ヘアスタイル・髪型
2020.7.4

高い頬骨を髪型でカバー!小顔効果もゲットできちゃうおすすめスタイル

高くでた気になる頬骨、髪型でカバーしちゃいませんか?頬骨をカバーしながらすっきり小顔見せも叶っちゃう夢のようなヘアスタイルをお届けします!動きのあるショートヘアからかわいさ抜群のボブヘア、大人っぽミディアムヘアなどレングス別に。ちょっとの工夫でコンプレックスをカバーし理想の自分に近づいちゃいましょう♪

【目次】
おしゃれにキマる!こなれショートヘア
可愛らしさ満点の愛されボブヘア
大人女子の魅力たっぷり!色っぽミディアム

おしゃれにキマる!こなれショートヘア

まあるいフォルムのマッシュショートヘア

前髪とサイドのつながりにより、頬骨をカバーして小顔効果も望めるので、ショートにしたいけど、なかなかチャレンジできなかった人にオススメしたいデザイン。

まあるいフォルムのマッシュショートヘア

【How to ベース&カラー】
サイドは耳が半分くらい出る長さでサイドグラデーションにカット。襟足はすっきりくびれを作るようにし、トップに少しだけレイヤーを入れる。前髪は目にかかる長さでシースルーに。カラーは7レベルのブランジュをチョイス。ブランジュは、透明感と柔らかさを兼ね備えたカラーリングで、色落ちしてもキレイ色をキープ。

まあるいフォルムのマッシュショートヘア

【How to スタイリング】
トップをふんわり仕上げたい人や直毛の人は、太めのロッドでパーマをかけるのがおすすめ。パーマなしなら26mmのアイロンで内巻きにさらっとワンカール巻いて、丸みのあるシルエットをつくる。前髪はマジックカーラーでナチュラルに仕上げる。スタイリング剤は、ウェット感と束感のでるオイルを全体的に塗布。前髪は毛先のみでOK。耳にかければすっきりとした雰囲気になるのでアレンジも楽しめるデザイン。

大人のマッシュショートヘアは、まあるいフォルムで!可愛らしさもかっこよさも両立

大人かっこいいスタイリッシュショート

長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。

大人かっこいいスタイリッシュショート

【How to ベース&カラー】
前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。トップには動きがつくようにレイヤーを入れる。毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くする。前髪は、流した時に目の下になるように設定。カラーは、7レベルのブラウンベージュに。暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象に。また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラー。

大人かっこいいスタイリッシュショート

【How to スタイリング】
スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げる。前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませる。馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイント。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

パーマをかければ簡単スタイリングが叶う

やや懐かしさのあるマッシュですが、ラウンドする毛先を長めに残し、毛先を動かしてラフに顔周りを隠すのが今っぽく作るコツ。顔周りの毛が長いので、丸顔や頬骨が出ている人の骨格もカバーできる。

パーマをかければ簡単スタイリングが叶う

【How to ベース&カラー】
前髪は厚め。目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。カラーは8トーンのオリーブアッシュ。赤みをおさえた外国人風の人気カラー。マッシュは頭でっかちに見えがちなので、全体に細くハイライトを入れて軽さを出すと◎。

パーマをかければ簡単スタイリングが叶う

【How to スタイリング】
毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1.25回転のパーマを。スタイリングは乾かし方が重要。ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流す。軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。

前髪長めの“マッシュショート”で、この春は差のつくおしゃれ女子に!

長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。前髪のパートはどこで分けてもOK。前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイル。

長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

【How to ベース&カラー】
サイドは、前下がりのグラデーションカット。輪郭をカバーしてくれる。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。

長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

【How to スタイリング】
時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調する。乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感に。襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

可愛らしさ満点の愛されボブヘア

シースルーバングでオルチャンへアに

サイドバングを外ハネにすることで、頰骨のシルエットをカバーして小顔効果もあり。また、アウトライン&顔まわりのシルエットを両方共にひし形にするW効果で、さらなる小顔見せに!

シースルーバングでオルチャンへアに

【How to ベース&カラー】
ベースは肩下くらいの長さで前上がりにカット。ひし形シルエットとなるよう顔まわりにレイヤーをしっかり入れる。前髪は横幅を狭めにとりシースルーバングに。サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。カラーリングは、9レベルのアッシュベージュに。赤みをしっかり抑え、外国人のような透明感があり肌色をキレイに見せてくれる色。

シースルーバングでオルチャンへアに

【How to スタイリング】
根元を後ろから前方に髪を乾かすだけで内巻きベースとなり、キレイにまとまるようカットに施されているため、ドライヤーの風は前から当てないように。乾いたら32mmのアイロンで、全体を内巻きワンカール。前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませる。前髪は毛先1/3くらいに塗布して、上品に仕上げる。

オルチャンへアの鍵は、根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

大人女子の魅力たっぷり!色っぽミディアム

くびれセミディヘアでチュラルな大人の色気を演出

サイドバングをほお骨にかかる長さに設定することで、小顔効果も絶大なミディアムヘア。伸ばしかけで長さは変えたくないけど、イメージを変えたいという人にイチオシのスタイル。

くびれセミディヘアでチュラルな大人の色気を演出

【How to ベース&カラー】
ベースは鎖骨下の長さでアウトラインを前上がりにカット。動きやくびれを演出するレイヤーをトップと顔まわりに入れる。前髪は目にかかるギリギリでカットして目力アップ効果に。サイドバングは頰にかかる長さでカットして前髪と自然なラインでつなげる。カラーは、10トーンのアッシュベージュに。ベージュにアッシュを加えることで、赤みを抑えながら、くすみのない柔らかな印象に仕上げる。

くびれセミディヘアでチュラルな大人の色気を演出

【How to スタイリング】
ドライ時は、根本を前方向に向かって乾かす。全体が乾いたら32mmのアイロンを使い、サイドの髪を毛先から外巻き→内巻きと1回ずつ波ウェーブに巻く。バックは外ハネだけでOK。その後、もみ上げと表面の髪を細く束で取り、リバースに巻く。前髪はストレートアイロンがオススメですが、カールアイロンを使う場合中間から軽く通すだけに。ややウェットな仕上りになるバーム系のスタイリング剤を馴染ませたらフィニッシュ。

くびれセミディヘアは、ラフさが鍵! ナチュラルな大人の色気を演出

目ヂカラUPの小顔バング!

パッツン気味のバングが、ほんのり甘さをプラス。目の上ギリギリの長さで目元を強調しながら、サイドと緩やかに繋ぐことで、頰のラインをカバー。小顔効果も狙える優秀ヘア。

目ヂカラUPの小顔バング!

【How to ベース&カラー】
ベースは鎖骨ラインでワンレングスにカット。ふわっと仕上がるように表面のみに軽くレイヤーを入れて、毛先に軽さが出るよう毛量調整。前髪は、目の上ギリギリの長さでカットし、サイドと繋ぐことで頬骨をカバー。カラーは10レベルの柔らかい印象を与えるラベンダーベージュに。透明感があり、肌色のキレイ見せ効果もあるカラーリング。

目ヂカラUPの小顔バング!

【How to スタイリング】
ドライ時、根元を起こしながら乾かすとふわっと仕上がり美しいシルエットに。乾いたら32mmのカールアイロンで、内巻きにワンカール。その後、耳周りをメインに外ハネを4パネルほどランダムに巻く。スタイリング剤は、広がりやすい人はオイルを、ぺたっとしやすい人は水分が少なめのものがおすすめ。手の平に伸ばし、乾燥しやすい毛先から塗布して毛束感を演出してから、表面、前髪の順に塗布。前髪の塗布量は手に残っているごく少量で◎。

目ヂカラUPの小顔バング! ナチュラルで男心も掴むこなれボブ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事