ハル子さんの美容金言
2018.12.22

冷えを侮ることなかれ。 キレイになりたいなら温めよ!|ハル子さんの美容金言 vol.30

この先、もっと素敵な女性となるために、今すべきこととは? トータルビューティアドバイザーとして活躍する鈴木ハル子さんが、スキンケアやメイク、ライフスタイルなどさまざまな切り口から指南してくださいます。

p129-1

冷えを侮ることなかれ。キレイになりたいなら温めよ!

朝の顔色は、健康のバロメーター。くすんでいるのなら生活習慣に原因があります。湯船につかっていない、暴飲暴食で内臓に負担をかけている、寝不足続き…そんなときはまず生活を見直し、加えて外から中から“温める”ことを心掛けましょう。

私は朝の洗顔時、蒸しタオルで顔を温めてから、スキンケアで首や鎖骨までケアします。すぐに顔がポカポカに。また、冷蔵庫の果物は30分程室温に戻してから食べるようにしています。 そして気づいたときにおなか周辺に触れて、冷えていないかをチェック。

もし、大きな血管の通っている太ももが冷たかったら全身冷えている証拠。ハーフ丈パンツ型の腹巻きや胸元からお尻までカバーできる長めの腹巻き、足首ウォーマーなどで冷えから守るようにしています。今の時期、くすみやカサつきに悩みがち。そんなときはぜひ、洗顔を見直してみて。

よく、乾燥を感じると化粧水やクリームなど“与える”ケアに注力しますが、まず肥厚した角質を“取り去る”ことが大切。余分なものがあるからスキンケアが浸透せず乾いているのです。潤いあふれる肌を目指すならまずは洗顔を丁寧にすることが先決です。その後“化粧水の3度づけ”をして、クリームを“入れ込む”と、翌朝のしっとり感が違います! 肌を見て触れて、なんか違うと感じたら、その原因を分析できる人が、キレイを掴みとれる人。冷えと乾燥対策を徹底してイキイキ肌で冬を乗り切って!

編集部厳選 キレイを掴む温めグッズ3品

天然繊維の温もりで体の芯からポカポカに
p129-3
子宮や卵巣がある女性の骨盤周りをいつも温めていてほしいという思いから誕生。
くらしきぬ はらぱん(ショートタイプ) 全2色 ¥6,450

胸からお尻まですっぽり包み込む
p129-4
表側がオーガニックコットン、肌側がシルクの2重構造。肌心地の良さも抜群。
シルクコットン チューブ腹巻き/オーガニックコットン ¥3,600(プリスティン)

足首を温めて、全身温かさをキープ
p129-2
独自の天然鉱物パウダー加工綿を使用。締めつけ感なく、軽い着け心地。
イオンドクター シルク足首ウォーマー(2本組) 全4色 ¥10,000(ジェイ・エス)

201809gkd_haruko_kd_16-5
トータルビューティアドバイザー
鈴木ハル子
すずきはるこ/長年培った美の経験や、立ち居振舞などすべてが美容界において伝説的存在。著書にエレガントな生き方の指南書『大人は「近目美人」より「遠目美人」』(講談社)あり。

 

『美的』1月号掲載
撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/レイナ イラスト/大橋美由紀 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事