品”のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

医薬部外品は、主に症状の防止のために使用するもので育毛剤がこれに当てはまります。一方、医薬品は疾患や症状を治療するもので発毛剤が当てはまります。化粧品は身体を清潔にし、皮膚又は毛髪を健やかに保つために使用する作用が緩和なものです。

育毛剤は薄毛や抜け毛を予防して毛髪の健康を維持するためのもの。発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのもの、と2つを分けることができます。

ご質問の育毛剤や発毛剤で毛は生えるか? については、育毛剤では“毛が生える”という効果・効能を謳えないのでウソという回答になります。一方、発毛剤には壮年性脱毛症における“発毛”と“脱毛(抜け毛)の進行予防”の効果が認められていますのでホントです」(渡部佳子氏・以下「」内同)

発毛剤を選ぶときは成分「ミノキシジル」をチェックしましょう!

より高い効果や働きを希望する場合は“発毛剤”を選んだほうがいいようですが、どれが育毛剤でどれが発毛剤なのかイマイチ見分けがつきません。どうしたらいいでしょうか?

「パッケージの裏側を説明書きがありますので、そこで確認するのがいいかと思います。とくに、“発毛剤”を探しているのでしたら、成分をチェックして“ミノキシジル”が入っているかどうかを見てください。

ミノキシジルは、男性女性問わず“壮年性脱毛症”と診断された方には、かなり高い効果が期待できる発毛成分です。ですが、抜け毛や薄毛の原因がストレスや甲状腺疾患など別にある場合は効果は期待できませんのでご使用しないでください。

大正製薬が発売しているリアップシリーズは、ミノキシジルを配合し、壮年性脱毛症における発毛効果が認められている医薬品です。リアップブランドには、ミノキシジルを配合した男性用、女性用の発毛剤のリアップシリーズほか、シャンプーやコンディショナー、男性にはスカルプスプレーなどのヘアケアシリーズも揃っていますので、薄毛や抜け毛が気になり始めた方におすすめです」

※シャンプー、コンディショナー、スカルプスプレーにはミノキシジルは配合されておりません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-02-18-13-22-30

大正製薬株式会社
渡部佳子(わたべけいこ)

大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所所属。2007年入社以来、OTC医薬品の開発に従事。現在、毛髪科学や皮膚科学に基づく製剤の開発を担当。

大正製薬
薄毛予防におすすめのアイテム

文/野邑みえ(all the way)

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事