メイクHOW TO
2019.1.10

DAZZSHOPの最旬オレンジリップで春メイクを先取り!

明日発売の「DAZZSHOP ルージュザフュージョニスト」。中でも注目は、昨年から大人気のオレンジカラー! 最旬のリップメイクや春のリップニュースをヘア&メイクアップアーティストの林由香里さんに伺いました。

アンティーク感のある優しげな『みかんオレンジ』とふんわり、もとからその色だったような『素染めづけ』

p43-1
昨年からもはや定番化しているオレンジ、この春はこんなちょっと渋めのコッパーオレンジをチョイス。ただし、冬に多かったマット質感でつけるのではなく、シアーな質感のリップを素染めづけして、抜けるように軽やかにまとうのが鮮度アップのカギ。落ち着いた大人っぽさとヘルシー感があいまって、洗練された、存在ごと透明感がある女性に見せてくれます。

p43-2
唇がふわっとトーンアップしたような仕上がり♪

p43-3
シアーなパールが繊細に輝くコッパーオレンジ
DAZZSHOP ルージュザフュージョニスト 17 ¥3,000(2019年1月11日発売)

春のリップニュース

柔らかさとくすみ感を両立 「みかんオレンジ」

オレンジ人気も引き続き。
「鮮やかな色から淡めまでカラバリは豊富。中でも果物のみかんの皮みたいな柔らかなくすみオレンジは私もつけたいカラー」(林さん)
p39-2
(上から)
ディオール アディクト リップマキシマイザー 004 ¥3,600(2019年1月11日発売)

パルファム ジバンシイ ルージュ・パーフェクト 05 ¥5,000(限定発売)

シュウ ウエムラ ルージュアンリミテッド シュプリーム マット M OR 580 ¥3,200

 

唇がもとからその色かのように見える、ナチュラル仕上げ 「素染めづけ」

\仕上がりはピタッとヌードな唇/
p39-7
「つけたカラーの色感は残したいけれど表面に残っている余分な艶や色は取りたいときに、直接指で押さえるテク。抜け感が出て唇自体がその色に染まったように」

p39-9
(1)唇につけたいカラーのリップスティックやグロスをじか塗り。
後で取り除くのであまりたっぷり塗りすぎないのがコツ。

p39-8
(2)何もついていない指先で唇を押さえて、表面に残った艶や色を取ってなじませる。
ティッシュでもチップでもなく指だからこの質感に。

 

教えてくれたのは…
p38-1
ヘア&メイクアップアーティスト 林 由香里
「明るい春らしい色に加え、ブラウンやオレンジ、パープルなど意外と秋冬を引きずったくすみ色も多いのがこの春の特徴。でも、圧倒的に軽いのが質感!透け感が高い、マットでもやや艶がある…質感で春を表現する印象です。さらに、ここで使ったふたつのテクニックは私が最近撮影でよく使うもの。色選びとテクの掛け合わせで春のおしゃれ唇に変身してください」

 

『美的』2月号掲載
撮影/黄瀬麻以(人物・静物)、金野圭介(切り抜き) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/小川未久 モデル/愛甲千笑美、新野尾七奈 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事