お悩み別ケア
2020.5.24

肌糖化は阻止できる?老化を緩やかにしたい人のための サプリや飲み物とは…

老化と深い関りがあるといわれる肌の糖化。阻止することはできるのでしょうか。糖化と酸化との関係から、自分の症状をチェックしてみましょう。また、糖化を防ぐといわれる飲み物やサプリもご紹介します。

【目次】
肌の糖化と酸化の関係、症状は?
糖化を抑え肌の回復を促すには?
肌の糖化を防ぐサプリや飲み物

肌の糖化と酸化の関係、症状は?

肌の糖化について、青山ヒフ科クリニック院長の亀山先生に教えてもらいました。

亀山先生が図で解説!

教えてくれたのは…青山ヒフ科クリニック院長、皮膚科専門医、医学博士 亀山孝一郎先生

235248_02-300x270北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、「青山ヒフ科クリニック」開業。2002年にオリジナル化粧品「ドクターケイ」を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

9ae1e1ea158ed552de002c29623b02ba-e1531980596376
「若いころは、活性酸素分解酵素の働きで酸化ストレスを克服できた肌も、特に40代を過ぎると活性酸素分解酵素が急減します。すると、酸化ストレスが蓄積されて糖化を引き起こし、糖化によって活性酸素分解酵素が減少し、さらに活性酸素が発生して酸化ダメージが進行する、という老化スパイラルが起きてしまうのです」(亀山先生・以下「」内同)

これを食い止めるには、抗酸化と抗糖化を同時に行うことが必要。

「ビタミンCは活性酸素消去と糖化阻害に、セイヨウオオバコ種子エキスは糖化阻害に有効な成分。これらの成分が入った化粧品などを意識して使うとよいでしょう」

普段から、紫外線やタバコなど、活性酸素が増える要因を避けつつ、食べ物やスキンケアで酸化と糖化を予防することが、老化防止につながるということです。

皮膚科医に聞く!“肌の酸化”が老けを促す…その原因や防止策、糖化との関係は?

糖化を抑え肌の回復を促すには?

管理栄養士の浅野さんに、抗糖化メニューのポイントについて教えてもらいました。

老化ストップ!の抗酸化メニュー

1.糖質の摂取量を減らす
「パスタやパン、芋類、にんじんなど、糖質の多い食事や材料は控えめに。砂糖やみりん、ケチャップ、甘濃ソース、コチュジャンなどの調味料もとりすぎないように心がけましょう。一見ヘルシーそうな春雨やドライフルーツ、寿司酢なども、実は高糖質なので要注意です」(浅野さん・以下「」内同)

2.糖質の吸収を抑える(血糖値の上昇を抑える)
「もち麦、きのこ、ごぼうやオクラなどの野菜、海藻類など、食物繊維の豊富な食材を積極的にとるように。穀物は、玄米や雑穀米、胚芽パン、ライ麦パン、十割そばなど、精製されていないものを選びましょう。また、酢を使うと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます」

3.食事のAGE量を減らす
「高温調理は、糖化によって作られるAGE(終末糖化産物)を増やします。そのため、おすすめの調理法は、生のまま→蒸す・ゆでる→煮る、の順。反対に、炒める、焼く、揚げるなど、焼き色がつく(メイラード反応が起こる)料理は、控えめにするのが賢明です」

dsc_3843-1

4.抗糖化食材を使う
「抗AGE効果が認められているスルフォラファンを含む食材をとることはおすすめです。ブロッコリースプラウト、ブロッコリースーパースプラウトなどを、普段の食事に加えるようにすると良いですね。また、トマトやほうれん草、インゲンなどに含まれるα-リポ酸も、抗糖化作用のある成分として知られています」

r1-1

浅野まみこさん提案! 抗糖化レシピ

dsc_3839
●雑穀ごはん…食物繊維が豊富
●豚肉と野菜のトマト煮込み…たんぱく質をしっかりとれる
●大根とゴーヤの浅漬け…糖分未使用

◎ツナと大根、ブロッコリースーパースプラウトのサラダ…抗AGE効果が認められているスルフォラファンを含む

<材料 2人分>
ツナ缶(水煮)…1缶 大根…3cm幅 大葉…3枚 ブロッコリー スーパースプラウト…1パック A[酢…大さじ2、しょう油、ごま油、すりごま…各小さじ1

<作り方>
1.大根は3cm長さの千切りにする。大葉は細めの千切りにする。
2.ボウルに1、水を切ったツナ、ブロッコリー スーパースプラウトをほぐしながら加え、Aを合わせてざっくりと和える。

とても手軽に作れる抗AGEレシピ。アンチエイジングのために、ぜひマスターしてみて!

老化をストップ!体の“こげ”(糖化)を抑える食事とは?【抗糖化vol.2

肌の糖化を防ぐサプリや飲み物

肌悩みで多い“くすみ”の原因に、糖化が影響することも。体の内側からの糖化ケアにおすすめなサプリや飲み物をご紹介。

アリエルトレーディング|サンフード オーガニック ゴールデンミルク スーパーブレンド

kd_img_0040
「血糖値を上げにくくするシナモンが入っているので、食前にアーモンドミルクなどの植物性ミルクに混ぜて飲んでいます。ほかに、ターメリックやブラックペッパーといった細胞の炎症を抑えるスーパーフードやスパイスも入っていますが、ほんのり甘くておいしいんです!」(メイクアップアーティスト 早坂香須子さん)
168g ¥3,800

オーガニックでくすまない肌に!|早坂香須子のhappy organic cosme vol.38

gg(ジージー)|サビナ

gg(ジージー)|サビナ
【このアイテムのポイント】
・体の内外から美しさを引き出す。
・抗酸化成分&抗糖化成分が凝縮されたサプリメントは、体の中から美肌をサポートする。
62粒 ¥3,800

gg(ジージー)|サビナ

DHC|ビタミンC

ランキング2位!DHC|ビタミンC
【このアイテムのポイント】
・2018年間読者ベストコスメサプリ ランキング2位。
・抗酸化作用を持つ栄養素。
・コラーゲンの生成や美白ケアに不可欠なビタミンC。
60粒 ¥250

【読者の声】
「内側からも紫外線対策をしたいから」(出版・37歳)

DHC|DHC ビタミンC

*価格は税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事