シーン別メイク
2017.8.30

2年連続本誌なりたい顔No.1の石原さとみさんがお手本!秋の新色メイクに挑戦!

本誌のなりたい顔2年連続No.1・石原さとみさん!そんな石原さんが支持される理由は、“ただかわいいだけじゃない”から。顔だちやメークを分析するとさりげなく見え隠れする色気。甘セクシーなムードが今の時代にマッチ♪
今回は、石原さとみさんをお手本に、秋新色メークにトライ!

 

色っぽかわいい 石原さとみ顔になりたいなら・・・メークの〝似せポイント〟はこれ

♡コンパクトだけど厚みのあるぽってり唇

♡黒目がちのうるうる目

♡ハッピーオーラのあるふっくら頰

プラムチークとグラデリップを投入してじんわり深み出し。色っぽかわいいをさらに極める

170605-0166

秋の1大トレンド、深みと奥行きがある色を頰と口元に取り入れれば、もち味の色っぽさはさらに加速。ただ濃いめに入れるだけだと幼くなりがちなチークも、渋色プラムならグッと大人です。さらに濃淡をつけたグラデリップで唇のぷっくり感と血色感を強調してあげれば、顔全体が自然と紅潮したように。石原さん風の色っぽ&かわいさが漂います。

 

Eye
〝目元はシャドウ×マスカラで黒目を強調〟
170605-0238
ブラウンシャドウで軽くグラデを作ったら、黒マスカラをたっぷりと。

p52%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a6%e3%80%81%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9
右/カネボウ化粧品 カネボウ ボリュームフレーミングマスカラ 01 ¥3,800 (9月8日発売)
左/資生堂 マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズRD606 ¥2,800

 

Lip
〝グラデリップは濃淡を意識して丁寧に縦割り塗り〟
170605-0263
リップはグラデを生かすように、筆を使って縦割り塗り。濃い色をいちばん内側に、中間の色をその上に、薄いブルーを最後輪郭に向かってオン。仕上げに上下の唇を合わせてなじませて。

img_0069 計算された3色の濃淡による視覚効果で唇を肉厚に見せる。メイベリン リップ フラッシュ ビッテン ストロボ PK01 ¥1,400

 

Cheek
〝プラムチークは高めに入れてほてったような頰に〟
170605-0256
チークは高めの位置を意識しつつ、立体感を出さないように横長にオン。視線が集まる目元近く、高めの位置に入れるとより赤みを強く感じさせる効果が。
img_0082 一見チークとは思えないくすんだプラム色。シックな色は逆に肌になじみやすい。NARSブラッシュ 4067 ¥3,400

 

『美的』9月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メーク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/柳 理央 モデル/有村実樹(本誌専属)、岡本あずさ、上西星来、千国めぐみ デザイン/Jupe design 構成/上村ゆう子、杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事