美的GRAND
誰でも!一生!キレイ髪への道
2021.11.5

【キレイ髪への道】抜け毛にかゆみ…やるべきことはまず○◯!

昔から、夏を超えるとどうも毛が抜ける…と思っていましたが、やっぱり秋は抜け毛のシーズンだったということをわりと最近になってから知りました…。そこで、今強化したいのは頭皮ケア!持続しやすいセルフケアテクニックをご紹介します。【伊熊奈美「誰でも!一生!キレイ髪への道」 vol.3】

抜け毛と乾燥の季節がやってきた

抜け毛の理由はまず、夏の紫外線。体の中で顔の肌より紫外線が多く当たりやすいのはダントツ頭頂部です。頭皮も肌と同じように日焼けするし、乾燥するし、炎症だって起こします。
「外にはあまり出てないから大丈夫」という方も、逆に運動不足が疑われます。大人はただでさえ、血流や代謝などのめぐりが鈍くなりがち。運動不足も重なれば、頭部に十分な栄養が届かなくなってしまいます。

でも肌に比べて、頭皮のケアはなかなか手がまわりません。疲れた頭皮はヘアサイクル(髪の生まれ変わり)が乱れ、次の髪が生えてくるまでの休止期が伸びたり、髪が成長を続ける成長期が短くなったり…そんな悪循環につながることに! やっぱり頭皮ケアが必要なんですよね。

大人の女性の頭皮はいつも乾燥しています

意外と気づきにくいのですが、大人の女性の頭皮はほとんどの場合が乾燥しています。透明感がなく、白っぽい頭皮は乾燥している証拠。その乾燥はかゆみや赤みを引き起こします。同時に頭皮は顔の肌より皮脂腺が多いという特徴もあるので、ベタつきを感じることもありますが、これも水分が足りないせい。「潤っていない」と頭皮が勘違いして皮脂腺が過剰に油分を出してしまっているということがあります。だから大人の女性こそ、肌と同じように頭皮の乾燥対策は必至です。

目覚めよし! 1分でできる朝の頭皮ケア

頭皮の保湿ケアのタイミングは朝がベスト。1日のうちもっとも肌や頭皮が乾燥するのは朝だからです。朝一番に水やお白湯を飲むのを習慣にしている人も多いでしょう。そこで頭皮にも朝起きたらすぐに、頭皮用美容液で保湿をし、ブラッシングをしてめぐりを促しましょう。頭皮を保湿してからのブラッシングは頭皮に細かい傷をつけにくく、美容成分を行き渡らせることもできるのでとても効率的です。

頭皮用美容液とやわらかい肌あたりのブラシを用意

(1)起きたらすぐ、地肌に頭皮用ローションをつけ、軽くなじませます。つける場所は、頭頂部と側頭部を中心に。髪を左右にわけ、片側ずつ生え際側から奥に向かって、指で線を引いて髪を分けながらつけると、まんべんなくつけられます。紫外線のあたりやすい分け目や生え際は特に念入りに。

11-4
特に頭皮の乾燥対策に特化した、頭皮用美容液。
左から)
2種類のフコイダンを組み合わせた成分で、表面と奥からしっかり保湿。
LPLP 薬用育毛エッセンス(医薬部外品)150ml ¥6,490

頭皮の常在菌バランスに着目したエッセンスは、乾燥やかゆみに即効性あり。
KINS スカルプエッセンス 50ml ¥8,778

αGルチンが肌の奥から保湿。バリア機能の弱まった乾燥頭皮に。
タカラベルモント ルベル ワン エッセンス 90ml ¥4,400

(2)生え際360度方向から頭頂に向かってやさしくブラシでとかし上げます。時間があれば頭皮にピン先を当て、小さな円をくるくる描くように揺らしながら、頭頂に向かって動かして。さらに、頭頂のいわゆる「カッパのお皿」部分は斜め方向にも動かして。頭頂部の毛細血管の血流をまんべんなく促すことができます。
※毛先までとかしきらなくても大丈夫!
※髪が抜けても気にしないで! 抜けるべき毛が抜けているだけです。

11-1
11-2
11-3
ブラシのピンに天然鉱石が練り込まれ、クッション部からはマイナス電子を放出。頭皮への肌当たりも抜群。
ルーヴルドー レヴィ パドルブラシ¥7,370

髪への摩擦を軽減する柔らかなピンは頭皮にも髪にも安心して使える大人のブラシ。
貝印 KOBAKO ヘアスムースブラシ(ソフト)¥3,080

頭皮への絶妙の心地よさで人気。スタンド付きでシャンプーブラシとしても使える。
エス・ハート・エス スカルプブラシワールドプレミアム(ショート)¥6,380

スタイリング前の事前準備にもなります!

これだけでも髪がふわっと立ち上がるので、トップがペタンとしやすいときにもおすすめです。また、スタイリングにアイロンを使う人は、ブラッシングの仕上げにヒートケア効果のあるブローローションを髪につけておけば、その後スタイリングする時には水分がとんで、ちょうどいい下準備になりますよ。
これだけならものの1分もあれば十分。パッと目がさめて一気に体が動き出せるモードになるので、一石二鳥です。ぜひ取り入れてみてくださいね。

20-7-29-%e4%bc%8a%e7%86%8a%e5%a5%88%e7%be%8e1100
美容エディター、毛髪診断士
伊熊奈美

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。

instagram:@namiikuma_hairsta
HP:http://hairista.jp

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事