ヘアのお悩み
2019.10.28

前髪の生え際のクセはブローで治せるってホント? 髪のプロ・美容師さんに真相を直撃【美容の常識ウソ?ホント?】

A:ホント! ですが、永久的に治せるわけではありません

「ブローで生えグセは治せます。といっても、生まれもってのクセなので、一度のブローで永久的に治せるというものではありません。スタイリングで一時的に治せるという意味です。朝きちんとブローをすれば1 日中理想のヘアスタイルで過ごせますよ」(清左洋一 氏・以下「」内同)

前髪の生え際のクセを治すブロー方法を教えて!

「生え際のクセの場合、毛先だけを濡らしてブローしても治りません。“根元から治す”のが鉄則です。基本的な方法をご紹介しましょう。

(1)髪を水やスタイリング剤で湿らす
まず、軽く濡らすか寝グセ治し系のスタイリング剤をつける、髪のクセがつきやすいのは水気のある髪が乾いていく瞬間なので、湿らすことは重要!

(2)生えグセと反対に向かって乾かす
生えグセとは反対の方向に手ぐしorブラシでとかし根元にドライヤーの熱風をあてる。その際、テンションをかけながら(軽く引っ張りながら)行う

(3)前髪を流したい方向に流してスタイリング
次に流したい方向に流してスタイリングする

(4)スタイリング剤をつけて完成
仕上げにキープ力のあるスタイリング剤をつける

前髪以外の生えグセもこの方法でブローすれば大丈夫。さらに、なりたいヘアスタイルによってスタイリング剤をつければ完璧です」

スタイリング剤の選び方は?

ところで、スタイリング剤、上手に使いこなせていますか? なりたいイメージに合ったスタイリング剤を選んで、お気に入りのヘアスタイルで1日を過ごしましょう。

ツヤ感を出したいなら…
→バーム系ワックスや、ソフトワックスとオイルで輝かせる
天然の脂質やオイルが固形状になったバームオイルは髪に優しくツヤが出せます。また、髪にツヤを出すためには水分やオイルを与える必要があります。ソフトワックスを少量もみ込み、毛先中心にオイルをなじせるとツヤ髪に。

束感を出したいなら…
→ワックスとソフトミストが◎
ワックスやソフトミストで毛束を独立させます。ワックスは少量をもみ込むように
ミストは遠目からふきかける。

柔らかな動きを出したいなら…
→潤うミルクと霧状のワックスがおすすめ
毛先の柔らかな動きのためには、水分たっぷりのミルクを毛先から吸い込ませるようにつけ、エアワックスを吹きかけて。

スタイルをキープしたいなら…
→ベースローションとハードスプレーを併用
スタイルを保つためには髪のコンディションを整えるのも重要。ブロー前のローションで髪の状態を整え、スプレーでキープ。

「質感を変えるものやキープ力に特化したものなど、スタイリング剤の種類はさまざま。基本的な目的別アイテムを覚えておきましょう」

 

img_1890-1
Nicomaria from ZACC スタイリスト
清左洋一(せいざ よういち)
髪質、ライフスタイルなどに合ったオンリーワンなヘアスタイル診断を心がけ、お客様が自宅でもスタイリングしやすい再現性のあるスタイルを常に提案。やわらかナチュラルなスタイルが得意。
Nicomaria from ZACC
Instagram

文/野邑みえ(all the way)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事