洗顔・クレンジング
2020.3.7

『美的GRAND』2020 春号の付録は「オルビス オフクリーム」3回分!クレンジングが楽しみな時間へと変わるクリームの魅力とは?【美的GRAND】

オルビスがこの春提案するのが、肌と心をほぐすクレンジング。「オルビス オフクリーム」は、クレンジングがただの作業から楽しみな時間へと変わる、魅力がいっぱい詰まったクリームです。3月12日発売の『美的GRAND』2020 春号には、特別付録として「オフクリーム」3回分がついています!肌も心もほぐされるような使いごこちを体感してみて。

肌も心も“オフモード”に切り替えるクレンジングクリームが誕生

200122bitekig0509
オルビス オフクリーム 100g ¥2,300

潤いを守り、汚れだけを落としてみずみずしく洗う肌と同時に心までほぐし※1、オフモードに切り替える、新感覚のクレンジングクリーム。メイク汚れだけになじみ、肌の潤いのもとである細胞間脂質にはなじみにくい「セレクトクレンジング成分※2」を採用。さらに、ヒアルロン酸Naや潤いが逃げにくいネットで肌を守る「セラミドネットワーク成分※3」を配合し、みずみずしい洗い上がり。

※1 こわばった肌に潤いを与え、柔らかくすること、そのここちよさを感じること
※2 洗浄成分(シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン)
※3 保湿成分(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー
※4 保湿成分(ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花水)

【肌をほぐす】汚れだけを見極めてオフ

肌の潤いを保つ細胞間脂質は、洗浄成分によって洗い流されがち。「オフクリーム」には、細胞間脂質になじみにくくメイク汚れになじむ「セレクトクレンジング成分」を使用。

【肌をほぐす】潤い環境を整える

潤いを抱え込むヒアルロン酸Naに加え、潤いが逃げ出しにくいネットで肌を守る「セラミドネットワーク成分」を配合。洗い上がりの肌は、みずみずしくなめらかです。

【心をほぐす】秒速5cmで心をほぐす

大切なものを扱うように、「オフクリーム」を顔全体に優しくなじませることを意識すると、自然と秒速5cmの動きに。ここちよく、心がホッと解放されるのを感じられます。

【心をほぐす】シンプル&モダンなデザイン

どんなインテリアとも相性の良い、シンプルモダンなデザイン。蓋の上の有機的なくぼみは、くつろいだムードを演出してくれます。マットな手触りもここちいい。

 

クレンジングが楽しみなひとときに

200122bitekig0646

1日外で頑張ってきたのだから、家に帰ったら頑張りたくないな…というのは、ごく当たり前の心理。それなのにどうして、キレイになることは“頑張ること”と捉えられがちなのでしょうか?夜は自分のスイッチをオンからオフに切り替え、リラックスして過ごすことで、自分らしい美しさを解放させることができます。
その手助けをすべく、オルビスがこの春提案するのが、肌と心をほぐすクレンジング「オルビスオフクリーム」。まるでオブジェのような容器に入っているのは、柔らかくみずみずしいクレンジングクリーム。人が本能的にここちよさを感じる、大切なものをなでるような“秒速5cm”の動きへと、自然に導きます。厚みのあるクリームが体温やメイクに反応してとろけていくのをここちよく感じながら、メイクが落ちるにつれ、心も自然とオフモードへ。
そして「オフクリーム」は、肌の柔らかな洗い上がりにもこだわっています。汚れはきちんと落としながら、肌に必要な潤いは残すべく、肌の細胞間脂質になじみにくい「セレクトクレンジング成分」を採用。すすいだ後に潤いをキープするネットが残る処方、さらにブレンドハーブ成分※4も配合し、肌の潤い環境を整えます。
クレンジングがただの作業から楽しみな時間へと変わる、魅力がいっぱい詰まったクリームです。

「オフクリーム」3回分が『美的GRAND』 2020春号の付録に!

%e7%be%8e%e7%9a%84grand%e6%98%a5%e5%8f%b7%e4%bb%98%e9%8c%b2-1
メイクを落として潤い環境を整える「オフクリーム」の、肌も心もほぐされるような使いごこちを今すぐ体験! 本誌に3回分の付録がついています。付録のパッケージに詳しい使用方法の解説も載っているので、今晩からぜひ試して。

 

 

『美的GRAND』2020春号は3月12日(木)発売!
%e7%be%8e%e7%9a%84grand%e6%98%a5%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99-1
予約&購入はこちら

『美的GRAND』2020 春号掲載
撮影/吉田健一(No.2) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/角田かおる モデル/高杉さと美 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事