ヘアのお悩み
2018.9.28

乾燥が気になる秋のヘア…頭皮~毛先まで毎晩行いたい基本ケアまとめ

肌が「うるぷる」になったからもう大丈夫!…は、まだ早い!首、デコルテ、かかと、爪、ひじ…ボディも隅々まで見てみて。カサカサ、ザラつき、シミ、etc.まだまだ気になる所、読者の皆さんに聞いてみました!今回は、夏のダメージを受けた髪のケア方法を美髪アドバイザーの田村マナさんに聞きました!

夏のダメージを感じさせないツヤ髪へ

180713_0332
ケアしていたつもりだけれど、秋の髪はなんだかパサパサ。「髪自体にダメージをリカバリーする力はありません。いちばん髪の傷んでいるこの時期にあの手この手でリセット!」(田村マナさん)

毎晩行いたい!基本のケア

【Step 1】予洗い&少量のシャンプーで頭皮を洗う

201810g180713_0008
「髪をかき上げながらシャワーを当てて、入念に予洗いを。これだけで大半の汚れは落ちます。その後シャンプーを少量つけ、指の腹で下から上へ小刻みに頭皮を洗って」(田村さん)

 

【Step 2】蒸しタオルで髪にたっぷりと栄養補給

201810g180713_0021
「トリートメントを全体に塗布し、蒸しタオルで3分間髪を包みましょう。補修成分がより一層、髪に浸透しますよ」

 

【Step 3】優しく押さえるようにタオルドライ

201810g180713_0011
「髪の水気をきり、タオルで頭皮と髪の水分を吸収させるように優しく押さえて。ゴシゴシとこすって髪に摩擦を与えないよう注意して」

 

【Step 4】頭皮から乾かして、仕上げは冷風で

201810g180713_0018
「髪をかき分け、頭皮から毛先へ温風を当てて。頭皮が完全に乾き、髪も8割程乾いたら、冷風でキューティクルを引き締めましょう」

 

Q.カラーリングを長もちさせるには?

A.染めて2週間は専用のシャンコンを使いましょう

「キレイにカラーリングしても、色が退色してはもったいない!少なくとも最初の2週間はカラーリング用のシャンコンを使って」

biteki-10-nitti022
(左)ケラチンとリンゴアミノ酸で優しく洗い上げる。カラーやパーマのもちも長く。
アマトラ クゥオメゾンフォルテ ヘアバスmf 400ml ¥4,800

(右)マリンコラーゲンが髪のダメージをしっかり補修。退色を防ぐ。
アマトラ クゥオメゾンフォルテ コラマスクmf 250g ¥4,800

 

Q.パサパサ髪を解消する、スペシャルケアを教えて!

A.椿オイルを使ったオイルパックを試してみて

201810g180713_0466
「乾いた髪に椿オイルをたっぷり塗布し、5~10分放置。その後コンディショナーをして洗い流し、最後に少量のシャンプーで髪を洗いましょう」

biteki-10-nitti005
天然椿油100%のマルチオイル。髪に使えばキューティクルの損傷を防ぎ、しなやかでハリのある髪へと導く。
大島椿 大島椿(R) 60nl ¥1,500

 

Q.日焼けして頭皮がヒリヒリする。どうしたらいい!?

A.とにかくまずは冷やしましょう

201810g180713_0465
「コットンに抗炎症効果のある美白ローションを湿らせて、優しく地肌を押さえて。水でぬらした冷たいタオルでも代用できます」

 

Q.頭皮が日焼けをした場合でも、いつもどおりに髪を洗って平気?

A.頭皮が赤い場合はシャンプーを控えて

「炎症して赤くなった頭皮には、シャンプーを使わず、ぬるま湯で洗うだけにしましょう。頭皮はいちばん日焼けをしやすい部位なので、帽子をかぶるなど日頃から注意して」

 

Q.紫外線ダメージを受けた髪にカラーリングやパーマはNG?

A.極力避けましょう

「どうしても、というときはサロンでトリートメントした髪にヘアマニキュアで染めたり、パーマではなくヘアアイロンを活用して。髪を傷めない適正温度は150度で3秒です」

Q.染めていないのに髪が明るくなった!髪の色は1度明るくなると、もう元には戻らないの?

A.残念ながら戻りません

「髪のダメージはどんどん蓄積します。外出するときにはオイルミストで髪を保護するなど、日頃からのケアが重要です」

biteki-10-nitti004
オーガニックアルガンオイルとオーガニック亜麻仁油が髪の内外から栄養補給。
プロジエオリオセタ オイルトリートメントミスト 100ml ¥3,500

 

 

今回教えてくださったのは…
c%e7%94%b0%e6%9d%91%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%81%95%e3%82%93
健康で艶やかな髪作りを追求する美髪アドバイザー 田村マナさん
国際線客室乗務員時代に髪トラブルに悩まされた経験から、ヘアケアブランド「CA101」を立ち上げる。著書に『大人の「品」は艶髪でつくられる』(ワニブックス)など。

 

『美的』10月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL・人物)、中田裕史(RED POINT・静物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/門馬ちひろ モデル/有村実樹、本多麻衣  構成/飯島直子、小内衣子(PRIMADONNA)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事