メイクHOW TO
2020.11.19

メイクブラシやスポンジの洗い方・正しいお手入れ方法とおすすめアイテムをご紹介

\"\"

直接肌に触れるメイクブラシやスポンジ、実は雑菌だらけだった!って知っていましたか?今回は、識者に学ぶメイクブラシやスポンジの洗い方やおすすめアイテムを紹介します。これを読んだらブラシやスポンジを洗わずにはいられなくなるはず!!

メイクブラシやスポンジを洗う理由と頻度は?

医師

友利新先生

内科医・皮膚科医としてクリニックに勤務しながら、美容や健康の知識をメディアで発信。『やめる美容』(光文社)など著書多数。YouTubeチャンネルも開設し、活動の場を広げている。
関連記事をcheck ▶︎

ヘア&メイク アップアーティスト

藤原リカさん

Three PEACE所属。アトピー性皮膚炎を克服した経験を生かし、メイクだけでなくスキンケアに関しても造形が深い。化粧品などの監修のほか、美容ライターとしても活躍中。

洗う理由

雑菌だらけかも⁉

長らく洗わず使い続けたスポンジは雑菌がこんなに! 細菌もカビも検出! 食中毒の原因菌も!?
斑点状に写っているものが菌。使用済みのスポンジ1個から、一般細菌は630個(コロニーを形成する菌の数)、カビ類の真菌は57個検出。黄みがかっているものは、食中毒の原因菌としても有名な黄色ブドウ球菌。

試験検査/東京理化学 テクニカルセンター

資料提供/オルビス『連続使用したパフにつく菌の推移〈研究所調べ〉』 ※洗浄後の数値は、オルビス『パフクリーナー』で洗浄したときのものです。

Q.スポンジやブラシを洗う頻度は?(複数回答あり)
着色やにおいなど、汚れを実感してから洗う人が多い一方、菌の繁殖などは目に見えにくいせいか、気分で決めているという人も。

Q.スポンジやブラシを洗う頻度は?

 

初出:メイクツール、しっかりケアしてる? 放っておくと雑菌が…正しいケアの頻度や方法をプロが解説!

記事を読む

1回の撮影で複数の人にメイクすることもある藤原リカさんは、30~40本ものブラシを使い回すそう。
「リキッドファンデなど油分の多いアイテムはもちろん、パウダー状のものも夏は皮脂と混ざって落ちにくく、洗わないとブラシの毛の間に入り込みます。不衛生なだけでなく、粉含みが悪くなり、肌にキレイにのりません。また、洗いすぎてボロボロになったスポンジなども、同様にメイクのノリを悪化させます。肌の調子が悪い、メイクがのらないという人は、一度メイクツールのケアを見直しましょう」(藤原さん)

皮膚科医の友利新先生は、治療に訪れた患者さんがメイクをして帰る際、汚れたスポンジを使っているのを見て驚くことも少なくないそう。
「肌には良い菌も悪い菌も含めて常在菌が存在し、バランスを保っています。悪い菌をゼロにすることは不可能なので、増殖させないことが大切ですが、悪い菌が増殖してバランスがくずれたときに、ニキビなどの吹き出物やかゆみ、乾燥など肌トラブルとなって現れます。放置すると肌のバリア機能も衰え、シミやシワにもつながります。菌は皮脂などの汚れをエサに増殖するので、清潔なメイクツールを使うことはマスト! 他人と共用しなければすべてを毎回洗う必要はありませんが、肌に触れる面積の広いものはこまめに洗うよう気をつけましょう」(友利先生)

「石けんで洗い流せば多くの菌やウイルスは取り除けます。メイクツールも“洗浄”がとにかく大切。一方、汚れが落ちにくい、質感が変わったと感じたら、潔く買い替える勇気も必要です。また、手が汚れていたら全く意味がないので、ツールに触れる前の手洗いも忘れないでくださいね」(友利先生)

洗う頻度は?

毎日
「ファンデーションは肌に接する面積が広く、皮脂にも触れやすいので、毎日洗うのが理想。洗っても翌朝乾いているとは限らないので、何個か替えを用意して使い回すのがオススメです」(友利先生)

 

初出:スポンジやブラシを洗うのに適さないアイテムは? 洗う頻度は?【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

ヘア&メークアップアーティスト

AYAさん

本誌をはじめ多くのビューティ誌や女性誌で活躍中。初のメーク本『AYA MAKE』(宝島社)が好評! LA DONNA所属。
関連記事をcheck ▶︎

使った後すぐに汚れを取れば長もちします。ファンデーションは油分が多いので、できれば使う度に中性洗剤で洗うように心掛けましょう。面倒な人には、ティッシュに含ませて拭き取るだけの手軽なスプレークリーナーもおすすめ。

 

初出:ブラシクリーナーはどうして必要?メイク道具は清潔に保とう

記事を読む

メイクブラシやスポンジの洗い方や乾かし方4つ

【1】メイクの色を変えたい!サクッと色を落とすには

医師

友利新先生

内科医・皮膚科医としてクリニックに勤務しながら、美容や健康の知識をメディアで発信。『やめる美容』(光文社)など著書多数。YouTubeチャンネルも開設し、活動の場を広げている。
関連記事をcheck ▶︎

イプサ マーケティング部 広報担当

土井麻利江さん


Q.メイクの色を変えたいけれど、洗うと時間がない!清潔をキープ しながら色を落とすには?
A. スプレータイプの専用クリーナーで洗う。

「スプレータイプのクリーナーを使えば、水なしでブラシを洗え、毎日のお手入れにも重宝。ティッシュペーパーに3~4プッシュし、表面をなでるようにブラシで数回円を描き、着色がなくなるまで繰り返します。すぐ乾くので、メイクのカラーチェンジもラク」(イプサ・土井さん)

「除菌スプレーやアルコールで菌に効果はあっても、汚れは落ちません」(友利先生)

 

初出:【メイク道具ケアクイズ】メイクの色を変えたい! ブラシの清潔さをキープしつつ、色を落とすには?

記事を読む

【2】メイクブラシの毛質をキープする正しい洗い方

専用のクリーナーで洗いましょう

「天然毛は繊細なので、洗浄を繰り返すと毛が抜けたり、ツヤがなくなったりと劣化が進みます。ブラシ専用クリーナーは、毛質を保護するので安心。洗浄液の中に毛を浸し、水ですすぎます」(藤原さん)

「シャンプーは髪用の保湿剤なども配合されており、すすぎ残しで肌トラブルの可能性も。クレンジングオイルは毛を傷める上、油分が残ってかえって不衛生です」(資生堂 メディア戦略部 戦略PRグループ 山口夏苗さん)

 

初出:メイクブラシの毛質をキープする正しい洗い方は?【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

【3】35℃程度のぬるま湯で洗う

「冷たい水では皮脂汚れなどが落としにくいですが、熱いお湯にも問題が。スポンジやブラシは熱に弱く、劣化を早めるので、30~35℃ぐらいのぬるま湯で洗いましょう」(資生堂 メディア戦略部 戦略PRグループ 山口夏苗さん)

 

初出:メイクスポンジ早く乾かすコツは? 正しい乾かし方は?<全4問>【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

【4】毛先を下に向けてぶら下げる

「ブラシは毛と柄の接地部分が乾きにくく、カビの原因に。ここに水がたまらぬよう、毛先を下にして干します。タオルに置いたまま乾かすのは、雑菌が繁殖するので禁物!」(藤原さん)

(1)ブラシをすすいだら、筆先をタオルで軽くひと握りして水分を吸い取る。

(2)手の甲などで筆先を軽く払って空気を入れる。

(3)筆先を下にしてつるし、風通しの良い場所で乾かす。

 

初出:ブラシの毛束の根本を乾かすには? 便利アイテムもご紹介【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

ブラシクリーナーなどおすすめアイテム8選

イプサ ブラシクリーナー

スプレーして拭き取るだけで汚れを落とす。ベタつきが残らず速乾性があるので、すぐ使える。

価格容量
¥1,500 50ml

クリニーク メークアップ ブラシ クレンザ ー

ティッシュオフの簡単ケアから、水洗いのしっかりケアまで、濃度で使い分け。

価格容量
¥2,000 236ml

THE TOOL LAB ブラシクレンジングシート

筆先を拭って着色や汚れをオフできる韓国発のシート。

価格容量
¥1,200 20枚

初出:【メイク道具ケアクイズ】メイクの色を変えたい! ブラシの清潔さをキープしつつ、色を落とすには?

記事を読む

博雲堂筆舗 専用カップ付き熊野筆リセッター

熊野筆メーカーが開発。イオンの力で摩擦なく洗浄するので、洗い上がりふんわり。

価格容量
¥3,390 500ml

TAUHAUS ブラシクリーナー

天然由来のアミノ酸系界面活性剤を配合し、毛にも人肌にも優しい。繊細な熊野筆も長もち。

価格容量
¥1,500 200ml

ボビイ ブラウン コンディショニング ブラシクレンザー

濡らした筆先にクレンザーをなじませて水洗いすれば、毛のハリもキープ。

価格容量
¥2,400 100ml

Seria ブラシクリーナースタンド

ブラシを洗うときに便利な容器。取り外しできる底板の突起で筆先をこすれば、汚れ落ちも◎。ブラシ立てにも。

価格
¥100

初出:メイクブラシの毛質をキープする正しい洗い方は?【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

SIXPLUS マグネットメイクブラシ立て

マグネットつきのキャップをブラシの柄に取りつけ、干しながら収納できる。

価格
¥3,090

初出:ブラシの毛束の根本を乾かすには? 便利アイテムもご紹介【メイク道具ケアクイズ】

記事を読む

※価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事