シーン別メイク
2017.9.17

トレンドカラーの赤茶リップを主張して、こなれた女っぽさを演出

201710gnoudojimi4-1
男心を掴むフックとなるのは唇。夜デートは暗めのお店になりがちだからこそ、地味顔さんは控えめな目元よりも唇を主張して女っぽさのアピールを。朝は薄塗りで使ったリップを、ここではしっかりベタ塗りし色を強調して。とはいえ目元もシャドウを幅広く塗り、目力強化を図るとなお良し。

メイク方法

201710gnoudojimi4-3
唇は、リップの先端を使い輪郭をとった後、唇全体をしっかり埋める。はみださないよう丁寧に塗って。

201710gnoudojimi4-2
目元は、Bの★をチップでアイホールよりも広めに塗る。涙袋にも★を塗り上下で囲むと、デカ目効果あり。

使用アイテム

201710gnoudojimi4-4
A.赤茶リップをしっかり塗ると淑女な唇に仕上がる。保湿力が高くクリーミーだから、ふっくら柔らかな質感に。
資生堂インターナショナル 資生堂 ルージュ ルージュ RD620 ¥3,600

B.オレンジブラウンを重ね塗りすることで濃度とツヤ感が増し、暗い場所でも映える目元に。
カネボウ化粧品 ケイト ブラウンシェードアイズN BR5 ¥1,200( 編集部調べ)

こちらのアイテムもおすすめ!

201710gnoudojimi4-5
左/セルヴォーク ヴォランタリー アイパレット 04 ¥6,200(限定発売中)

右/ややブラウン強め。
資生堂 マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ OR303 ¥2,800(編集部調べ)

201710gnoudojimi4-6
左/なめらかで色ムラ補整も。
イプサ リップスティック M01 ¥3,200

右/程よいツヤ感の濃密発色。
ポール & ジョー リップスティックN 306 ¥3,000(ケース込み)

『美的』10月号掲載
撮影/菊池泰久(vale.) ヘア&メーク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/柳 理央 モデル/千国めぐみ、土屋巴瑞季 デザイン/Jupe design 構成/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事