メイクHOW TO
2020.4.2

厚塗り、肌の赤み、目が小さい、ギャルっぽい…顔のお悩みはワンポイントメイクで解決できる! H&Mの猪狩友介さんが動画で解説

ファンデーションの厚塗り、肌の赤み、目が小さい、ギャルっぽいメイクになる…読者のリアルな悩みを、ヘア&メイクアップアーティストの猪狩友介さんが分かりやすく解決する動画4本です。ワンポイントのテクニックでこんなに変わるなんて! とっても簡単なメイク方法ばかりなので、同じ悩みをもつあなたは、ぜひ自分の顔でも試してみて!

さらに、「美的.com」では読者の様々な悩みを解決するコンプレックスメイク動画を公開中です。あなたと同じ悩みを解決してくれる動画を探してみて!

肌も目元もナチュラルに見せたいなら、コンシーラーやビューラーなどの仕込みが大事!

 

【case.9/カラーメイクするとギャルっぽくなる編】

◆悩み:目元に色をのせると、どうしてもギャルっぽく見えてしまいます。

◆解決法:アイシャドウではなく、さりげなく仕上がるカラーマスカラをチョイス!

◆POINT:マスカラを塗るときは、根元からたっぷりと軽くゆすりながら塗布して。下まつげにも塗ることでさりげなくカラーが映える目元に仕上がります。

 

【case.10/ファンデーション厚塗り編】

◆悩み:肌悩みを隠そうと、どうしてもファンデーションが厚塗りになってしまいます。今どきの素肌感のあるベースメイクのつけ方を知りたいです。

◆解決法:ファンデーションではなく、隠したい部分はコンシーラーでカバーすればナチュラルに仕上がる!

◆POINT:コンシーラーはファンデーションより暗めの色をチョイスすれば色浮きの心配もなし!よく動く部分には、密着してヨレにくい硬めのタイプがおすすめ。

 

【case.11/目が小さい<正しいビューラーの使い方>編】

◆悩み:目を大きく見せたいけれど、濃いメイクはしたくない…。

◆解決法:ナチュラルに目元を盛るなら、アイメイクよりもまつげのカールが大切!

◆POINT:まつげを根元から上げるために、まぶたを指で軽く押してからビューラーをあてることが重要!その後に塗るマスカラ下地、マスカラも根元から塗ることで、ナチュラルでありながら目元にインパクトが出ます。

 

【case.12/肌の赤み<練り状コンシーラー>】

◆悩み:肌の赤みを隠したいが、ファンデーションの厚塗りもしたくない。ナチュラルに赤みを隠す方法はありますか?

◆解決法:肌の赤みをカバーするならワントーン暗めの練り状コンシーラーを選んで!

◆POINT:赤みのスポットにコンシーラーをのせたら、のせた指とは別の指でなじませること。最後のフェースパウダーで定着させるので、ファンデーションよりワントーン暗めのコンシーラーを選ぶのがベスト◎

その他のメイク動画はこちらから!

このお悩みを解消してくれたのは…

ヘアメイクアップアーティスト 猪狩友介

6f1eab63b5dd5de7cc7c04a5fa824116

確かな技術をもち、カジュアルからコンサバまで幅広いテイストに対応。完成度の高さから、女優やタレントからの指名多数。ThreePEACE所属。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事