メイクHOW TO
2020.2.21

一重さんも脱・つけまつげ! ビューラー&クリニークのマスカラで目力5割増し!

「一重のため、つけまつげが手放せない…けどつけまを卒業したい」という美的クラブの市川恵美さん(建設・30歳)。そんなお悩みを解決するビューラー&マスカラのテクニックを、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんに教えてもらいました。

Q.一重のため、毎日どんなときでもつけまつげをしています。本当は、そろそろつけまを卒業したいな

A.ビューラーで丁寧に、マスカラでしっかりまつげを上げて(広瀬さん)

 

使用アイテム

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%8c%e3%82%ad034
日本人の目のために設計されたブラシで、下まつげや目頭&目尻の短い毛もキャッチ。汗・皮脂に強く一日中にじまない処方。
クリニーク ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ 01 ¥3,500

>>商品詳細はこちら

 

メイク方法

19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0754
(1)部分用ビューラーで扇状にカールUP
最初にまつげをしっかりと上げておく。
「部分用で、左右と中央、それぞれの方向に上げておくと目が見違える程パッチリします」(広瀬さん)

 

19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0775
(2)サイドの短い毛もしっかりと上げる
マスカラをまつげ全体に塗ってから、さらに放射線状に重ね塗りします。
「仕上げに両サイドの短い毛をしっかりと上げればよりインパクト大」(広瀬さん)

 

BEFORE
19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0426

AFTER
19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0731
放射線状に伸びたまつげで、目力は5割増し
目尻のつけまも素敵でしたが、根元からしっかり上がった扇状まつげだって目力抜群。「つけまの接着剤だと思っていたマスカラ。その威力を再認識しました」と市川さん。

19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0734
「10年ぶりにつけまを取りました。これで思いっきり泣けます~(笑)」(市川さん)

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん
誰でも簡単にキレイになれる技を教えてくれると定評あり。大物女優から美容家まで多くのファンをもつ。今回はアイメイク部門担当。

 

『美的』2020年2月号掲載
撮影/横山翔平・ 塩谷哲平(t.cube/人物)、広瀬美佳(静物) ヘア&メイク/広瀬あつこ 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事