お悩み別ケア
2020.8.27

夏に肌の乾燥が気になったら…3アイテムの丁寧保湿で脱・カサカサダメージ肌!

今年は多くの人にとって初めての“マスク着用マストの夏”。あなたはどう過ごしましたか? 家を出なかった「自粛インドア派」の人はクーラーなどの影響で肌が乾燥しがち…。しっかり保湿をするためのケア方法&おすすめアイテムをトータルビューティアドバイザーの水井真理子さんに教えてもらいました。

「カサカサダメージ」の落とし前ケアはしっとり保湿重視で!

202010g74-2
室内のエアコンや外出時のマスク着脱により肌の水分が奪われ、さらにマスクによる摩擦でバリア機能が低下し、ゆらぎがちに…。そんな「自粛インドア派」のカサカサダメージ肌に水井さんが勧めるのは、夏でもしっとりとした感触のアイテムで保湿重視のお手入れをすること。オイルが溶け込んだ化粧水で肌をほぐし、乳液やクリームでしっかり保湿。うっかり日焼けへの落とし前に、美白美容液も忘れずに!

【STEP 1】“オイルイン化粧水”でゴワつきを和らげながら水分補給

化粧水の中にオイルを溶け込ませた、みずみずしいのにコクがある化粧水。
「潤いが逃げやすくなっている『自粛インドア派』の肌にたっぷり水分を与え、閉じ込めます。ゴワついた肌も柔らかく」(水井さん)

202010g74-1
濃密なテクスチャーなのにベタつかず、潤い持続
SUQQUから新登場するエイジングケアシリーズの化粧水。肌にたっぷり浸透してふっくらプリッとしたハリが出る。潤いが長時間持続するのもうれしい。
SUQQU ヴィアルム ザ ローション 150ml ¥15,000(10月2日発売)

202010g74-3
(1)手にたっぷりとって優しくなじませる
肌が乾燥していたりゆらぎやすいときは、コットンより手でなじませる方が負担が少ない。指の間からこぼれない程度にたっぷりの量をとり、両手に広げる。

202010g74-4
(2)肌に押し込むようになじませる
両手で顔全体を包み込み、押し込むように化粧水をなじませる。オイル入りでコクがあるので、さっぱりした化粧水よりも肌への浸透はゆっくり。丁寧になじませて。

202010g74-5
(3)乾燥しやすい、細かい部分まで丁寧に
目元や口元、小鼻のわきや首など、細かい部分や忘れがちな部分にも意識して丁寧になじませる。さらにもう1回、(1)~(3)を繰り返すとふっくらモチモチ肌に。

 

【STEP 2】“保湿美白美容液”でくすみと乾燥をダブルケア

マスクやインドア生活によるUV対策の手ぬかりが気になる人に、マストで取り入れてほしいのが美白美容液。「乾燥対策にしっとりした感触のものを選んで。保湿効果によって透明感も出ます」(水井さん)

202010g74-6
潤いたっぷりのリッチなベースに美白有効成分をイン
保湿にこだわるシリーズ・エクサージュの美白美容液。保湿美容液のような感触で、美白有効成分のトラネキサム酸が肌に浸透。
アルビオン エクサージュホワイト ホワイトニングターゲット[医薬部外品] 40ml ¥5,000

202010g74-7
(1)ケチらずたっぷり使うのがポイント
美容液はどうしてもチビチビ使ってしまいがちだけれど、美白成分をしっかり効かせたいなら、顔全体から首まで充分に行き渡るたっぷりの量をつけることが大切。直径2cm程度を手にとって。

202010g74-8
(2)シミが気にる部分に重ねづけ
指に少しずつとり、指の面全体を使って顔全体から首筋まで丁寧に塗る。最後に、頬やマスクとの境目など、シミができやすい部分に優しく重ねづけすると◎。

 

【STEP 3】ベタつかない“乳液orクリーム”でバリア機能をサポート

「乾燥した肌に潤いを閉じ込めてくれるのが、乳液やクリーム。暑いからといって省略せず、お手入れの最後に必ず使って」(水井さん)。さっぱりしたテクスチャーのものを選べば、皮脂が気になる人でも心地よく。

202010g74-9
ジェルのようにとろける低刺激クリーム
植物由来成分をふんだんに使った、みずみずしいクリーム。肌表面に潤いの膜を作り、外部の環境から守る。
コーセー 雪肌精 クリアウェルネス ウォーターシールド クリーム 40g ¥3,800(編集部調べ・9月16日発売)

202010g74-10
エリアによって塗り分けて心地よく
手に直径1cm程度の乳液またはクリームをとる。まずは乾燥しやすい頬を中心としたUゾーンにたっぷり塗り、手に余ったものを皮脂が出やすいTゾーンに薄く。

 

教えてくれたのは…
202010g72-4
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
美容家として多くの女性誌で、優しくも頼もしいスキンケアの指南役として活躍。

 

『美的』2020年10月号掲載
撮影/さとうしんすけ イラスト/本田佳世 構成/大塚真里、齋藤美伽、加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事