肌質別スキンケア
2011.1.13

ほてり・肌の赤みの対処法→小鼻や小鼻のワキが赤い

皮脂の出やすい肌の人にはオイルフリーの化粧水や保湿液がオススメ。オルビスの「アクアフォースローション」と「アクアフォースモイスチャー」は100%オイルフリーです。<BR>※2011年3月1日発売予定。

【Q29】小鼻や小鼻のワキが赤いのが気になります。改善する方法はありますか?

【A29】
肌が赤くなり、熱を感じるほてり。そして頬や鼻のワキなどがもやっと赤く見える肌の赤み。いずれもタイプが複数あるので、自分の状態を見極めて、適切なケアをするようにして。共通なのは、肌が刺激に弱い状況にあるということ。肌に過度の刺激を与えるスクラブやゴマージュ、過度のマッサージは、赤みが残っているうちは避けたほうが無難です。

「ほてっている」「赤ら顔」「小鼻や小鼻のワキが赤い」、あなたの肌はどんな状態ですか?

●小鼻や小鼻のワキが赤い
小鼻のワキが常に赤いのは、部分的に脂漏性皮膚炎を起こしていることが原因です。自分の皮脂が酸化し、その刺激で炎症が起き、赤みとなっているのです。

皮脂はあぶら取り紙などで取り去り、オイルフリーの化粧水や美容液で保湿をマメにするよう心がけて。小鼻の部分は毛穴も気になると思いますが、スクラブやピーリング、はがすタイプのパックは、赤くなっている部分は避けたほうがいいでしょう。

夕方に化粧直しをするときは、可能であればティッシュタイプのクレンジングで、ベースメークを古い皮脂ごとすっきりと落として、やり直すといいでしょう。食生活では、皮脂分泌を増やす油もの、糖分、刺激物はなるべく控えるようにしたいものです。

もしもファンデーションやコンシーラーで消えないほど赤みが強い場合は、皮膚科のクリニックに相談して。治療薬を処方していただけます。

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事