健康・ヘルスケア
2018.8.7

腸内環境を整えて睡眠の質をUP! アロマに甘酒…注目の快眠アイテムもご紹介

ホリスティック美容家の岸 紅子さんは、寝るための環境や寝具にどのようなこだわりを持っているのでしょうか? 詳しくお話を伺いました!

温活・腸活・菌活で腸内環境が整えば、睡眠の質もUP!

「充分な睡眠はどんな美容液よりも美肌効果が高い。そう身をもって感じているので、遅くても0時台には寝ようと決めています。夜にやり残したことがあれば、翌朝に回すといった割り切りも大事。実際、その方が効率が良く、出来栄えもいいです。睡眠の質を上げるためのキーワードは、温活・腸活・菌活。腸内環境が整うと、体内の巡りが良くなって、熟睡できるようです。睡眠中のデトックス効果も高まるからか、朝の目覚めが良くなりました」

眠れる環境作り

「眠るときは、視覚と聴覚が“無”の状態。寝室は真っ暗で、スマホやPCを枕元に置かないようにしています。カチカチ音のするアナログ時計も使いません。眠りを深める良い香りと、心地のいいナイトウエア、寝具に包まれてぐっすり!」

【香り】アロマ浄化スプレーを空間にまいて瞑想
p209-2-6
「このスプレーを寝室にまいて目を閉じ、呼吸にフォーカス。心が落ち着いて、香りを甘く感じてきたら瞑想終了」
日本ホリスティックビューティ協会 purify myself 8ml ¥900

【温感】腹巻きつきナイトウエアが眠りをサポート
p209-2
「柔らかいガーゼニット素材のナイトウエアは体を締めつけず快適。腹巻きつきなのでおなかを冷やさず、安眠できます」
ガーゼニット腹巻パンツ ¥12,000(nanadecor)

眠れる体作り

「腸と脳は神経細胞でつながりが強く、腸内環境を整えれば睡眠の質もUPするとか。そのため普段から発酵食品をとって腸活・菌活しています。また、1日5,000歩以上は歩く、区内の移動は自転車にするなど、プチ運動も続けています」

【食】麹のパワーをチャージして、健やかな腸&眠れる体に!
「生麹を取り寄せて作った“手前みそ”を具だくさんのみそ汁にして毎日飲んでいます。甘酒はおやつ代わりに!」

re%e7%94%98%e9%85%92%ef%bc%bf%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3
ビーバイ・イー ベジキッチン すっきり甘酒 プレーン 150g ¥300

p209-1
マルカワみそ 自然栽培玄米麹 500g ¥800(写真は出来上がりイメージ)

【巡り】デリケートゾーンのオイルケアでホルモン調整
「デリケートゾーンを保湿&マッサージすることで女性ホルモンはもとより、セロトニンやオキシトシンなど安眠をサポートするホルモンの分泌も促します」
ref_036_%e8%bb%bd
サンルイ・インターナッショナル インティメール バーシングオイル 30ml ¥10,000

この夏、注目している快眠サポートアイテム

「暑い夏は水枕や塩枕で頭を適度に冷やすと、脳がリラックスしてよく眠れます」
p209-1-7
湯たんぽに水を入れて水枕に。
fashy ハイブリッド 湯たんぽ ¥2,800(三信商会)

p209-3
ピンク岩塩とフランキンセンスの香りで脳をしっかり休息させる。
ハーモニティブレンレスト ¥7,000(コスメキッチン)

 

教えてくれたのは…
p209-2-1
ホリスティック美容家 岸 紅子さん
不摂生、睡眠不足の20代より40代の今の方が快調。心身姿共にヘルシーになれるホリスティックライフの普及・啓発を全国で行っている。
【Beniko’s Data】
就寝タイム→00:00
起床タイム→6:50
睡眠時間→6~7時間

 

『美的』8月号掲載
イラスト/Nobby 構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事