お悩み別ケア
2017.11.30

冬だもん…「ニベア青缶」使い倒し!ガッテン塗りの真実から裏技まで

カサカサ肌に悩む冬が到来。コスパ最強で保湿力バツグンな“青缶”こと、我らが『ニベア クリーム』の出番です!

そこで今回は、青缶をとことん使いこなすための情報を、美レンジャーの過去記事から紹介します。

某高級クリームと成分が酷似しているといわれていますが「本当にそんなに優秀なの?」といった基本的な悩みから「買ってみたものの使いきれてない」といったお悩みまで、一気にまとめて解決します!

 

ニベア青缶の実力は?

2万円近くする高級クリーム、ドゥ・ラ・メールの『クレーム ドゥ・ラ・メール』(30ml/19,000円<税抜き>)と成分が酷似しているといわれていることから、人気に火がついた青缶。果たしてその実力は、大人が使っても満足いくものなのでしょうか。

「“ニベア青缶”最強説はウソorホント?大人肌へのリアルな効果は…」によると、ニベアの青缶にも『クレーム ドゥ・ラ・メール』にも、ミネラルオイル、ワセリンなど、肌を保護してうるおいが逃げないようにする有効成分が多く配合されています。

肌を保護するという点では、ニベアと高級クリームに大差はないそう。

ただし、高級クリームには、メーカーが長年かけて開発した独自の保湿成分“ミラクル ブロスTM”というものが配合されているのが、両者の大きな違い。これが値段の差を生んでいると考えられます。

 

大人肌に「ガッテン塗り」はOK? NG?

青缶といえば有名なのが、NHKの『ためしてガッテン』で取り上げられた“ガッテン塗り”。これは、スキンケアの際、化粧水を使わずに“ニベアだけ”を使うというもの。

実際にガッテン塗りで肌の状態がよくなったという声が、ネットには溢れています。しかし同記事によると、「筆者としては、ニベアだけを塗る“ガッテン塗り”は大人肌にはおすすめできません」とのこと。

というのも、化粧水には、洗顔後の肌をうるおして次のスキンケアの浸透をよくする役割があり、ニベアだけを塗ると、肌表面に膜を張ったような感じになり不快に感じることがあるため。

「ニベアの“ガッテン塗り”で肌がきれいになったという方は、ニベアの保湿効果に加えて、実は自分の肌には合っていなかった成分を含む化粧水を使わなくなったことで改善したという要因も考えられるのです」というのが、筆者の見解でsた。

 

余ってたらコレ試してみて! ニベアの意外な使い方

過去記事「手持ちコスメに混ぜてなお良し!“ニベア青缶”コスパ最強使用法3つ」では、美容ライターがハマっているニベアクリームの使い方を紹介しています。

ニベア+リキッドファンデーション(BBクリーム)

普段使っているリキッドファンデーション、またはBBクリームにニベアクリームを混ぜてみてください。保湿効果で乾燥が抑えられるうえに、ファンデーションの使用量が減ってコスパも抜群。

筆者は、リキッドファンデーション7:ニベアクリーム3の割合で使用しています。

ニベア+アイシャドウ

パウダーアイシャドウのノリが悪い日ってありますよね。目元の小じわに入り込んだり、カサカサと粉が浮いたり……。そんな日は、アイシャドウを少量削り取り、ニベアクリームと混ぜてクリームアイシャドウを作ってみては。肌にしっとりとなじみ、艶もプラスされます。

チークも同様の手順でクリームチークにすることができるので、試してみてください。

 

ポイントメイク落としにも!

過去記事「余ってる“ニベアとヴァセリン”が…まだまだ活躍するキレイ技5つ!」によると、一度開封したクリームは酸化して雑菌がついてしまうので、半年以内には使いきるべきだそう。そこで、余ってしまったニベアは、ポイントメイク落としに使ってしまいましょう!

適量をコットンにとり、やさしくクレンジングしたい箇所にオンして数分放置。ポイントメイクがニベアになじんだら、優しくふき取りましょう。

マスカラの場合は、コットンでまつげをはさんでそっとオフ。残りのメイクは、通常通りにクレンジングを行って。

 

プチプラなのに優秀なニベア。使い倒して、冬でもカサカサ知らずの肌をめざしましょう!

 

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事