お悩み別ケア
2018.4.11

ニキビの飲み薬、正しい知識で使ってる? きちんと理解して美肌をめざそう

ニキビに悩んでいるなら、セルフケアを頑張るより皮膚科を受診するのが美肌を取り戻す近道! 皮脂量が多いことが原因の青春ニキビと違い、大人ニキビはホルモンバランスの崩れや、糖質や脂質が多い食生活などが原因です。そのため、スキンケアでの“外からのケア”だけでなく、内側からのケアが大切。 病院では、それぞれのニキビの症状に合わせた最適な塗り薬と飲み薬、理学療法(りがくりょうほう)から最も効果的な方法を医師が選択してくれますが、今回は“飲み薬”について詳しく解説します! ニキビ治療の第一人者である表参道『青山ヒフ科クリニック』院長、亀山孝一郎先生にお話を伺ってきました。

【目次】
まずは基本! ニキビ・肌荒れで皮膚科を受診した際、 病院で出される飲み薬にはどんな種類・効果があるの? 
思春期ニキビと大人ニキビでは飲む薬は違うの?
コンビニでも買える! ニキビに効果的な飲み物は
病院に行く時間がなら…薬局・ドラッグストアで買えるニキビ・肌荒れ用の飲み薬やサプリを!

まずは基本のキ! ニキビ・肌荒れで皮膚科を受診した際、 病院で出される飲み薬にはどんな種類・効果があるの?

<お話を聞いたのは…>

亀山孝一郎・・・表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士。北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

亀山先生によると、病院で処方されるのは、主に以下のようなものがあるそう。

(1)抗生物質

種類・・・レボフロキサシン、ロキシスロマイシン、ミノマイシン

効果・・・アクネ菌の殺菌効果

飲む期間・・・約2週間

ただし、「抗生物質はすごく効く人と全然効かない人がいます。薬を2週間飲んでも効かないと思ったら、抗生物質を飲むのをやめて、ピーリングなど他の手段を考えるべきでしょう」(亀山先生・以下「」内同)。

ただし、2週間は様子を見て。「これはビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、2~3日ですぐに薬の効果が出ることはありません。2週間は試してみないと、その薬が自分に合っているかどうかは分からないんです」自己判断で途中でやめたりせず、医師の指示をしっかり守りましょう。

(2)ビタミン剤

種類・・・ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、ハイチオール
効果・・・代謝促進、活性酸素消去、過剰反応を抑える
飲む期間・・・約2週間

(3)漢方薬

種類・・・桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、清上防風湯エキス顆粒(セイジョウボウフウトウ)

効果・・・炎症を抑える、ホルモンバランスを整える、アクネ菌の殺菌効果
飲む期間・・・約2週間

「漢方薬の場合、“長く飲み続けないと効果が分からない”と思っている人が多いですが、これも2週間がひとつの目安。2週間経っても、ニキビが改善しないようなら、いま飲んでいる薬が自分には合っていないということ。そのまま何ヶ月も飲み続けるなんて最善策ではないので、違う薬に変えるよう医師に相談してみてください」

 

ニキビの飲み薬に副作用はある?

「ビタミンには副作用はありません。

抗生物質や漢方薬には、場合によっては吐き気やめまいなどの副作用が出ることがあります」

思春期ニキビと大人ニキビでは飲む薬は違うの?

「結論から言うと、同じものを出す場合もあれば、違うものを出す場合もあります。

思春期ニキビでも大人ニキビでも、診察をもとに患者さんひとりひとりの肌質やライフスタイルに合わせて処方しますので、思春期ニキビと大人ニキビで同じ薬を使う場合もあれば、大人ニキビでは違う薬を混ぜることがあります。

例えば大人ニキビの場合だと、ホルモンバランスの乱れが原因になっている場合があるので、ホルモンバランスを整える漢方薬を処方したり。

また、同じ患者さんでも症状の経過を見ながら薬を変えていきますので、“大人ニキビにはこれ!”という決まった薬を処方することはありません」

つまり、診断でひとりひとりの症状に合わせた最適な薬を出してくれるんですね。

コンビニでも買える! ニキビに効果的な飲み物は

ふだん何気なく口に入れるもので、ニキビを予防したり、美肌を目指せるかもしれません。とはいえ、忙しい働き女子にとって、漢方茶を煎じるなどひと手間かかることはなかなか実践できませんよね。そこで亀山先生に、コンビニやスーパーなどで手軽に買えるニキビに効果的な飲み物について教えていただきました。

飲むヨーグルト

腸内環境が悪化すると、ニキビや肌荒れの原因に。善玉菌を増やしてくれる飲むヨーグルトは、ニキビ体質の改善に役立つそう。「ただし、飲み過ぎはNG。飲むヨーグルトは脂質が多いため、たくさん飲むとニキビの原因になるだけでなく肥満の原因にもなりますよ。脂肪を溜め込むと、ホルモンの関係でニキビがさらに悪化しやすくなる恐れも」

チョコラBBドリンクII

肌ケアに大切なビタミンB2、B6、ビオチン、ニコチン酸アミド、さらにヨクイニンも配合。「脂質の代謝に必要な成分が入っているので、とてもいいと思いますよ」

野菜ジュース・トマトジュース

ビタミンを摂れる野菜ジュースやトマトジュースもおすすめ。「ニキビにはβカロテンやビタミンC、ビタミンEが含まれているものを選ぶと、とてもいいですよ」

アーモンドミルク

「ビタミンEがとても豊富なのでおすすめです」

豆乳

「皮脂の過剰分泌の原因となるコレステロールが少ないのでおすすめ」

病院に行く時間がなら…薬局・ドラッグストアで買えるニキビ・肌荒れ用の飲み薬やサプリを!

仕事や子育てで忙しいと、病院に行く時間もなかなか取れませんよね。軽めのニキビや肌荒れなら、まずは市販の飲み薬でケアしてみるのもいいかも。ここでは、編集部がセレクトした、薬局で買えるニキビにおすすめの飲み薬やサプリを紹介します。

ペアA錠やチョコラBBプラス(第3類医薬品)がおすすめ

脂質の代謝に関わるビタミンB群や、抗酸化効果のあるビタミンCがニキビに効果的なのはすでに何度も言っています。食事だけではカバーできないこれらの栄養素を錠剤やサプリで摂りましょう。
ライオンのペアA錠やエーザイ チョコラBBプラス(第3類医薬品)がおすすめ

1.解毒を担う肝臓の働きを助け、肌の新陳代謝を高める。ライオン ペアA錠(第3類医薬品) 60錠 ¥1,400
2. 1包にビタミンC2,000mg。水なしで飲める。TAKAKO STYLE theCB+ 30包 ¥6,000
3.ニキビや口内炎のためのビタミンB。エーザイ チョコラBBプラス(第3類医薬品) 60錠 ¥1,280

バリアの低下も 炎症も 毛穴詰まりも! ニキビ要因を一網打尽してくれるアイテムとは…

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事