ヘアスタイル・髪型
2020.5.16

この夏トライしたいのは“しゃれ感ボブ”! 今っぽヘアのポイントは?

憧れのおしゃれに見えるボブに思い切ってトライ♪ 『美的』読者がトライしたいおしゃれ度UPのヘアスタイルについてヘアサロン『broocH』の柳さんに教えてもらいました。

おしゃれ度UPのしゃれ感ボブ

【POINT】毛先はパッツンと重めの ラインにするのが今っぽい
a
「毛先を切りっ放しにしたようなラフなボブが今っぽくて断然おしゃれ」とヘアサロン『broocH』の柳さん。さらに本企画スタイリスト楠さんも「トレンドのラウンドネックやロング丈の服とも好相性。バランス良く着こなせます」とイチオシです。ロングヘアのモデル松本さんが実際にカット!

kd_202003120255
ハチ上をくしゃっとするだけで憧れの“しゃれ感”GET♪

Before
kd_202003120002

kd_202003120025
ドキドキ…

 

Front
kd_202003120259

 

Back
kd_202003120375
重めラインの肩上ボブ。毛先にレイヤーは入れずまっすぐカットし、ラフに仕上げる。ハチ上にだけ軽めのレイヤーを入れて立体感を出すのがポイント。前髪は透け感を出して軽く仕上げ、目の横は長さを残して自然にサイドとつながるようにすると小顔効果も。

 

\ボブにしたことで全身のバランスもUP!/
kd_202003120382
ふわっと広がるロング丈ワンピとも相性抜群!ノーアレンジでキマります
首元の詰まったラウンドネックや長め丈コーデの場合、ロングヘアだと重くなるのでアップアレンジが必須でしたが、ボブならそのままでOK!少し甘めの服もおしゃれな雰囲気に。

 

『美的』6月号掲載
撮影/岡本 俊(人物/まきうらオフィス)、河野 望(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(ThreePEACE) スタイリスト/楠 玲子 モデル/松本ゆい 協力/齋藤美伽 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事