健康・ヘルスケア
2021.10.19

昼寝してもボーッとする。正しいタイミングや時間はいつ?|『美的』クラブの睡眠お悩み相談室

\"\"

「気分転換のために、昼寝をしても余計にぼーっとする」「起きれなくなる」そんな経験はありませんか? 理想的な時間やタイミングを睡眠のプロに教えてもらいました。

リモートワークになり、脳のリフレッシュに昼寝が良いと聞き実践。なかなか起きられず、ボーッとするのはなぜ?
(35歳・システムエンジニア)

A.昼寝は15時まで&20分が目安

仕事で優位になっている交感神経を1度リセットできる昼寝は、午後の効率をアップさせてくれるメリットがあります。この効果を発揮するためには、昼寝の時間がキー。目安は昼食後20分程度。30分以上とってしまうと深い睡眠に入ってしまうので、目が覚めた後でも眠気が残ってしまいます。また15時以降にとると夜の睡眠にも影響するので、ふたつの時間を守りましょう(東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身先生)

%e3%81%93
デスクで昼寝する際に便利な、ウサギのフォルムをしたかわいい昼寝用枕。顔枕にも背もたれにもなる。
西川おひるねピローうさぎ ¥3,080

 

東京疲労・睡眠クリニック院長

梶本修身先生

疲労と睡眠のエキスパート
大阪大学医学博士。理化学研究所生命機能科学センターで疲労と睡眠の研究を行う。

 

『美的』2021年10月号掲載
構成/むらなかさちこ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事